JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

手術部位感染の危険因子としての手術時間:英国と米国のデータの比較

Duration of operation as a risk factor for surgical site infection: comparison of English and US data

G. Leong*, J. Wilson, A. Charlett
*Centre for Infections, UK

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 255-262


外科手術が長時間か短時間かを分類するために、T時間が用いられている。T時間は、手術部位感染のサーベイランスにおいて世界的に広く利用されている全米病院感染症サーベイランス(National Nosocomial Infection Surveillance;NNIS)のリスク指標の1つである。本研究の目的は、NNISのT時間を英国で収集されたデータと比較することとした。英国の外科手術部位感染症サーベイランスサービス(Surgical Site Infection Surveillance Service)は、1997年から2002年に実施された13分野にわたる外科手技に関して168の病院から収集したデータを保有している。英国のデータから75パーセンタイル値およびそれに対応するT時間を算出し、米国の時間と比較した。T時間の前後の手術部位感染率の差を比較した。グラフを用いて、手術部位感染リスクとの関連を示すカットポイント値を評価した。その結果、冠動脈バイパス術および血管手術を除く全手術分野において英国と米国のT時間は同じであり、冠動脈バイパス術および血管手術のいずれも、英国におけるT時間は4時間であった。股関節人工骨頭形成術の手術時間の75パーセンタイル値は、人工股関節全置換術より40分短かった。人工股関節全置換術の手術部位感染率は、T時間より長時間の手術では有意に高かったが(P<0.05)、股関節人工骨頭形成術では手術部位感染リスクとT時間(1時間、1時間半、または2時間に設定)との関連は認められなかった。結論として、ほとんどの分野でT時間を超える手術は手術部位感染症のリスクが増加していた。人工股関節分野については、人工股関節全置換術のみにおいてその関連がみられた。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
NNISシステムに沿ったSSIサーベイランスは世界中の多くの国で実施されている。その際にしばしば問題になるのが、国ごとの医療の相違による手術時間の相違を、リスクインデックスの一因子である手術時間のカットポイント(T値)にどう反映させるか、という点である。多くの国ではNNISのデータに基づくT値をそのまま使用しているが、本論文はその点に関して英国のデータを用いて検証した点で意義が大きい。
  結論的にはあまり大きな差はなかったが、日本のデータでの検討では大きな差が認められる手術の種類もあり、今後も継続的に検証していく必要がある。

医療研修中の針刺し受傷

Needlestick injuries during medical training

S. Deisenhammer*, K. Radon, D. Nowak, J. Reichert
*Ludwig-Maximilians-University, Germany

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 263-267


医学生には針刺し受傷による感染成立のリスクがあるが、医療研修中のどの時点で針刺し受傷が最も起こりやすいのかは不明である。本研究の目的は、医療研修の課程における高リスク期間を特定することとした。ミュンヘンの医学校2校において、研修1年目、3年目、4年目、および5年目の医学生を対象に横断研究を実施した。全体で1,317名(85%)の学生が人口統計学的データ、B型肝炎ワクチン接種状況、針刺し受傷の経験率、受傷後の曝露後予防策に関する知識レベル、および伝播リスクに関する質問票に回答した。針刺し受傷の経験率は23%であり、1年目の学生の12%から4年目の学生の41%となっていた。針刺し受傷はインターンシップ期間中に、特に一般的に研修3年目に始まる採血処置の際に最も頻発した。回答者のB型肝炎ワクチン未接種率にも、1年目(21%)と4年目(6.6%)の学生で差があった。針刺し受傷は医療研修中に頻繁かつ早期に発生する。予防可能な感染リスクを減少させるためには、医療研修早期にB型肝炎ワクチン接種を徹底すべきである。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
ドイツにおける感染対策の実情をかいま見ることができる論文である。医学生の実習においても針刺し受傷による血液・体液曝露の危険性があり、当然ながらB型肝炎ワクチンの接種は必須である。それにしても針刺し受傷経験率の高さに改めて驚かされる。

血液曝露事例への対応の質的管理

Quality control for handling of accidental blood exposures

P.Th.L. van Wijk*, M. Pelk-Jongen, C. Wijkmans, A. Voss, P.M. Schneeberger
*Jeroen Bosch Hospital, The Netherlands

