JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

イタリアの長期ケア施設での病院感染の発生率:6カ月間の前向きサーベイランス

Incidence of hospital-acquired infections in Italian long-term-care facilities: a prospective six-month surveillance

S. Brusaferro*, L. Regattin, A. Silvestro, L. Vidotto
*University of Udine, Italy

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 211-215


本研究は、イタリアの4カ所の長期ケア施設で実施した、病院感染の6カ月間の前向きサーベイランスの結果である。859例の患者を組み入れ、21,503例・日の観察を行った。254件の病院感染が188例の患者で発生した。全感染率は1,000例・日あたり11.8であった。最も頻度の高い感染は、尿路感染(1,000例・日あたり3.2)、下気道感染(1,000例・日あたり2.7)、および皮膚感染(1,000例・日あたり2.5)であった。多変量回帰モデルによる病院感染に関連する危険因子(リスクファクター)は、在院期間28日以上[オッズ比(OR)3.5、95%信頼区間(CI)2.4~5.0]、医療機器の挿管(OR 2.0、95%CI 1.3~3.0)、Nortonスケール(褥瘡発生予測スケール)12未満(OR 1.8、95%CI 1.2~2.6)、および寝たきり状態(OR 1.7、95%CI 1.08~2.6)であった。病院感染の存在により、在院期間中央値が増加したが(31日対20日、P<0.01)、致死的な転帰には有意な影響がなかった(OR 1.4、95% CI 0.7~2.7)。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者注:
Nortonスケール:高齢者における褥瘡発生リスクを評価するための指標。全身状態、精神状態、活動性、移動能力、失禁の5つの評価項目をそれぞれ1~4点の4段階でスコア化し、14点以下の場合を「褥瘡発生のリスクあり」と見なす。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Hospital Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.