JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

病院環境における非結核性抗酸菌の保菌率

Prevalence of non-tuberculous mycobacteria in a hospital environment

J.H. Shin*, E.J. Lee, H.R. Lee, S.M. Ryu, H.R. Kim, C.L. Chang, Y.J. Kim, J.N. Lee
*Inje University, Korea

Journal of Hospital Infection (2007) 65, 143-148


近年、非結核性抗酸菌(NTM)は、日和見院内感染の重大な原因に浮上しているが、韓国ではNTMの分離および同定については、ほとんど知られていない。本研究の目的は、病院環境におけるNTMの分布率を推計し、菌種を同定することである。病院の異なる区域から合計150サンプルを収集した。NTMの分離および同定を、rpoBをコードする遺伝子の制限酵素断片長多型解析(RFLP)およびhsp65rpoBの部分塩基配列解析により行った。本研究では、150サンプル中50サンプルから60株のNTM株を分離した。水道水サンプルの半数(50/100)が抗酸菌陽性であった。分離株の73.3%が腐生性であり、21.7%が病原性を有する可能性があり、5%は不明であった。病院の水道水におけるNTMの存在はまれではない。そのような水道水からの分離株は、培養偽陽性となるリスクがあるとともに、免疫低下患者に実際に院内感染をもたらす可能性がある。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者注:
rpoB:RNAポリメラーゼB(RNA Polymerase B)の略。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Hospital Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.