JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

神経外科集中治療室における病院感染サーベイランス

Hospital-acquired infection surveillance in a neurosurgical intensive care unit

G.B. Orsi*, L. Scorzolini, C. Franchi, V. Mondillo, G. Rosa, M. Venditti
*University ‘La Sapienza’ Rome, Italy

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 23-29


イタリアのローマにある教育病院の8床の神経外科集中治療室(NSICU)で、病院感染に関する前向き研究を実施した。2002年1月から2004年12月にかけて48時間以上入院した全患者を対象とした。人口統計学的特性、患者の出身地、診断、重症度スコア、基礎疾患、侵襲的手技、病院感染、分離微生物、および抗生物質感受性に関する全患者のデータを感染制御チームが収集した。全体で、323例が対象となった。平均年齢は55.5歳(範囲17~91歳)、米国麻酔学会スコア(ASAスコア)平均値は2.88であった。NSICUで70例(21.7%)に132件の病院感染が発現し、内訳は肺炎43例、血流感染40例、尿路感染30例、側脳室ドレナージに伴う髄膜炎10例、および手術部位感染9例であった。手術部位感染率は高値(5.6%)を示したが、3年の間に低下した。デバイス(器材)への曝露1,000日あたり7.2例の血流感染エピソード、人工呼吸器1,000日あたり11.00例の肺炎、および導尿カテーテル1,000日あたり4.5例の尿路感染が発症した。側脳室ドレナージを行った患者では、手術部位感染率の相対リスクは11.3[95%信頼区間(CI)4.2~30.6、P<0.01]であった。61例(18.9%)が死亡した。ロジスティック回帰分析により、死亡率は感染[オッズ比(OR)2.28、95%CI 1.11~4.71、P=0.02]および年齢(OR 1.04、95%CI 1.01~1.06、P=0.002)と有意な関連があることが示された。カンジダ属(Candida spp.)は尿路感染の主要な原因であり(40.0%)、血流感染では第三の原因であった(12.7%)。抗生物質耐性病原体には、メチシリン耐性ブドウ球菌属(77.5%)、カルバペネム耐性緑膿菌(36.4%)、基質拡張型βラクタマーゼ産生肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)(75.0%)などがあった。全体の感染率(21.7%)は公表されているデータの範囲内であったが、病院感染による死亡率、患者の疾患重症度の悪化、および多剤耐性菌の出現を考慮すると、感染制御対策を向上させる必要性がある。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
脳神経外科領域の患者の特性上、意識障害やデバイスの長期留置例が多いなどの特徴がある。意識障害と人工呼吸管理により、嚥下性肺炎・人工呼吸器関連肺炎のリスクが上昇する。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Hospital Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.