1. MICKS HOME  > 
  2. ギャモン教授のコラム  > 
  3. ギャモン教授のレポート 著者プロフィール

ギャモン教授のレポート 著者プロフィール

ジョン・ギャモン教授 Dr.John Gammon

現在の役職および役割

ジョン・ギャモン教授は現在、スウォンジー大学のヒューマンヘルスサイエンス学部の副学部長であり、イノベーション、エンゲージメント、組織開発の主要分野における大学ビジネスの発展をリードする戦略的役割を果たしています。また、ギャモン教授はこれらの発展を支えるための人的及び物理的資源を評価するエグゼクティブチームの主要メンバーです。

ギャモン教授は感染制御とヘルスケア・マネジメントの研究に関する専門性を擁し、高等教育に多大な経験を有しています。彼の研究分野には、感染制御の実践、感染制御実践者の教育、患者隔離戦略及び臨床における行動遵守が含まれます。

経歴

ロンドンのウエストミンスター病院において看護経験を積む。資格取得後はスタッフナースとしてガン病棟を担当し、その後上級スタッフナース(看護長)としてHIV陽性およびエイズ感染病棟を担当。ウェールズに転任後、再度スタッフナースとして、外科及び整形外科病棟内の感染管理を担当。

臨床現場における担当ナースとして数年を経た後、BRIDGEND & DISTRICT NHS TRUST(英国南ウェールズ)において感染管理担当.上級看護士(総責任者)に任命される。

ここで3つの総合病院、2つの精神病院、そして2つの老人性精神病のための病院に加えて、管轄区内14のコミュニティヘルスクリニックの感染管理を7年間実践した後、2年前現在のポストに就任。

BRIDGEND & DISTRICT NHS TRUSTでの主な役割
  • 感染管理に関わる多様化した臨床上の問題等のマネージメント
  • 病院内及ぴ一般地域内の感染を防止するための対策
  • 全ての階層のスタッフに対する教育
  • 感染に対するサーベイテンス及びモニタジング

所属

  • 病院看護政策行動委員会の統括
  • 地域感染管理委員会
  • 地域職業健康、感染管理委員会
  • 病院感染管理リンクナース委員会
  • 全ウェールズインフエクシヨンコントロールナース協会理事
  • 全ウェールズエイズ委員会
  • 病院感染学会(HIS)

資格

  • 看護学士、サウスパンク大学 (ロンドン)卒、感染管理専攻
  • R.G.N.-ウエストミンスター病院(ロンドン)における看護トレーニング
  • 食品衛生上級免許 (Advanced Diploma in Food Hygiene)
  • ヘルスケア資格 (Diploma in Health Care )
  • 哲学修士(看護リサーチ)、ウェールズ大学卒
  • 博士号PhD. ウェールズ大学卒、研究テーマは「隔離による患者の心理学的影響および感染症患者に対するスタッフの対処法の開発に関わる研究」
最新の記事をRSS購読

ギャモン博士への文献に関するお問い合わせ

日本の文献には記載されていないIC実践における運用の問題点並びに疑問点をギャモン博士が英国での運用例をベースにお答えします。
ご質問のある方はご意見・ご要望フォームよりお問合せ下さい。

ご意見・ご要望フォームへ