JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

基質拡張型β-ラクタマーゼ産生大腸菌およびKlebsiella属菌による感染症の疫学:ロンドンの第三次病院におけるコホート内症例対照研究

Epidemiology of infections caused by extended-spectrum β-lactamase-producing Escherichia coli and Klebsiella spp.: a nested case窶田ontrol study from a tertiary hospital in London

I. Skippen*, M. Shemko, J. Turton, M.E. Kaufmann, C. Palmer, N. Shetty
*HPA Collaborating Centre at University College London Hospitals NHS Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 115-123


基質拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生菌による感染症の危険因子(リスクファクター)や、侵襲性感染症患者の転帰に関する情報は乏しい。本研究の目的は、ESBL産生菌による感染症の危険因子および全感染症関連死亡率を、コホート内症例対照研究のデザインを用いて評価するとともに、分子疫学的方法と従来の疫学的方法によって院内での伝播を実証することである。2003年12月から2005年4月にかけて、ESBL産生大腸菌またはESBL産生Klebsiella属菌による血流感染症患者50例を登録した。単純無作為抽出により、同じ期間にESBL非産生血流感染症患者から対照(50例)を選択し、潜在的な交絡因子を検討した。症例患者と対照患者を2005年11月まで追跡調査し、退院または死亡の転帰を記録した。分子疫学的方法に加えて、補助的に従来の疫学的方法を併用し、菌の伝播の調査を行った。ロジスティック回帰分析により、β-ラクタム系抗生物質の投与歴[オッズ比(OR)11.57、95%信頼区間(CI)2.31~51.15、P=0.003]、15日を越える入院(OR 2.63、95%CI 1.01~6.89、P=0.04)、集中治療室への入院歴(OR 13.98、95%CI 1.88~19.15、P=0.006)がESBL産生菌感染症の独立した危険因子であることが示された。追跡調査開始後15日間はESBL産生菌感染症患者のほうが死亡率が有意に高かったが、追跡期間の最終時点では症例患者と対照患者の死亡率に差はなかった。分子疫学的方法により、ESBL産生分離株に5種類のクラスターが確認された。従来の疫学的分析により、これらのクラスターのうち3つで伝播のエビデンスが示された。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
ESBL産生菌によるアウトブレイクは、本邦でも年々増加している。原因究明のための手段として、参考になる文献である。

心臓手術患者における心筋保護用氷片由来のEnterobacter cloacaeによる創感染症のアウトブレイク★★

An outbreak of wound infection in cardiac surgery patients caused by Enterobacter cloacae arising from cardioplegia ice

A.S. Breathnach*, P.A. Riley, S. Shad, S.M. Jownally, R. Law, P.C. Chin, M.E. Kaufmann, E.J. Smith
*St George’s Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 124-128


本論文では、術後の胸骨創感染症の集団発生について述べる。ある心臓外科医が担当する患者に、手術創離開を伴う重度の感染症が集団発生したが、同僚の他の外科医では感染率の上昇はなかった。感染症は主にEnterobacter cloacaeによるものであり、分子タイピングと血清型別ではこれらの分離株は区別できなかった。外科医の手技を観察した結果、不適切な点はないことが判明し、また別の病院でこの外科医に手術を受けた患者に感染はなかった。手術の方法は他の外科医と重大な相違はないように思われた。環境からの感染源を除外するため、尿検体用の選択鑑別培地(CHROMagar Orientation)で培養した試料により、手術室のスクリーニングを行った。さらに検討したところ、他の外科医の手技と異なる点が1つあることが明らかとなった。すなわち、この外科医は心筋保護のために半凍結状のHartmann液を使用していた。凍結に使用した製氷機をスワブ採取したところ、臨床分離株と区別が不可能なE. cloacaeが検出された。本菌が製氷機を汚染し、汚染が氷/半凍結状の溶液に伝播した結果、患者に感染したとの仮説が立てられた。製氷機を交換し、厳格な洗浄計画を定め、さらなる汚染の可能性を減少させる処置を取って以来、症例は発生していない。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
製氷機や冷凍庫は、電源を止めて常温に戻してから清掃する必要があり、また常に低温に保たれているため、一度雑菌が混入すると殺菌されないで残り、ESBLやメタロβ-タクタマーゼ産生菌、あるいはアスペルギルスなどのアウトブレイクの温床となりやすい。しばしば誤解されていることであるが、冷蔵庫に生物を入れると腐りにくいのでつい微生物の存在を忘れてしまうが、低温そのものは細菌を殺す作用がなく、単に細菌の生物活性を下げて腐りにくくしているだけであることをもう一度再認識していただきたい。このような観点から、氷枕などで使用する製氷機で作った氷を食用として患者に与えている病院があれば、すぐにやめていただきたい。また期せずして、氷冷したHartmann液も特に何の利点もないことがこの研究で実証されていることに注意していただきたい。

