JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

病院感染肺炎ガイドラインの位置づけ

The place of guidelines in hospital-acquired pneumonia

R. Masterton*
*The Ayr Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 116-122


最近の病院感染の増加により、病院感染肺炎が注目されるようになった。病院感染肺炎は死亡につながる病院感染としては最も頻度が高いものであり、全入院患者の約0.5~1%がこれに罹患する。病院感染肺炎によって医療関連合併症が有意に増加し、患者の入院期間が平均で最大13日間延長するため、病院の医療資源に大きな影響を及ぼす。昨年、British Society of Antimicrobial Chemotherapy病院感染肺炎ガイドラインが学会のウェブサイトで公開され、予防、診断、治療の3本柱を対象としたエビデンスに基づく病院感染肺炎ガイドラインとしては、世界で2つのうちの1つとなった。本論文では病院感染肺炎ガイドラインの進歩と現状について、最近の発展、アプローチと転帰の相違、および新たな作業分野に注目しながら検討する。エビデンスに基づくガイドラインの適用により病院感染肺炎が減少すること、および患者の転帰が改善することが明示されている。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
感染対策の領域ではCDCの肺炎防止ガイドラインが有名であるが、それ以外に診断や治療も含めた様々なガイドラインがあることを学ぶことができる。一読の価値あり。

監訳者注:
British Society of Antimicrobial Chemotherapy:英国における抗微生物薬化学療法学会で、相当する日本の学会は日本化学療法学会である。

フランスの集中治療室ネットワークREACATにおける中心静脈カテーテル感染の5年間のサーベイランスの影響

Impact of a five-year surveillance of central venous catheter infections in the REACAT intensive care unit network in France

F. L'Heriteau*, M. Olivier, S. Maugat, C. Joly, J. Merrer, F. Thaler, B. Grandbastien, G. Beaucaire, P. Astagneau, for the REACAT catheter study group
*Regional coordinating Centre for Nosocomial Infection Control, France

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 123-129


中心静脈カテーテル(CVC)関連感染(CRI)は、集中治療室(ICU)における感染制御の主要な標的である。本研究の目的は、フランス北部の自由意志によるICUネットワークでのCRI発生率の経時的変動について記述することである。毎年4カ月間のサーベイランス期間中に、48時間以上留置されているすべてのCVCを、抜去まで、または患者の退院まで前向きに追跡した。保菌およびCRIの判定には、標準的な臨床的および微生物学的基準を使用した。標準化感染比(SIR)を「実際に発生したCRIの数÷予測されたCRIの数」で算出し、予測CRI数はCRIの危険因子を組み入れたロジスティック回帰モデルにより計算した。各サーベイランス期間後に、CRI発生率とSIRをベンチマークとしてICUにフィードバックした。2001年から2005年にかけて、135カ所のICUが1期以上のサーベイランスに参加した。全体で、患者9,182例のCVC 11,703例(122,495中心静脈カテーテル日)を対象とした。CRI発生率は1,000カテーテル日当たり2.8例であった。連続3期以上参加した35カ所のICUのCRI発生率は、58.6%の有意な減少を示した。これらのICUでは、1期目から3期目のサーベイランス期間にかけて、SIRも有意に低下した。以上の結果から、サーベイランスプログラムはICUにおけるCRIのリスクに重大な影響を及ぼすこと、およびICUにおける病院感染に対抗するための重要な戦略であることが示唆される。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
期間限定のサーベイランスでも感染率を低下させることができた点で興味深い論文である。サーベイランスの重要性自体は周知のことであるが、アメリカ以外でも大規模なネットワークによるサーベイランスが行われていることもまた興味深い。

心臓血管病棟におけるEnterobacter cloacae分離率の増加★★

An increased incidence of Enterobacter cloacae in a cardiovascular ward

K. Kanemitsu*, S. Endo, K. Oda, K. Saito, H. Kunishima, M. Hatta, K. Inden, M. Kaku
*Tohoku University Graduate School of Medicine, Japan

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 130-134


心臓血管病棟におけるルーチンサーベイランスにより、2004年6月に痰および口腔咽頭の培養からのEnterobacter cloacae分離率が、同じ期間の病院の他施設の5.5%(12/219)と比較して27.6%(8/29)に増加したことが明らかになった(OR 13.2、95%CI 2.97~58.7、P<0.05)。E. cloacae肺炎の増加は確認されなかったが、アウトブレイクを予防するために、感染制御チームによる調査が行われた。E. cloacae感染の相対リスクを、E. cloacae陽性患者とE. cloacae陰性患者の間の挿管、集中治療室(ICU)への入室歴、および口腔ケアの実施を対象とした症例対照研究に基づいて推定した。オッズ比は13.2であり、このことから心臓血管病棟への移動前に、ICUにおいて経食道心エコー診断(TOE)用プローブを介した交差感染が生じたことが示唆された。また、パルスフィールド・ゲル電気泳動および薬剤耐性パターンもこの仮説と一致していた。介入として、0.55%フタラール溶液によるTOEプローブの消毒、およびプローブを再汚染から保護するための使い捨てのシース(sheath)の導入を行った。介入後、分離率は従来のレベルに戻った。本報告は、解析が後向きである特性のため現行の病院感染サーベイランス戦略の有効性に限界があることを示している。施設、患者集団、地域、および国に特異的に適用できるデータマイニング・ツールなど、サーベイランス法の改善が、交差感染などの認識されていないアウトブレイクの検出感度を上げるために必要とされる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
日本の大学病院で経験された、デバイス媒介が疑われる病院感染の伝播事例。臨床検体分離菌のサーベイランスを生かす方法として教育的な報告と言える。患者対象研究の結果が表によって示されていないのが残念である。

