JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

カリシウイルスで人為的に汚染させた布地とカーペットの消毒:医療施設での妥当性

Disinfection of fabrics and carpets artificially contaminated with calicivirus: relevance in institutional and healthcare centres

Y.S. Malik*, P.B. Allwood, C.W. Hedberg, S.M. Goyal
*University of Minnesota, USA

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 205-210


布地とカーペットは医療施設で被覆や敷布として広く用いられており、ノロウイルスなどの感染病原体の汚染を受けやすい。これらの日常的なクリーニングには洗濯、水洗、および掃除機による吸引が適切であるとされているが、汚染時の標準的な消毒法はない。ノロウイルスはin vitroで培養できないので、ノロウイルスに対する消毒薬の有効性を試験することは難しい。そのため、消毒薬の有効性試験ではネコカリシウイルス(FCV)がノロウイルスの代替モデルとして認められている。本研究では、様々な布地やカーペットでFCVに対する5種類の消毒薬を評価した。FCVを布地またはカーペット上で乾燥させた後、所定の接触時間として1、5、または10分間、消毒薬で処理した。次にウイルス不活化測定のため、生存ウイルスを溶出し、Crandell-Reeseネコ腎細胞でウイルス力価を測定した。加えたウイルスの99%以上を不活性化した場合に、消毒薬は有効であるとした。活性化ジアルデヒドによる消毒薬である“Metricide”は、1~10分間で99.99%を超えるウイルスを不活性化し、あらゆるタイプの布地およびカーペットに対して最も有効な消毒薬であることが明らかになった。全般的に、消毒薬の有効性は曝露時間が1分間から10分間に増えるに従って増大した。カーペットの消毒は布地の消毒よりも困難であった。100%ポリエステルは最も消毒が難しかった。“Metricide”と“Microbac-II(フェノール化合物)”のみが、100%ポリエステルでFCVの99%を不活性化することができた。まとめとして、活性化ジアルデヒドは試験したあらゆるタイプの生地で、FCVに対して一様に有効性が高いことが示された。

サマリー 原文(英語)はこちら

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.