軟性気管支鏡に関連した緑膿菌感染症の院内集団発生★★

Nosocomial outbreak of Pseudomonas aeruginosa infections related to a flexible bronchoscope

R. Bou*, A. Aguilar, J. Perpinan, P. Ramos, M. Peris, L. Lorente, A. Zuniga
*Hospital de La Ribera, Spain

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 129-135


2003年の7月1日から9月30日までに、市中病院の27床の集中治療室(ICU)で緑膿菌感染症の集団発生が17例の患者に検出された。感染症の危険因子(リスクファクター)を特定するために前後両方向のコホート研究(ambidirectional cohort study)を実施した。院内感染症の定義は米国疾病対策センターの基準に従った。RAPD-PCR(random arbitrary polymorphic DNA-PCR)法により遺伝子型別を行った。ロジスティック回帰分析により、症例患者は非症例患者と比べてよりICU在室期間が長く、より人工呼吸および抗菌薬治療が実施されていたことが示された。多変量解析により、独立した危険因子は、気管支鏡検査の最近の実施[リスク比(RR)3.8、95%信頼区間(CI)2.5~3.9]および感染症患者への曝露(RR 2.9、95%CI 1.1~3.7)であると判定された。分子解析により、解析できた分離株9株のうち、4例の患者の菌株が同一の系統であることがわかった。死亡リスクに影響する最大の因子は緑膿菌感染症であった(RR 2.1、95%CI 1.0~2.4、P=0.04)。隔離予防策の厳格な遵守や気管支鏡の洗浄および消毒に関する勧告からなる複合的な感染制御策を実施したところ、その後の緑膿菌感染症が急激に減少した。今回の集団発生は、患者から患者への伝播による、共通の感染源、すなわち軟性気管支鏡からの感染が原因であると考えられた。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
内視鏡を介した緑膿菌の院内伝播は、世界中で数多く報告されている。また緑膿菌は構造上本質的に消毒薬が効きにくく、またバイオフィルムを形成するので除去することが難しい。本邦でも有名大学病院で相次ぎ同様な事例が発生したのは記憶に新しいところである。軟性内視鏡のファイバーの外周を囲む表面の断裂部位から多剤耐性緑膿菌が検出され、これがアウトブレイクの契機となった事例もあり注意を要す。内視鏡の適切な機械洗浄も大切であるが、リークテストなど普段からのメンテナンスとチェックを怠るとこういった事例を起こすことに注意していただきたい。

効果の高いバイオフィルム除去剤の使用:内視鏡の再処理手順の改善に不可欠な方法

Using an efficient biofilm detaching agent: an essential step for the improvement of endoscope reprocessing protocols

