JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

外科患者および器具に超清浄空気を送るTOUL可動式システムのさらなる細菌学的評価

Further bacteriological evaluation of the TOUL mobile system delivering ultra-clean air over surgical patients and instruments

M. Thore*, L.G. Burman
*County Hospital, Sweden

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 185-192


可動式スクリーンを通して指数曲線状超清浄気流(EUA)を生産する2種類の可動式TOUL-400ユニット(1型および2型)を評価した(床からスクリーンの中心までの最大高:1型1.4 m、2型1.6 m)。TOUL-400 1型ユニットにより細菌付着率は、テーブル上の1.7 m(長さ)×1.0 m(幅)部分で60%を超えて減少し(P=0.001)、スクリーンから1.0 mでの平均の空中浮遊細菌数は、1時間あたりの換気回数(ACH)が6回の部屋での実験で、23コロニー形成単位(CFU)/m3から1.6 CFU/m3に減少した。16 ACHの手術室での減少は、対照実験での細菌汚染レベルが高いために2~3倍高かった。1カ所の14 cm静置培地で、劇的であるが局所的な付着率の減少が記録されたが(手術室のスクリーンから0.8 mの位置で2,376倍を超える減少)、これは明らかにEUAのあたる中心であったことが原因であった。TOUL-400ユニットの影響は、同じ試料採取場所で並行して記録した空気細菌数による評価では、ほぼ100倍に過小評価された(26.5倍の減少)。6 ACHの室内で疑似冠動脈造影および疑似股関節形成を施行中には、EUAが阻害されない場合にはTOUL-400 2型ユニットによって超清浄空気(<10 CFU/m3)が切開部位全域で得られた(スクリーンと術創の最大距離1.7 m)。実際の冠動脈造影(6 ACH室、スクリーンと術創の距離2.0~2.3 m)および手術室での様々な手術(スクリーンと術創の距離1.4~1.8 m)では、超清浄空気が18例のうちの3例の術創で得られたが、この場合の特徴は気流の阻害がないこと、および最大距離が1.8 mであることであった。一方の端にTOUL-400ユニットと同じEUAユニットを装備した、新しく開発されたTOUL-300手術器具台(1.3~1.7×0.6 m)を、6 ACHの室内および16 ACHの手術室で評価した。本ユニットは、0.8 mの位置で超清浄空気を供給し(1.9 CFU/m3、96%減少、P=0.01)、台の大部分の表面上で付着率が60%を超えて減少した。スクリーンの位置決定の単純化または到達距離の延長、さらに術創へ気流を正確に到達させるためのメカニズムによって、TOUL EUAシステムの臨床的有用性が向上すると思われる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
TOUL Meditech社(http://www.toul.se/)の可動式ultra-clean air発生装置に関する検討の論文である。空気清浄野を可動式装置モニター上でコントロールする発想がユニークである。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Hospital Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.