1. MICKS HOME  > 
  2. ケース別院内感染対策指針  > 
  3. 歯科の院内感染対策  > 
  4. 基礎編  > 
  5. 2.感染管理の大原則 スタンダード・プリコーション(標準予防策)

2.感染管理の大原則 スタンダード・プリコーション(標準予防策)

 院内感染対策を行う上で、病院、歯科医院または規模の大小に関わらず適用される大原則があります。1996年に米国のCDC(疾病予防管理センター)から提唱され、日本の厚生労働省監修ガイドラインでも勧告されているのが、下記の予防策の考え方です。

スタンダード・プリコーション(標準予防策)

感染経路別予防策

スタンダード・プリコーション:標準予防策

標準予防策は「患者の血液・体液や患者から分泌排泄される湿性物質(尿・痰・便・膿)、患者の創傷、粘膜に触れる場合は感染症の恐れがある」とみなして対応する方法で、これらの物質に触れた後は手洗いをし、あらかじめ触れる恐れのある時は、手袋エプロンマスクアイシールドなどを着用するというのがその基本です。この予防策は感染症の有無にかかわらず、すべての患者に適用されます。

簡単に言うと…

「感染症の有無にかかわらず」
血液・体液・分泌物・排泄物は全てキケン!

なぜ? 標準予防策が必要?

歯科医院では初診の患者さんにアンケート形式で感染症の有無(例えばB型C型肝炎等)を確認し、その結果に従って特別な対策を行う場合が多くみられます。しかしその方法で感染症の有無を判断することは非常に不確実であり、その点からも標準予防策が重要であると言えます。

外来患者全てに事前検査をすることは不可能

たとえ検査できたとしても…

ウインドウ・ピリオドの存在;
 実際に感染していても検査では陰性と出てしまう期間。
 HIV:約6~8週間、遅いものでは3ヶ月
 HBV:平均52日  HCV:平均82日

新興感染症(未知の病原体)の出現;
 vCJD(プリオン), SARS他
院内感染対策に関するご相談承ります

ケース一覧

最新の記事をRSS購読