K. Marion*, J. Freney, G. James, E. Bergeron, F.N.R. Renaud, J.W. Costerton
*Faculte de Pharmacie, France

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 136-142


有効性が立証されている内視鏡再洗浄方法を実施しても、内視鏡のチャンネルの内側にバイオフィルムが形成される。消毒前にチャンネルを徹底的に洗浄しないと、効果的な殺菌剤を使用しても不十分である。今回の研究では、剥離促進剤を含有する新しい抗バイオフィルム配合剤と、現在使用されている洗浄剤を比較した。テフロンチューブと、内視鏡検査中の一般的な状態を再現する汚染作製器を使用して検査を行った。製剤を静的洗浄+ブラッシング洗浄、または動的洗浄※※のいずれかに使用し、あらかじめ形成しておいたバイオフィルムを除去する能力を評価した。処理後の残存バイオフィルムを評価し、非処理の対照群と比較した。バイオフィルムに覆われた表面の比率は、クリスタルバイオレットで染色して測定した。チューブ表面からこすり取った細菌を寒天平板培養し、コロニー形成単位(CFU)の計数により、生菌数を調べた。追加の検査として、人工的に汚染した実物の内視鏡でも実施した。走査型電子顕微鏡により、バイオフィルムの除去を確認した。本研究により、この新しい抗バイオフィルム製剤はバイオフィルムの形成を阻止し、時間が経過したバイオフィルム(約108 CFU/cm2)を除去することが示された。その一方、第4級アンモニウム化合物を含有する洗浄消毒剤による方法では、これらの手順と製剤がバイオフィルムを内視鏡表面に固定させるため、効果が低いことが示された。この新しい方法および製剤は、バイオフィルム制御への新しいアプローチを示すものであり、内視鏡洗浄効果を改善し、感染伝播リスクを減少させると考えられる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
バイオフィルムは、細菌由来の多糖体がスライム状になり、細菌自体をすっぽり覆ったまま固まって形成される。よって、バイオフィルムに閉じ込められた細菌は、消毒剤で処理をしても薬剤がバイオフィルム内の病原菌に十分な濃度で到達しないので、時間が経つと再び増殖を始めて不完全な除菌の原因となる。バイオフィルムが形成されると非常に除去しにくいので、内視鏡使用後は直ちに水に浸漬し、蛋白質が乾かないうちに速やかに徹底洗浄し、その後消毒薬による機械洗浄をするように留意されたい。

監訳者注:
静的洗浄:浸漬のみによる洗浄。
※※動的洗浄:機械洗浄。

プリオン不活化の定量的評価による高圧蒸気滅菌と化学的滅菌剤の比較:検査の標準化に向けた提案

Quantitative evaluation of prion inactivation comparing steam sterilization and chemical sterilants: proposed method for test standardization

C. Vadrot*, J.-C. Darbord
*Paris V University, France

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 143-148


プリオンの不活化が極めて困難であることは周知のとおりである。変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の伝播事故を予防するため、再使用可能な医療器具に対する様々な汚染除去処置法が、リスク国の専門家により改変されてきた。ヒトの組織では、vCJD因子の分布は広範にわたるため、他の滅菌・消毒法(欧州標準化委員会;European Committee for Standardization)と同じく、プリオン汚染除去の実践方法の標準化が早急に求められている。本稿では、定量的マウスモデルを使用して、感染率低下および潜伏期延長の観察、および同時に実施した化学滅菌剤で固定した蛋白質を対照とした観察を組み合わせる方法を提案する。実用化の観点から、134℃ 18分間または121℃ 30分間の高圧蒸気滅菌と、1 Nの水酸化ナトリウムに15分間曝露することで、感染性の伝播が少なくとも106分の1に減少した。この方法により、部分的有効を確認することも可能であり、特にグルタルアルデヒドや過酢酸溶液などの液体低温滅菌剤で有効である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
プリオンの不活化は、完全にはできないものという常識を、今一度再認識していただきたい。たとえ106分の1まで活性が低下しても、107以上のプリオンが付着していれば依然として感染性は残存していることに注意してほしい。本邦のある学会が、暫定的な措置として高圧蒸気滅菌を134℃ 18分間とすることを推奨したが、現場ではこれで解決したと誤解されていることを伝聞することが多い。感染制御に携わる方は、細心の注意を払い、もっとも安全な方法を合理的な判断で選び取っていただきたい。

