1. MICKS HOME  >  エボラウィルス疾患(EVD)のための個人防護具(PPE)の手順書

ebora_PPE_info_title

エボラウィルス疾患の感染経路は「接触感染」と今のところ定義されていますが、その強い感染力と高い致死率を考えれば、最高レベルの防護が必要とされます。
また、手技によっては飛沫やエアロゾルが発生する可能性もあることから、「空気感染」対策に準ずる呼吸器防護も必要となります。

http://ozpa-h4.com/2013/09/09/th-makerx/




ebora_care_title

ebora_papr




ebora_care_titlen95

ebora_papr




ebora_care_titlen95

  • ■エボラウイルス疾患に対応する医療従事者はこの手順書に従って個人防護具PPEの装着・脱衣のトレーニン
       グを事前に必ず受けて下さい。
  • ■個人防護具PPEの装着・脱衣は必ず一人で行わず、十分なトレーニングを受けたオブザーバーが立ち会いの
       元、実施して下さい。
  • ■オブザーバーは正しく装着・脱衣されたかどうかをこの手順書をチェックリストとして用いて毎回項目ごと
       に点検し、手順を確実に遵守して下さい。
  • ■オブザーバーは処置を実施した医療従事者が脱衣をする前に、全身を注意深く観察し、目視で確認できる汚
       染物の付着やPPEの破れや損傷等を点検して下さい。必要に応じて除菌ワイプ(非エンベロープウイルス対
       応)で汚染除去して下さい。
  • ■オブザーバーは患者の個室に同時に入らないこと。部屋の外で待機し、防水パッドを準備して脱衣スペース
       を確保して下さい。オブザーバーもN95レスピレータ以外のPPEを装着する必要があります。



ebora_PPE_title

ebora_PPE_main

※注意※
上記の個人防護具の装着は、暑く息苦しいため、長時間(15分間以内を目安に)の装着は避けること。患者の状態により、よりリスクが高いと思われる場合や作業時間が長期になる場合は、PAPR(電動ファン付き呼吸器防護具)の着用に切り替えること。




ebora_PPE_title

ebora_PPE_main

参考文献:
Donning Biological PPE – Ebola Patients, Doffing Biological PPE – Ebola Patients, University of Nebraska Medical Center
Interim Guidance for Environmental Infection control in Hospital for Ebola Virus, CDC, October 3rd 2014
Guidance on Personal Protective Equipment To Be Used by Healthcare Workers During Management of Patients with Ebola virus Disease in U.S. Hospitals, Including Procedures
For Putting On(Donning) and Removing(Doffing), CDC, October 20th, 2014
Steps to remove Personal Protective Equipment (PPE), WHO, October 3rd 2014




エボラ対応の「PPEキット」および、「PPE着脱トレーニングプログラム」のご用意があります。お気軽にお問い合わせください。

エボラ対応PPEキット「エボラウィルス疾患(EVD)封じ込めPPEキット」はこちらより詳細をご覧ください。また、エボラウィルス疾患(EVD)封じ込めPPEキットをご購入いただきましたお客様には、無償にて「PPE着脱トレーニングプログラム」の実施を行っております。
PPE着脱トレーニングプログラムとは、弊社のスタッフがオブザーバーとなり個人防護具PPEの装着・脱衣のトレーニング実施致します。



株式会社モレーンコーポレーション

Phone:03-5338-3911    Fax:03-5338-3912
Email:info@moraine.co.jp




エボラウィルス疾患の情報に関しては下記を確認下さい。

厚生労働省

▶ 事務連絡「エボラ出血熱に関する対応について」患者が発生した場合の標準フロー

▶「エボラ出血熱について」Q&A他、通知情報他

▶「厚生労働省検疫所(FORTH)ホームページ」

▶「エボラ出血熱の国内発生を想定した医療機関における基本的な対応について(依頼)」

▶「保健所管轄区域案内」

▶「一類感染症の治療に関する専門家会議資料」



首相官邸

▶「エボラ出血熱への対応」



WHO

▶「エボラ:医療従事者のための防護措置について」



米国CDC

▶「病院におけるエボラウイルスに対する環境感染のための暫定ガイドライン(英文)」

▶「米国の病院におけるエボラ疾患患者に対応する場合の個人防護具PPEのガイドライン(PPEの着用、脱衣の手順を含む)(英文)」



欧州CDC

▶「個人防護具を安全に使用するための重要な側面(英文)」



英国DoH(保健省)

▶「エボラウイルス:英国政府の対応(英文)」

▶「エボラウィルス疾患の臨床管理とガイドライン(英文)」