1. MICKS HOME  > 
  2. ケース別院内感染対策指針  > 
  3. 歯科の院内感染対策  > 
  4. 基礎編  > 
  5. 4.歯科器材の汚染除去 洗浄の重要性

4.歯科器材の汚染除去 洗浄の重要性

確実な滅菌するには、事前に十分洗浄を行うことが必須条件となります

患者口腔内に使用する器具類は、患者ごとに洗浄・消毒、もしくは滅菌しなければならないと、CDCのガイドラインでも強く勧告されています。

また、確実を滅菌するには、事前に十分な洗浄を行うことが必須条件となります。洗浄が十分ではなく、有機物が付着したまま加熱滅菌をした場合、有機物深層部で病原性微生物が完全に不活性化されなかったり、有機物の残りが患者の体内で発熱物質となることもあり、トラブルの原因となります。

歯科で発生する汚染器材を安全にかつ確実に洗浄するには…。

Pico HSC-032

Pico HSC-032
  • 1次処理不要で血液等が付着したままセット可能。
  • 最終的に水温を80℃・10分間以上維持し(厚労省ガイドライン)、消毒薬は使用しない。MRSA、HBV、HCV、HIVにも対応。
  • 洗浄・熱処理の工程全てをモニタリングし、搭載するプリンタに記録を残すことが可能。確実に処理できた記録を保持し、再生処理の質を保証。
  • 膿盆や摂子など、一般鋼製小物器具の洗浄・消毒が可能。

院内感染対策に関するご相談承ります

ケース一覧

最新の記事をRSS購読