入院時の黄色ブドウ球菌血流感染患者におけるメチシリン耐性の予測因子

Predictive factors of meticillin resistance among patients with Staphylococcus aureus bloodstream infections at hospital admission

A. Manzur*, M. Vidal, M. Pujol, M. Cisnal, A. Hornero, C. Masuet, C. Pena, F. Gudiol, J. Ariza
*Hospital Universitari de Bellvitge, Spain

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 135-141


メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は、スペインの医療施設、特に長期ケア施設で広く認められ、入院時のMRSA血流感染罹患率が増加している。本研究の目的は、黄色ブドウ球菌血流感染により入院を要する患者のメチシリン耐性の予測因子を明らかにすることである。1991年1月から2003年12月に、入院時の黄色ブドウ球菌患者を比較する症例対照研究を実施した。入院時のMRSA血流感染の症例患者(50例)を、入院時のメチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)血流感染の対照患者(98例)と比較した。入院時のMRSA血流感染罹患率は、1991年の1,000入院あたり0.08例から2003年の0.37例へ有意に増加した(P<0.001)。MRSA血流感染患者とMSSA血流感染患者を比較した単変量解析により、メチシリン耐性と、年齢>60歳、女性、MRSA分離歴、および医療関連血流感染の間に有意な関連が認められた。糖尿病、血液透析、免疫抑制などの基礎状態、感染源、または死亡率は、両群で差は認められなかった。多変量解析により、MRSA血流感染の独立した危険因子として、MRSA分離歴[オッズ比(OR)41、95%信頼区間(CI)4~350]および長期ケア施設からの入院(OR 37、95%CI 4.5~316)が特定された。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
市中感染によるMRSA血流感染患者が増加しているというスペインからの報告。日本でも小児の皮膚疾患など外来患者のMRSA感染が増加していると考えられており、世界的な懸案事項である。

インドの第三次医療施設における重症急性呼吸器症候群予防の準備と限界

Preparations and limitations for prevention of severe acute respiratory syndrome in a tertiary care centre of India

S. Goel*, A.K. Gupta, A. Singh, S.R. Lenka
*Post Graduate Institute of Medical Education and Research, India

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 142-147


この感染制御対策に関する短期観察研究は、重症急性呼吸器症候群(SARS)のアウトブレイクの脅威にさらされていた期間中に、インドの第三次病院の内科救急外来で実施された。研究査者は、SARS症状のある患者をスクリーニングするために、毎日ロビーを訪れた。患者/付添い人の数、患者の流れ、および医療従事者の業務と内科救急外来での位置を観察した。燻蒸消毒や清掃などの感染制御対策を記録したほか、内科救急外来の検査室機能、個人用防御器具の使用、および感染症に関する情報の掲示についても記録した。調査した患者2,165例中、計162例(7.4%)が呼吸器症状を有していたが、SARS症例は認められなかった。患者および患者の付添い人の流れは規則性がなかった。利用可能なSARSの臨床検査法はなく、SARSに関する教育資材は掲示されていなかった。主要な病院の内科救急外来は感染症、特にSARSおよび鳥インフルエンザの脅威を考慮したスクリーニングができるようにする必要がある。

サマリー 原文(英語)はこちら

オーストラリアにおける手術部位感染リスクの層別化:全米病院感染サーベイランスリスクインデックスの評価

Risk stratification for surgical site infections in Australia: evaluation of the US National Nosocomial Infection Surveillance risk index

A.C.A. Clements*, E.N.C. Tong, A.P. Morton, M. Whitby
*University of Queensland, Australia

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 148-155


本研究では、オーストラリアにおける様々な手術部位感染のアウトカム(全体、入院中、退院後、深在性創感染、表在性創感染)について、全米病院感染サーベイランス(NNIS)リスク指標の有用性を評価し、さらに、オーストラリア国内での手術部位感染危険因子を検討した。2001年2月から2005年6月に23カ所の病院で実施された13種類の一般的手術43,611件の手術部位感染サーベイランスのデータセットを解析に使用した。実際に観察された手術部位感染データについて、診断法評価に用いる統計手法(感度、特異度、陽性適中率、陰性適中率)を用いて、NNISリスクインデックスを評価した。感度はすべての手術部位感染アウトカムで低く(リスクインデックス閾値1で範囲0.47~0.69、リスクインデックス閾値2で0.09~0.20)、一方、特異度はリスクインデックス閾値によりばらつきがあった(リスクインデックス閾値1で0.55、リスクインデックス閾値2で0.93)。解析に利用可能な様々な潜在的危険因子を用いて、5つの手術部位感染アウトカムに対する混合効果ロジスティック回帰モデルを作成した。米国麻酔学会(ASA)全身状態スコア>2、手術時間、抗生物質予防投与を実施しないこと、および手術の種類が、1つ以上の手術部位感染アウトカム発生の有意な危険因子であり、それぞれの手術部位感染アウトカムごとに危険因子は様々であった。NNISリスクインデックスの判別能力は、オーストラリアで手術部位感染サーベイランスの正確なリスク層別化ツールとして使用するには不十分であり、その感度は低すぎるため、予後指標として適切に使用することはできない。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
サーベイランスツールの開発は、症例定義の決定に始まり、労働量と得られる情報量のバランスを図りながら、アウトカム検出に関する感度を上げつつ、特異度も高く保つ必要があり、NNISとて現在も最終型ではないことを示唆した論文である。