擦式アルコール製剤:医療従事者の知識と理解が自己申告された使用状況に及ぼす影響

Alcohol-based hand rub: influence of healthcare workers' knowledge and perception on declared use

M.P. Tavolacci*, V. Merle, I. Pitrou, D. Thillard, V. Serra, P. Czernichow and the Alcohol-based Hand Rub Commission of Infection Control Committee
*Rouen University Hospital, France

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 149-155


擦式アルコール製剤による擦式手洗いは、手洗いの代替法として妥当であることが実証されている。本研究の目的は、擦式アルコール製剤の知識と自己申告された使用状況について、異なる職種の医療従事者間で比較し、擦式アルコール製剤の使用に関連する因子を評価することであった。標準化した質問票をある第三次大学病院の全医療従事者に送付した。各医療従事者から、以下のデータを収集した。職種(医師、看護師、看護助手、その他)、擦式アルコール製剤についての情報源、擦式アルコール製剤の知識と理解、および日常診療における非薬用石鹸および抗菌性石鹸(antiseptic soap)の代替としての擦式アルコール製剤の自己申告された使用状況。5,238の質問票のうち有効回答は1,811であった。医師は、他の医療従事者より擦式アルコール製剤についての適切な知識をもっていた。擦式アルコール製剤の有効性および皮膚忍容性に関する医療従事者の知識は、非薬用石鹸および抗菌性石鹸の代替としての擦式アルコール製剤の使用と独立して関連していた。自己申告された擦式アルコール製剤の使用状況は、医療従事者の職種によって異なっていた。

サマリー 原文(英語)はこちら

サーベイランスを利用した帝王切開分娩後の手術部位感染の減少★★

Reduction of surgical site infections after Caesarean delivery using surveillance

S. Barwolff*, D. Sohr, C. Geffers, C. Brandt, R.-P. Vonberg, H. Halle, H. Ruden, P. Gastmeier
*University Medicine Berlin, Germany

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 156-161


1997年以降、Krankenhaus Infektions Surveillance System(KISS)では、帝王切開後の手術部位感染についてのデータを収集している。本研究の目的は、医療関連感染のサーベイランスおよびフィードバックにより帝王切開分娩後の感染率を減少させることができるかどうかを判定することであった。3年間以上KISSに参加した部門のみを本解析の対象とした。KISS参加1年目、2年目、および3年目の帝王切開感染率で有意差を比較した。KISS参加1年目および3年目の相対リスクを算出した。帝王切開後の手術部位感染の有意な危険因子(リスクファクター)を検出するため、参加3年目をパラメータの1つとした多変量ロジスティック回帰分析を実施した。52の産科婦人科のうちの26部門が、本研究の組み入れ基準を満たしていた。これらの26部門で17,405件の帝王切開を実施し、331例の手術部位感染を記録した(1.9%)。帝王切開後の手術部位感染率は、KISS参加3年目(1.6%)はKISS参加1年目(2.4%)と比較して有意に減少し、相対リスクは0.63[95%信頼区間(CI)0.48~0.82]であった。ロジスティック回帰分析により、3年間にわたるKISS参加は手術部位感染率減少の独立因子であることが確認された(オッズ比0.64、95%CI 0.49~0.83)。他のタイプの医療関連感染で以前に示されたように、本研究では、継続的なサーベイランスおよび層別化した参照データの比較により、帝王切開後の手術部位感染率を減少させ得ることが実証された。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
SSIサーベイランスを継続することの意味を明確に示した論文。是非ご一読されたい。

監訳者注:
Krankenhaus Infektions Surveillance System:ドイツの国家的病院感染サーベイランスシステムで、米国の全米病院感染サーベイランス(NNIS)に相当する。