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 268-274


標準化されたプロトコール基づいてあらゆる血液曝露事例に対処することを目的に、地域のカウンセリングサービスを設立した。アルゴリズムを用いてリスクの程度を評価した。B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)、およびヒト免疫不全ウイルス(HIV)の伝播リスクのある事例を「高リスク」に分類して、HBVリスクのみの事例は「低リスク」に分類した。リスクの程度に応じて医療介入を行った。1年間にわたりすべての事例を登録し、標準プロトコールの遵守を分析した。2003年に施設が扱った事例は454件であった。このうち36件(7.9%)はリスクなし、329件(72.5%)は低リスク、67件(14.8%)は高リスクと評価された。登録が不完全であったため22件(4.8%)は分類が不可能であった。全体で、HBV伝播リスクのある事例の36%、HCVおよびHIVの伝播リスクのある事例の40%で指定のプロトコールに基づく処置が行われていなかった。プロトコール違反には、対応が不十分なもの(123/396)と過剰なもの(25/396)があった。HIV曝露後の予防については、63件の事例のうち12件で治療が不十分である可能性があった。63件中11件でHCVの追跡調査が不完全であり、396件中5件でHBV免疫グロブリンが投与されず、これには3件の高リスク事例も含まれた。396件の低リスク曝露のうち21件では、報告が遅れるプロトコール違反があった。標準作業手順を用いても、容認可能なレベルの標準的ケアを実施することは困難である。システムの改善のために不備な点の調査と評価が不可欠である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
医療従事者の血液・体液曝露に際して、曝露後予防策を含むフォローアップが不十分となり得ることを示した報告であり、職業感染対策ではさらに改善すべき点が少なくないことを示している。

人工関節全置換術における結膜汚染のリスク ★★

Risk of conjunctival contamination in total joint arthroplasty

B.I. Singh*, H. Nurein, S. Sinha, S. Singh, P. Housden
*Kent & Canterbury Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 275-280


本研究は人工関節全置換術における結膜汚染による感染伝播への関心から開始した。29の人工股関節全置換術および26の人工膝関節全置換術で使用された顔面および眼用の個人防護具(Sterishield)110セットの肉眼的に確認できる汚染を前向き解析として調査した。さらに、眼汚染のリスク知覚および人工膝関節全置換術および人工股関節全置換術の術中の現行の眼用防護具に関する質問票を英国整形外科学会(British Orthopaedic Association)の会員1,500名に郵送した。すべてのSterishieldに平均で203の血液および脂肪のスポットからなる肉眼的汚染が認められた。汚染スポット数はSterishieldの下半分で有意に大きかった。834の有効回答のうち、回答者の48%が、適切な眼用防護具をルーチンで使用していなかった。28%が眼用保護具は必要ないと感じていた一方、45%は利用可能な眼用防護具は視界を損なうと感じて使用していなかった。回答者107名(13%)が眼の汚染を認識したことを報告しており、さらに回答者21名(2.5%)は汚染後の結膜感染に少なくとも1回は気づいていた。本研究では、股関節や膝関節の人工関節全置換術は、脂肪および血液による結膜汚染のリスクが高いことを示している。英国における適切な眼および顔面の防護具使用に関する報告では使用率が低いことが示された(52%)。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
股関節や膝の人工関節全置換術では、血液や脂肪などの飛散が多く、顔および眼の防護具を適切に使用する必要があることが報告されている。

手術および衛生用のアルコール手指消毒剤14種の忍容性および受容性

Tolerance and acceptability of 14 surgical and hygienic alcohol-based hand rubs

R. Girard*, E. Bousquet, E. Carre, C. Bert, C. Coyault, S. Coudrais, A. Regard, E. Laprugne Garcia, M.L. Valdeyron, V. Pergay
*Centre Hospitalier Lyon Sud, France

