JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

PrPscの頭蓋内移植に用いられる外科用ステンレス製ワイヤーは、除染後の汚染外科用ステンレス製機器からの医原性感染の良好なモデルであるか?

Are surgical stainless steel wires used for intracranial implantation of PrPsc a good model of iatrogenic transmission from contaminated surgical stainless steel instruments after cleaning?

I.P. Lipscomb*, H.E. Pinchin, R. Collin, K. Harris, C.W. Keevil
*University of Southampton, UK

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 339-343


伝染性海綿状脳症は、一般にプリオン病として知られる一群の致死的な神経変性疾患である。プリオン病は従来の不活化法に抵抗性があり、複数の人体への使用を通して外科用機器によって医原性感染を起こす可能性がある。このような性質のためにプリオン感染因子の適切な検出法が必要であり、外科用機器の安全性を確実なものにするプリオンの消毒法の開発への要求が高まってきている。感染性の評価法としては、他の技術も利用されているが、動物を用いたバイオアッセイ(生物学的検証)が依然として「gold standard」である。外科用機器の大半がステンレス製であるため、その表面を動物を用いたバイオアッセイで検査する場合は、極細の外科用ステンレス製ワイヤーが広く用いられている。これらのワイヤーは埋込みが容易であり、また動物への再移植の際に残留物質の溶出が不要である。しかし、外科用機器とは容積、形状、大きさが異なるため、比較対象としての妥当性は疑問である。本稿では、このような汚染されたワイヤーの洗浄(残留蛋白質6.3~16.0 ng/mm2)が、平らな金属表面の洗浄(残留蛋白質63.9~89.3 ng/mm2)と比べてどの程度容易であるかを、推奨される洗浄剤を用いた比較により示した。外科用機器由来のプリオン感染因子の除去あるいは不活化を検討する実際的な手段として、ワイヤーを利用するには注意が必要であることを、これらの結果は示している。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
プリオンの不活性化については、未だ決定的な推奨は出てきていない。本邦にある他の学会からプリオンの不活性化についての緊急勧告が出されているが、これさえ行っておけば大丈夫という誤解が発生しないよう、知識の正しい普及のために、感染制御の専門家の働きかけがますます重要になってくるであろう。

腹腔鏡手術後のポート部位の非結核性抗酸菌感染症の病院内アウトブレイク★★

Hospital outbreak of atypical mycobacterial infection of port sites after laparoscopic surgery

R. Vijayaraghavan*, R. Chandrashekhar, Y. Sujatha, C.S. Belagavi
*Rajmahal Vilas Hospital, India

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 344-347


1カ所の病院で6週間の間に、Mycobacterium chelonaeによる連続的な145件の腹腔鏡ポート部位感染症が腹腔鏡手術後の患者35例に認められた。汚染源は化学的に消毒した機器を洗浄するための洗浄液であったことが、最終的に確認された。汚染菌は、消毒剤トレイの底面のバイオフィルムの中と、再利用可能な腹腔鏡の外部スリーブ内で生存・増殖していた。是正した管理対策として、化学的消毒に代えてエチレンオキサイドガスによる腹腔鏡機器の滅菌、機器の完全な分解および事前の用手洗浄、ガス滅菌の前の乾燥、および手術室ユニット(operating room complex)内での無作為な環境サンプルによる抗酸菌検査などを実施した。この研究以来3年間、非結核性抗酸菌感染事例は発生していない。潜在的なアウトブレイクを封じるためには、この普遍的に存在し病院環境からの根絶が困難な日和見感染菌に対する認識、慎重なサーベイランス、医療機器の消毒法への細かい配慮、および適切な管理対策が不可欠である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
環境中に存在する雑菌によるアウトブレイクの報告である。このような雑菌が無菌腔から分離された時には、コンタミネーションであるか否かを鑑別するには注意を要する。除菌に関するすべての工程は、quality controlの目的ですべて適切に行われているかどうかを、適切な方法を用いてモニタリングしておく必要がある。また機器のメンテナンスはしばしばアウトブレイクの盲点となるので、注意が必要である。