黄色ブドウ球菌の鼻腔保菌者の治療が心臓手術の創感染に及ぼす影響

Impact of treating Staphylococcus aureus nasal carriers on wound infections in cardiac surgery

A. Konvalinka*, L. Errett, I.W. Fong
*University of Toronto, Canada

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 162-168


黄色ブドウ球菌は術後創感染の一般的な原因菌であり、その鼻腔内保菌は感染症発症の重要な因子である。ムピロシン治療により、短期間での黄色ブドウ球菌の根絶が可能であり、保菌患者に対する予防的治療により黄色ブドウ球菌感染を予防できる可能性がある。黄色ブドウ球菌保菌者に対する術前のムピロシン経鼻投与により、心臓手術後の胸骨および下肢の創感染率が減少するかどうかを判定するため、二重盲検ランダム化プラセボ対照試験を実施した。カナダ、トロントのSt. Michael's Hospitalで待機的心臓手術を受ける鼻腔内黄色ブドウ球菌保菌患者263例を本試験に登録した。患者の感染の評価を、手術直後および2カ月後に実施した。患者257例をintention-to-treat解析の対象とし、さらに実際の治療に従って再解析を行った。創感染はムピロシン群17例(13.5%)およびプラセボ群11例(9.1%)で発生し(P=0.319)、このうち胸骨創感染はそれぞれ7例(5.4%)、6例(4.7%)であった。ムピロシン群の2例(1.6%)の感染は術後に生じたものであり、いずれも黄色ブドウ球菌が原因ではなかった。プラセボ群では3例(2.4%)が院内創感染を生じ、このうち2例(1.6%)が黄色ブドウ球菌菌血症であった(P=0.243)。ムピロシン群の106例(81.5%)で黄色ブドウ球菌が除去されたが、プラセボ群では59例(46.5%)であった(P<0.0001)。Intention-to-treat群と実際の治療群との間に有意差は認められなかった。黄色ブドウ球菌保菌者に対する予防的ムピロシン経鼻投与により、黄色ブドウ球菌による全手術部位感染率は減少せず、院内黄色ブドウ球菌感染の発生率を減少させる傾向のみが認められた。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
手術部位感染を院内感染としていないなど、用語の定義に混乱がみられ、結果の解釈が困難な論文。各症例群も少なく、プラゼボ群でも46.5%で除菌されるなど、本研究の結果から予防的ムピロシン投与の効果について判断するのは困難である。

血液腫瘍入院患者でのBacillus属菌:臨床的特徴、流行、および転帰

Bacillus spp. among hospitalized patients with haematological malignancies: clinical features, epidemics and outcomes

V. Ozkocaman*, T. Ozcelik, R. Ali, F. Ozkalemkas, A. Ozkan, C. Ozakin, H. Akalin, A. Ursavas, F. Coskun, B. Ener, A. Tunali
*Uludag University Hospital, Turkey

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 169-176


2000年4月から2005年5月に、著者らの血液科で治療を受けた患者で350件の菌血症エピソードが発生した。これらのエピソードのうち228件はグラム陽性菌が起因菌であり、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌および黄色ブドウ球菌が最も多かった。122件はグラム陰性菌が起因菌で、大腸菌、Acinetobacter baumannii、および緑膿菌が優勢であった。Bacillus属による菌血症は、これらのエピソードのうち12例の患者に認められた12件であり、全菌血症エピソードの3.4%を占めた。検査した12菌株のうち、Bacillus licheniformisが7株、Bacillus cereusが3株、Bacillus pumilusが2株であった。菌血症エピソードのうち血流感染が7件、肺炎が3件、重度の腹痛および肝機能障害が1件、カテーテル由来血流感染が1件であった。B. licheniformisが、同時期に入院していた患者5例から分離された。この集団発生は皮膚消毒時に使用した非滅菌脱脂綿と関連があった。B. cereusおよびB. licheniformisの分離菌株はセフェピム、カルバペネム系、アミノグリコシド系、およびバンコマイシンに感受性があったが、B. pumilus分離菌株はキノロン系およびバンコマイシン以外の全抗生物質に耐性があった。2例の死亡が確認された。結論として、Bacillus属は血液腫瘍患者に重篤な感染症を引き起こし、診断および治療上のジレンマをもたらし、また高罹患率および死亡率の原因となりうる。B. cereusおよびB. licheniformisはいずれも、好中球減少患者で重篤な感染症を引き起こす“新しい”グラム陽性菌である可能性がある。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
Bacillusは時に致命的菌血症の起因菌となる。ざっと目を通しておいたほうがよい論文。