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 281-288


有効性が証明されている市販の手指消毒剤の忍容性および受容性を評価するため、実際の使用条件下で試験を実施した。また、公的機関での購入を目的とした情報を得るために、これらの製品とHospices Civils de Lyonで現在使用されている手術時手指消毒(Sterillium®)および衛生用手指消毒(Purell®)のための製品を比較した。試験した12の製品は、Alcogel H®、Assanis Pro®、Clinogel®、Dermalcool®、Manugel Plus®、Manugel Plus NPC®、Manurub Liquid®、Manurub Gel®、Purell 85®、Spitacid®、Spitagel®、およびSterillium Gel®である。これらの製品に対する試験を11月中旬から4月中旬まで4回にわたって3週間ずつ実施し、試験後は2週間の間隔を置いて、その間は通常使用している製品を再び使用した。病棟および手術室の参加は任意とした。皮膚乾燥および過敏性を各試験期間の前後に記録した。受容性および使いやすさを質問票により評価した。8つの手術用手指消毒剤のうち、Manurub Liquid、Manurub Gel、およびManugel Plus NPCだけが、Sterilliumと比較して有意な乾燥および過敏性を起こさなかった。10の衛生用手指消毒剤には試験期間によって差が認められた。全体として、Assanis Pro、Clinogel、Purell 85、およびSterillium Gelは、Purellと比較して有意な乾燥および過敏性を起こさなかった。しかし、寒冷であった最初の3回の試験期間では、Purellと比較してAssanis ProおよびSterillium Gelでより多くの炎症が生じ、Purell 85でより乾燥が生じた。受容性に関する質問票の回答は、利用者は通常使用している手指消毒剤(SterilliumおよびPurell)を好むことを示していた。多くの参加者を含むこれらの実地試験では、優れた製品を特定することができず、前回と同じ製品の注文が更新された。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
やはり慣れ親しんだ製品がよいということでしょうか・・・。

医療環境における流行性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の生存の低下に銅表面を利用する可能性

Potential use of copper surfaces to reduce survival of epidemic meticillin-resistant Staphylococcus aureus in the healthcare environment

J.O. Noyce*, H. Michels, C.W. Keevil
*University of Southampton, UK

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 289-297


メチシリン耐性黄色ブドウ球菌流行株(EMRSA)は、英国で最も流行している株であり、EMRSA-15およびEMRSA-16が1980年代の初めに出現した。患者間のMRSA伝播は、主に医療従事者の手を介して起こり、病院環境が汚染される可能性がある。本研究の目的は、ステンレススチールと比較して銅および真鍮は3種のMRSA株[MRSA(NCTC 10442)、EMRSA-1(NCTC 11939)およびEMRSA-16(NCTC 13143)]の空気で乾燥させた堆積物としての菌の生存率を減少させることに有効であるかを評価することである。MRSAおよびEMRSA[107コロニー形成単位(CFU)]を、銅、真鍮、またはステンレススチールの小片(1 cm×1 cm)に接種し、22℃または4℃で種々の時間培養した。生存度の判定には、呼吸の指標である蛍光色素5-シアノ-2,3-ジトリルテトラゾリウムによる染色のほかに、除去したCFUを再懸濁し、トリプトンソイ寒天上での平板培養により判定した。純銅の表面では、22℃で、107のMRSA、EMRSA-1、およびEMRSA-16が、それぞれ45分、60分、および90分後に完全に死滅した。対照的に、ステンレススチール(グレード304)では、22℃で、72時間後に3株すべての生菌が検出された。銅では、4℃で、6時間以内に3株すべてが完全に死滅した。この結果は、ステンレススチールと対照的に、銅はMRSA、EMRSA-1、およびEMRSA-16に対する抗菌作用を有することを示している。したがって、病院環境での作業台およびドア部品で現在行われているステンレススチールの利用は勧められない。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
銅イオンでMRSAの殺菌効果を評価した論文である。問題は、こうしたイオンに依存する環境対策は、その効果が得られるのに時間がかかることである。

二酸化塩素を用いた自動洗浄消毒機による内視鏡の消毒

Endoscope disinfection using chlorine dioxide in an automated washer-disinfector

H. Isomoto*, M. Urata, K. Kawazoe, J. Matsuda, Y. Nishi, A. Wada, K. Ohnita, Y. Hirakata, N. Matsuo, K. Inoue, T. Hirayama, S. Kamihira, S. Kohno
*Nagasaki University School of Medicine, Japan

