JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

Randomly amplified polymorphic DNA解析で同一パターンを示すNocardia farcinica 感染の集団発生

Outbreak of Nocardia farcinica infection with the same pattern in randomly amplified polymorphic DNA analysis

S. Kachi*, M. Okazaki, H. Takeda, H. Igarashi, O. Kobayashi, H. Watanabe, K. Nakata, S. Kawai, M. Aoshima, T. Watanabe, H. Goto
*Kyorin University School of Medicine, Japan

Jouranl of Hospital Infection (2006) 62, 502-506


著者らは、Nocardia farcinicaによるノカルジア症を同一病棟で6カ月間に3例経験した。Randomly amplified polymorphic DNA(RAPD)法による遺伝子解析の結果は、同じパターンを示した。したがって、これらの3例は同一のN. farcinica菌株によるものと考えられ、院内感染の可能性を示唆している。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
起因菌不明の日和見感染に際し、N. farcinicaを念頭に置く必要性を感じさせる論文である。本報告は日本国内からなされており、どの施設でも起こりうる事例である。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.