シプロフロキサシン使用の減少が、第3次病院の各部門におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌分離率に及ぼす効果

Effect of reduction in ciprofloxacin use on prevalence of meticillin-resistant Staphylococcus aureus rates within individual units of a tertiary care hospital

P.P. Cook*, P. Catrou, M. Gooch, D. Holbert
*East Carolina University, USA

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 348-351


過去の研究で病院内でのフルオロキノロン使用とメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の分離率は相関することが示されている。本研究では、第3次教育病院の各成人診療部門において、シプロフロキサシン使用減少プログラム実施後のMRSA感染率に対する効果を検討した。2004年1月1日から2005年12月31日の期間に、すべての成人入院部門で黄色ブドウ球菌陽性の臨床検体を特定した。1年あたり10件を超える黄色ブドウ球菌分離株が検出された部門を解析の対象とした。同じ期間の各部門ごとに、シプロフロキサシンの使用量は、1,000患者・日あたりの1日規定用量(DDD)の単位を用いて決定した。2004年から2005年の間のシプロフロキサシンの使用とMRSA感染率を比較した。対象とした17部門では、シプロフロキサシンの使用は期間中に31.2%減少した(P<0.0001)。これらの部門におけるMRSA感染率は59.6%から54.2%に減少した(P=0.122)。これらの部門間では、シプロフロキサシンの使用とMRSA感染率の相関が認められた(r=0.70、95%信頼区間-0.01~0.94、P=0.053)。この効果は、各部門間でばらつきがあった。7部門では、シプロフロキサシンの使用が減少したにもかかわらずMRSA感染率が上昇したが、これは他の因子(入院期間、感染制御、市中獲得MRSAなど)が寄与したことを示唆している。MRSA高感染率には多くの因子が関与しているが、シプロフロキサシンの使用は寄与因子であると考えられる。シプロフロキサシンの使用の減少は、病院環境でのMRSA制御対策の1つといえるかもしれない。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
シプロフロキサシンの投与により、MRSAの分離率が上昇するエビデンスは、過去の論文でも数多く示されている。曝露されたブドウ球菌は、一種のSOS反応としてフィブロネクチンの産生が増加し菌体表面の粘着性が増加するので、伝達能力が上昇するのが一因と考えられている。この論文でも17部署で正の相関がみられたものの、逆に7部門では負の相関がみられた。この理由については、様々な交絡因子が影響したものと考察されているが、やはりロジスティック回帰分析などを用いて、独立した危険因子を検討していないがために、結論では‘may be’と一段弱い表現になってしまっている。惜しい。