スウェーデンの郡立病院におけるメチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌の分子疫学:病院内および病院間のクローン伝播のエビデンス

Molecular epidemiology of meticillin-resistant coagulase-negative staphylococci in a Swedish county hospital: evidence of intra- and interhospital clonal spread

M. Widerstrom*, T. Monsen, C. Karlsson, J. Wistrom
*Ostersund Hospital, Sweden

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 177-183


2003年の10カ月間に、スウェーデンの郡立病院の異なる病棟の15部門で治療を受けた患者に由来するルーチンの連続臨床培養で、メチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌のスクリーニングを行った。分離菌株間の遺伝的相同性をパルスフィールドゲル電気泳動法(PFGE)で分析した。この結果を、第三次紹介病院で過去に分離された多剤耐性表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)と比較した。合計428のコアグラーゼ陰性ブドウ球菌の分離菌株を特定し、そのうち188株(44%)がメチシリン耐性であった。S. epidermidisの3つのクラスター(グループA、B、およびC)はそれぞれ10を超える分離菌株からなり、PFGEによるDNA相同性は90%を超えていた。グループA(15株)とB(13株)の菌株はおおむねゲンタマイシン、ST合剤、およびクリンダマイシンに耐性があり、24例の患者に由来し、そのうちの21例は検体採取前に集中治療室(ICU)で治療を受けていた。3番目のクラスターであるグループCは、患者14例に由来する14の分離菌株からなっていた。これらの患者のうちICUに入室したのは2例だけであり、いずれも1日未満であった。グループCの分離菌株は、グループAとBの分離菌株よりも耐性が低かった。グループAに属する分離菌株は、紹介病院で患者から分離した多剤耐性S. epidermidisとPFGEプロフィールが同じであった。本研究は、郡立病院内の特にICUでメチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌クローンが存続および拡散していること、および多剤耐性クローンが郡立病院と紹介病院との間で拡散した可能性を示している。

サマリー 原文(英語)はこちら

病院の清浄度はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌による菌血症発症率と相関するか?

Does hospital cleanliness correlate with meticillin-resistant Staphylococcus aureus bacteraemia rates?

D. Green*, N. Wigglesworth, T. Keegan, M.H. Wilcox
*Bradford Teaching Hospitals NHS Foundation Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 184-186


英国の国民保健サービス(National Health Service)に加盟する全病院の公的に入手可能なデータを用いて、病院の清浄度とメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による菌血症発症率とは関連しているか否かを調べた。重みづけしたPatient Environment Action Team(PEAT)スコアにより測定した病院の清浄度と、MRSAによる菌血症発症率との間に一定の関連を証明することはできなかった。データセットが大規模であるので、真の相関を見落としている可能性は低い。高い水準の病院の清浄度は意味のある目標だが、MRSA制御対策と環境清浄度の水準改善を繰り返し関連づけることは有用ではない。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
データはシンプルで、非常にわかりやすい論文。しかも、MRSAへの環境の関与という重要な問題に触れており、お勧めできる論文である。

サイト内検索

Loading

アーカイブ

Reproduced from the Journal of Hospital Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.