JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

エタノール含有率を低下させた新規手指消毒剤の殺ウイルス作用:他のアルコール製剤との比較 

Virucidal activity of a new hand disinfectant with reduced ethanol content: comparison with other alcohol-based formulations

A. Kramer*, A.S. Galabov, S.A. Sattar, L. Döhner, A. Pivert, C. Payan, M.H. Wolff, A. Yilmaz, J. Steinmann
*Ernst Moritz Arndt University Greifswald, Germany

Journal of Hospital Infection (2006) 62, 98-106


エタノール含有量を低下させ(55%)、10%プロパン-1-オール、5.9%プロパン-1,2ジオール、5.7%ブタン-1,3-ジオール、および0.7%リン酸を配合した新規製剤は、広域の殺ウイルス作用を示した。定量的懸濁試験において、本剤は蛋白質添加の有無のいずれの場合も、エンベロープを有する7種のウイルス(インフルエンザAおよびBウイルス、単純ヘルペス1および2ウイルス、牛コロナウイルス、RSウイルス、ワクシニアウイルス、B型肝炎ウイルス、牛ウイルス性下痢ウイルス)およびエンベロープをもたない4種のウイルス(A型肝炎ウイルス、ポリオウイルス、ロタウイルス、猫カリシウイルス)の感染力価を30秒以内に103以上減少させた。比較試験において、同程度の作用を示したのは95%エタノールのみであった。
 フィンガーパッド試験において、ポリオウイルス1型(Sabin)の感染力価の30秒での対数減少率は、本製剤は3.04を示したのに対して、60%イソプロピルアルコールでは1.32であった。猫カリシウイルスに対する試験では、本製剤により2.38の対数減少率を示した。一方、70%エタノールおよび70%プロパン-1-オールによる対数減少率はそれぞれ0.68および0.70であった。

サマリー 原文(英語)はこちら

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Hospital Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.