B型肝炎ウイルス慢性キャリアの体液中の高濃度のウイルスDNA★★

High levels of hepatitis B virus DNA in body fluids from chronic carriers

K. Kidd-Ljunggren*, A. Holmberg, J. Blackberg, B. Lindqvist
*Lund University, Sweden

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 352-357


B型肝炎ウイルス(HBV)の慢性感染は重大な世界的な健康問題である。小児期の水平伝播での感染経路は不明であるが、伝播は主として血液媒介性である。HBVによる院内アウトブレイクについては広く報告されているが、それらは主に血液媒介伝播に注目したものであり、その他の体液中のウイルス量についての知見は限られている。今回の研究では、HBV慢性キャリアの血清、唾液、鼻咽頭粘液、尿、および涙液中のHBV DNAを、定性的および定量的PCR法で調べた。両方のPCR法でHBV DNA陽性であった患者25例を研究対象とした。リアルタイムPCRで低濃度の場合は、定性分析で検出されるバンドは弱いものであった。HBV DNAは、4例の患者から採取した2個の尿検体、10個の唾液検体、5個の鼻咽頭ぬぐい検体および涙液で認められた。血清HBV DNA濃度が7×109ゲノムコピーの高ウイルス血症のHBe抗原陽性キャリア1例からは、唾液と鼻咽頭液の両方から高いコピー数が検出された。これらの結果は、高ウイルス血症のHBVキャリアは、他の体液中のHBV DNA濃度も高いという可能性を示している。このことは感染制御プログラムや法規において特に重要であり、定期的なHBV DNA検査により慢性キャリアの感染性を評価し、伝播の予防を目指すことの重要性を強調するものである。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
血液以外の体液中にもHBVが存在し、潜在的なリスクとなることを示した論文である。この事実からも、標準予防策にある汗以外の湿性生体物質が潜在的な汚染源になりうるというメッセージの正しさを立証している。余談であるが、英国では慢性肝炎キャリアーの医師による侵襲的医療行為は、医原性感染予防の観点から厳しく禁止されているので、慢性キャリアーは医学部学生のうちに医師になることを断念させているそうである。

ヒトB型肝炎ウイルスの代替としてのアヒルB型肝炎ウイルスを用いた消毒薬の検証

Validation of biocides against duck hepatitis B virus as a surrogate virus for human hepatitis B virus

A. Sauerbrei*, M. Schacke, B. Gluck, R. Egerer, P. Wutzler
*Friedrich-Schiller University, Germany

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 358-365


B型肝炎ウイルスに対する消毒薬の殺ウイルス作用検査のための代替ウイルスとして、アヒルB型肝炎ウイルス(DHBV)の使用が推奨されてきた。しかし、このモデルは検査室で使用するには相当な困難を伴うことから、現在では欧州諸国においては標準的な検査法とは見なされていない。これまでの研究が示すように、いくつかの代替手段により、細胞培養系でのDHBV感染の検証が改善すると考えられる。間接免疫蛍光法による抗原染色およびライトサイクラーリアルタイムPCR法を利用して、先天的に感染したアヒルから得たDHBVまたはトランスフェクトした肝癌D2細胞系から採取したDHBVに対する、過酢酸(PAA)、ポビドンヨード(PVP-I)、およびホルムアルデヒドの抗ウイルス作用を検査した。その結果から、D2細胞系由来DHBVの不活化は、低濃度の消毒薬および短時間の曝露で達成されることが示された。D2細胞系由来DHBVに対する濃度-曝露時間値が感染アヒル由来DHBVと比較して低いことは、D2細胞系由来ウイルスの感受性が高いことを示している。加えて、懸濁試験でDHBVを有意に不活化することができたPAA濃度およびPVP-I濃度によっても、ウイルスゲノムを破壊することはできなかった。結論として、DHBVに対する消毒薬の殺ウイルス作用の検査には、先天的に感染したアヒル由来のDHBVを使用するべきであり、D2細胞系由来DHBVは、消毒薬に対する感受性が高いため不適切である。間接免疫蛍光染色法によりDHBV感染性の信頼性の高い検出が可能であるが、一方、定量的PCR法により抗ヘパドナウイルス作用の評価が可能である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
抗ウイルス活性をバイオアッセイする方法についての基礎的な検討である。一部の専門家を除いては、ちょっと知っている程度で十分かもしれない。

医学生の感染制御の知識はどの程度か?★★

How much do medical students know about infection control?