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 298-305


通常、内視鏡洗浄の第一選択薬は2%グルタルアルデヒドであるが、従事者への有害反応が多く、特定のマイコバクテリアおよび芽胞菌に対する効果は小さい。二酸化塩素は代替薬となる可能性があり、現在、この薬剤に対応した自動洗浄消毒機が入手できる。今回の研究は、上部消化管検査後の内視鏡消毒における、二酸化塩素の有効性を評価することを目的とした。緑膿菌、ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)、マイコバクテリウム・アビウム・イントラセルラーレ(Mycobacterium avium-intracellulare)、および枯草菌(Bacillus subtilis)などの種々の微生物に対するin vitroでの二酸化塩素溶液の殺菌特性を、高濃度(600 ppm)および低濃度(30 ppm)で、ウシ血清アルブミン(BSA)を使用または未使用の状態で調査した。内視鏡検査直後、および30 ppmの二酸化塩素を入れた自動洗浄機の5分間使用後に、微生物、血液、H. pylori ureA遺伝子DNA、およびHCV RNAによる内視鏡の汚染を、それぞれ培養、高感度検査紙、PCR、およびRT-PCRで評価した。30 ppmの二酸化塩素は、ほとんどの微生物に対して2%グルタルアルデヒドと同等の殺菌活性を有し、M. avium-intracellulareおよびB. subtilisに対する抗菌効果はより早く現れたが、BSAのコンタミネーションは、二酸化塩素の殺菌活性に影響を与えた。微生物、血液、および細菌DNAによる内視鏡の汚染は、自動洗浄器/二酸化塩素システムの使用により除去された。したがって、二酸化塩素はグルタルアルデヒドの代替となる可能性がある。二酸化塩素に対応した自動洗浄機の使用と十分な事前洗浄を組み合わせることにより、効果的で、より早く、より問題の少ない内視鏡消毒が可能となる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
二酸化塩素は有効な消毒法の1つであるが、使用濃度による人体毒性や芽胞などの消毒薬抵抗性菌に対する詳細な検証が今後の課題である。

集中治療室における広域スペクトル抗生物質の使用とオキシイミノセファロスポリン耐性腸内細菌科細菌の糞便保菌との関連性

Association of broad-spectrum antibiotic use with faecal carriage of oxyiminocephalosporin-resistant enterobacteriaceae in an intensive care unit

R. Vignoli*, E. Calvelo, N.F. Cordeiro, R. Lucero, E. Ingold, A. Quintana, A. del Monte, F. Schelotto
*Universidad de la Republica, Uruguay

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 306-315


抗生物質投与と糞便からの第三世代セファロスポリン耐性腸内細菌科細菌の検出との関連について、熱傷集中治療室の患者を対象に研究を行った。これらの分離株中の基質拡張型βラクタマーゼ産生菌の存在についても調べた。
 1998年1月から1999年6月までに集中治療室に入室した患者72例中43例から、2個以上の直腸スワブ試料を採取した。分離されたすべての腸内細菌科細菌について、米国臨床検査標準化委員会(National Committee for Clinical Laboratory Standards;NCCLS)の方法を用いて抗生物質耐性検査を実施した。抗生物質治療を受けた患者30例中、糞便中に第三世代セファロスポリン耐性腸内細菌科細菌が認められたのは10例のみであった。Fisherの直接確率検定により、オキシイミノセファロスポリン(第三世代セファロスポリン系)(P=0.002)またはカルバペネム系(P=0.003)の投与と、糞便からの第三世代セファロスポリン耐性腸内細菌科細菌の分離との関連が示された。オキシイミノセファロスポリンの投与は、糞便中微生物叢の耐性株選択をもたらした。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
抗菌薬選択圧による耐性菌の蔓延に関連した検討である。

監訳者注:
NCCLSは現在はCLSI(Clinical and Laboratory Standards Institute)に改名している。

新規グアニジンポリマーであるAkacid plusのin vitro抗菌活性

In vitro antimicrobial activity of the novel polymeric guanidine Akacid plus

C. Kratzer*, S. Tobudic, W. Graninger, A. Buxbaum, A. Georgopoulos
*Medical University of Vienna, Austria

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 316-322


陽イオン系消毒薬の新規高分子化合物であるAkacid plusの殺菌および殺真菌活性を、黄色ブドウ球菌、エンテロコッカス・ヒラエ(Enterococcus hirae)、大腸菌、緑膿菌、カンジダ・アルビカンス(Candida albicans)、およびアスペルギルス・ニガー(Aspergillus niger)の品質管理菌株を用いて、グルコン酸クロルヘキシジンと比較した。欧州標準化委員会(European Committee for Standardization)が定めた定量的懸濁試験法によりin vitro活性を測定した。使用濃度は、細菌およびC. albicansに対しては0.01~0.5%、A. nigerに対しては0.5~4%とし、蒸留水および硬水で希釈した0.3%ウシアルブミン存在下また非存在下で5、15、および60分間曝露した。基本的な定量的懸濁試験法では、Akacid plusは5分以内に、0.1%の濃度ですべての病原細菌を殺菌した。クロルヘキシジンも黄色ブドウ球菌、大腸菌、および緑膿菌に対する活性が高かったが、5分以内にE. hiraeを殺菌することはできなかった。高濃度の有機物(ウシアルブミン)存在下では、両消毒薬の活性がわずかに低下した。Akacid plusは、C. albicansに対して15~60分以内に殺真菌活性を示し、A. nigerを濃度1%、5分間の接触で殺菌した。クロルヘキシジンは、C. albicansを殺菌したが、A. nigerは殺菌しなかった。