C.M. Mann*, A. Wood
*University of Birmingham, UK

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 366-370


医学部教育の変化により、学生は教育の早い段階から患者との直接的な接触をもつようになっている。本研究の目的は、英国のバーミンガム大学医学部3年生の、感染制御策および手技についての知識を評価することである。半構造化質問票を医学生に配布した。学生322名のうち156名から、すべてに回答済みの質問票が返送された(48%)。これらの結果は、医学生の58%がアルコールハンドジェルの正しい適応を知らず、35%がグローブの正しい使用方法を知らず、50%が下痢・嘔吐エピソード後の病棟勤務除外期間(exclusion period)を知らないことを示していた。医学生の64%が手指消毒についての正式な教育を、12%が非公式の教育を、19%が両方の教育を受け、5%が手指消毒の教育を全く受けなかったと回答した。医学生の49%は、課程の中で感染制御の比重が不十分であると考えていた。これらの結果は、感染制御に関する医学生の知識について、懸念を増大させるものである。当大学では現在、感染制御の教育と評価の、より構造化されたモデルの必要性について検討を行っている。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
医師の手指衛生のコンプライアンスが医療従事者の中でも悪い方であるとする報告が散見されるが、だとすれば医学生時代からの教育は非常に重要である。その意味で、本論文は(イギリスの状況とはいえ)医学生に対する感染制御教育の不十分さを明確に示すデータであり、是非ご一読頂きたい。

監訳者注:
半構造化質問票:自由度が高い柔軟な回答ができるような質問を設定した質問票。

手術室環境の陽圧から陰圧への変換

Conversion of operating theatre from positive to negative pressure environment

T.T. Chow*, A. Kwan, Z. Lin, W. Bai
*City University of Hong Kong, China

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 371-378


香港のある病院では、重症急性呼吸器症候群(SARS)危機を受けて陰圧の手術室を建設した。この手術室は現在、空気感染の疑い症例または確定症例の治療に使用されており、SARSの再来、鳥インフルエンザの集団発生、または他の呼吸器疾患の流行に備えて建設された。本論文では、標準的な陽圧手術室から陰圧環境への物理的変換、直面した問題、気流の設計、および気流性能の評価について述べる。通常の運用を開始して以来、ルーチンの測定および観察により、気流性能は満足できるものであることが示された。これについては定期的なエアサンプリング点検によっても確認されている。コンピュータモデリング技術による計算流体力学を使用して、陽圧から陰圧へ設定を変更する前後の室内空気の分布を比較した。そのシミュレーションの結果は、陰圧手術室の物理的環境および細菌の分散パターンは、より優れているとは言えないまでも、元の陽圧の設定と同等に良好であることを示している。

サマリー 原文(英語)はこちら

マイクロファイバークロスの汚染除去特性についての実験室内評価

A laboratory evaluation of the decontamination properties of microfibre cloths

G. Moore*, C. Griffith
*University of Wales Institute, UK

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 379-385


医療施設での清浄度の規準が、現在も注目を集めている。効果的な洗浄にはエネルギーが必要であり、マイクロファイバークロスは汚物の物理的除去に役立つ可能性がある。一定の湿潤状態および乾燥状態で、これらの布地が有機汚物(ATP値により測定)および細菌を除去する能力を、ペーパータオルおよび通常の布地と比較した。乾燥した表面に対して湿潤状態で使用した場合、6種類の異なるマイクロファイバークロスの洗浄効果にはばらつきがあり、そのほとんどは、ペーパータオルまたは通常の布地より有意に優れてはいなかった。マイクロファイバークロスのうち1種類は、他のマイクロファイバークロスおよびペーパータオルより、有機汚物および菌量を減少させるうえで有意に優れていた。乾燥した表面に対して乾燥状態で使用すると、布地間に有意差は認められず、菌および有機物のバイオバーデンを効果的に減少した布地はなかった。また、布地が表面を再汚染する程度を測定したところ、一部のマイクロファイバークロスは他の布地より有機物の残滓および菌を表面に戻すことが有意に少なかった。マイクロファイバークロスは製造方法により特性が異なり、「マイクロファイバー」という名称は優れた洗浄効果を意味するものではない。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
清掃に使用する布地に関する文献は少なく、清掃に関係するスタッフには参考になる。

環境除菌における超酸化水噴霧の有効性★★

Efficacy of super-oxidized water fogging in environmental decontamination

J. Clark*, S.P. Barrett, M. Rogers, R. Stapleton
*Charing Cross Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 386-390


メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)とAcinetobacter baumanniiに対するSteriloxの噴霧による除菌の有効性を検討した。セラミック製タイルに試験細菌を接種していったん乾燥させ、3 mの距離に設置した定置式気化装置を用いて超酸化水Steriloxを10分間噴霧し、さらに1時間放置した。同じ細菌を用いた2番目の実験では、最初の10分間の噴霧期間に続き、1 mの距離から30秒間の定方向噴霧を行った。タイルからの細菌の培養は、トリプトンソーヤ寒天上に溶出液を塗布して、48時間インキュベートした。両細菌とも最初の菌量はおよそ109コロニー形成単位/mLであったが、1回の噴霧によりMRSAは約1/104に、A. baumanniiは約1/105.8に減少した。両細菌とも2回目の噴霧で1/106.8に減少した。Sterilox噴霧は安全で、使用が容易であり、院内感染起因菌の濃度をおよそ1/107に減少させることが可能である。臨床環境における種々の表面の様々な細菌に対しても、同様の殺菌作用があるかどうかを判定する臨床評価を実施する価値がある。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
Steriloxの主成分は次亜塩素酸であり、環境表面の細菌に対する殺菌力は比較的強いと思われる。次亜塩素酸はこれまで使用経験も豊富で、日常の消毒や漂白にも使用されている。上手に使えば有用な薬剤だと考えられる。本論文は大変参考になる。

Ankara Training and Research Hospitalにおける5年間の院内感染サーベイランス

Five-year surveillance of nosocomial infections in Ankara Training and Research Hospital

F.S. Erdinc*, M.A. Yetkin, C. Ataman Hatipoglu, M. Yucel, A.E. Karakoc, M.A. Cevik, N. Tulek
*Ankara Training and Research Hospital, Turkey

Journal of Hospital Infection (2006) 64, 391-396


本研究の目的は、530床の病院の5年間にわたる院内感染発生率、院内感染起因病原体の頻度、および抗菌薬感受性の変化を評価することである。1999年から2003年に全病院的な検査室ベースの院内感染サーベイランスを前向きに実施した。院内感染および院内手術部位感染は米国疾病対策センター(CDC)の定義を用い、院内感染発生率は1年間の入院患者数あたりの院内感染発生件数から算出した。院内感染発生率は1.4%~2.4%の範囲であった。神経科、脳神経外科、小児科、および皮膚科で高い発生率が認められた。全体の院内感染発生率が低いのは、用いたサーベイランス法によると考えられる。最も高頻度で認められた感染は、尿路、手術部位、および原発性血流感染で、最も高頻度で分離された病原菌は、大腸菌、肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)、Enterococcus属、および黄色ブドウ球菌であった。腸内細菌科に最も有効な薬剤はカルバペネム系薬であった。黄色ブドウ球菌分離株のメチシリン耐性率は50%未満で、黄色ブドウ球菌およびEnterococcus属の分離株は、2003年に同定されたグリコペプチド薬耐性Enterococcus faecium分離株1株を除いてすべてグリコペプチド薬感受性であった。同じ方法で得られたデータは年毎の比較が可能であり、最近の変化を検出するのに役立った。院内感染起因病原体に関する抗菌薬感受性データは、院内感染の経験的な抗菌薬療法の有用な手引きとなった。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
本論文で紹介されている院内感染サーベイランスは、臨床検体分離菌情報に基づいて病棟ラウンドにより症例を確定している。このようなサーベイランスを全病院的に行うことは、相当なマンパワーを必要とする割には効果が少なく有用性がないと考えられており、アメリカのNNISシステムではすでに廃止されている。この報告にみられる全病院的サーベイランスは、臨床検体分離菌とその抗菌薬感受性の情報のみに留めて収集し解析することが現実的である。要約の最後の文に述べられている通り、本サーベイランスの有用性は病院感染に対する経験的な抗菌薬療法に対する貴重な手引きとなる点であり、それ以上の有用性は少ないと考えられる。

サイト内検索

Loading

アーカイブ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.