サマリー 原文(英語)はこちら

抗生物質関連下痢症の患者から分離したClostridium perfringensの罹患率および特徴:インドの病院での前向き研究

Incidence and characterization of Clostridium perfringens isolated from antibiotic-associated diarrhoeal patients: a prospective study in an Indian hospital

L. Joshy*, R. Chaudhry, B. Dhawan, L. Kumar, B.K. Das
*All India Institute of Medical Sciences, India

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 323-329


ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)は抗生物質関連下痢症の全症例の2~15%の原因菌であると報告されており、その診断は、糞便中のエンテロトキシンの検出により可能である。インドの病院でのC. perfringens関連下痢症の罹患率を算出するために、150例の下痢症患者と100例の下痢症でない対照患者を組み込んだ前向き研究を実施した。エンテロトキシンの検出にはC. perfringensの培養、逆受身ラテックス凝集(RPLA)法およびELISAを、エンテロトキシン遺伝子の検出にはPCR法を使用した。Multiplex PCR法により分離菌の型分類を試みた。検査した下痢症患者の糞便サンプル150例のうち、13例の培養が陽性であった。このうちの4例がRPLA法によりC. perfringensエンテロトキシン陽性で、2例がPCR法、また2例がRPLA法およびELISAで陽性であった。下痢症でない対照患者では、27例のC. perfringens培養が陽性であったが、RPLA法またはPCR法でエンテロトキシン陽性のサンプルはなかった。これらの検査法による、C. perfringensによる抗生物質関連下痢症の平均罹患率は2.6%であった。毒素の型分類から、全分離菌がA型に属することが示された。結論として、毒素産生性C. perfringensの罹患率が比較的低かったことから、エンテロトキシン産生C. perfringensはこの集団での抗生物質関連下痢症の主要な原因ではないことが示唆される。

サマリー 原文(英語)はこちら

黄色ブドウ球菌による菌血症:ブラジルの教育病院での発生率、危険因子、および死亡予測因子

Staphylococcus aureus bacteraemia: incidence, risk factors and predictors for death in a Brazilian teaching hospital

A.O. Guilarde*, M.D. Turchi, C.M.T. Martelli, M.G.B. Primo
*Federal Universuty of Goias, Brazil

Journal of Hospital Infection (2006) 63, 330-336


本研究の目的は、黄色ブドウ球菌による血流感染の発生率と死亡の危険因子(リスクファクター)を評価することである。試験デザインは、ブラジル中西部の三次医療機関の教育病院において、2000年1月~2001年12月の2年間に、臨床的に重大かつ微生物学的に証明された黄色ブドウ球菌血流感染の1歳を超える患者コホートでの後向き研究であった。111例の患者が、臨床的に重大で微生物学的に黄色ブドウ球菌による菌血症であると判定され、感染率は入院1,000例あたり5例であった。症例の83.8%が院内感染であり、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による症例が60.2%を占めた。黄色ブドウ球菌による菌血症が原因の全死亡率は35.1%であった。単変量解析により、MRSA感染、臨床状態の重症度(重度の敗血症または敗血症性ショック)、および不適切な初期の抗菌療法が、死亡の予測因子であると判定された。Cox回帰分析でも、臨床所見の重症度[ハザード比(HR)6.86、95%信頼区間(CI)3.05~15.43]および不適切な抗菌療法(HR 2.27、95%CI 1.02~5.09)は、死亡の危険因子であった。重度の敗血症および敗血症性ショックの発症前に適切な治療を実施するためには、菌血症の早期診断を目指すべきであり、それによって死亡率低下がもたらされると考えられる。

サマリー 原文(英語)はこちら

サイト内検索

Loading

アーカイブ

Reproduced from the Journal of Hospital Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.