監訳者注:
NNISリスクインデックス(National Nosocomial Infection Surveillance risk index):手術部位感染に対するリスクが似ている患者集団で、手術部位感染発生率を比較するためのリスク階層化の指標である。NNISでは、以下のA)B)C)3つの危険因子に当てはまる場合にそれぞれに1点を与え(あてはまらない場合は0点)、合計点をNNISリスクインデックスと呼んでいる。手術部位感染サーベイランスの対象となるすべての患者はこれらの因子の有無について評価され、NNISリスクインデックス(0、1、2、または3)を付与される。
A)創分類:ContaminatedまたはDirty/infected
B)米国麻酔学会スコア:3以上
C)手術時間:T値以上(手術の種類によって異なる)

ギリシャの病院における医療従事者のインフルエンザ予防接種率に影響を与える因子

Factors influencing influenza vaccination rates among healthcare workers in Greek hospitals

H.C. Maltezou*, A. Maragos, T. Halharapi, I. Karagiannis, K. Karageorgou, H. Remoudaki, T. Papadimitriou, I.N. Pierroutsakos
*Hellenic Center for Disease Control and Prevention, Greece

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 156-159


医療従事者のインフルエンザ予防接種率は、世界各国において一般的に低い。2005年9月にギリシャ疾病予防管理センター(Hellenic Center for Disease Control and Prevention)が、病院医療従事者のインフルエンザ予防接種率を向上させるための全国的キャンペーンを実施した。2005年から2006年のインフルエンザシーズン中、医療従事者の全予防接種率は16.36%(範囲0~85.96%)であった。その前年度のシーズン中の自己申告による予防接種率は1.72%であり、9.5倍の増加を示した。医師と比較して、技術部門職員の予防接種率は有意に低く、一方、管理部門職員の予防接種率は高かった。臨床医の接種率は、内科部門が外科部門を2.71倍、臨床検査医学部門を2.36倍上回っていた。多変量解析により、大規模病院(>200床)のほうが小規模病院よりも予防接種率が低いこと、および専門病院(集中治療室、精神科、または皮膚科)のほうが総合病院よりも予防接種率が低いことが示された。高い接種率と関連のある因子は、北部ギリシャでの勤務、小児病院または腫瘍専門病院勤務、または鳥インフルエンザH5N1発生県での勤務であった。結論として、ギリシャの医療従事者のインフルエンザ予防接種率は依然として低いが、全国規模のキャンペーン活動は多大な影響力があった。予防接種率を上げるためには、病院および医療従事者関連の因子に注目した検討が必要である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
ギリシャのインフルエンザ予防ワクチン接種率が低いのには驚きました。本邦の学会報告では、90%以上を軒並み超える病院が見られていますが、これには国民性の違いというのも大きく関与しているように思えます(本稿では取り上げておりませんが・・・)。

グルジア共和国トビリシにおける手術部位感染の有病率と予測因子★★

Prevalence and predictors of surgical site infection in Tbilisi, Republic of Georgia

S. Brown*, G. Kurtsikashvili, J. Alonso-Echanove, M. Ghadua, L. Ahmeteli, T. Bochoidze, M. Shushtakashvili, S. Eremin, E. Tsertsvadze, P. Imnadze, E. O’Rourke
*Massachusetts General Hospital/Harvard Medical School, USA

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 160-166


手術部位感染は世界的に重要な問題である。旧ソビエト連邦における手術部位感染の疫学についてはほとんど知られていない。グルジア共和国における手術部位感染症の有病率と予測因子を特定するため、首都トビリシの都市部の3カ所の病院において、手術部位感染症の多施設観察研究を実施した。2000年9月から2002年1月までの3~5週間毎に、全米病院感染サーベイランス(NNIS)システムの定義を使用して、ポイント有病率調査を実施した。手術を受けてポイント有病率調査実施日に参加病棟に在室していた全患者を対象とした。872件の手術中、146件(16.7%)で手術部位感染合併症がみられた。手術部位感症有病率は手術方法とリスク分類により、ばらつきがあった。多変量回帰解析では、年齢、創傷分類、特定の病院(B)、および泌尿器科手術が、手術部位感染の予測因子であった。別のモデルでは、NNISリスクインデックスが信頼度の高い手術部位感染の予測因子であった。予防的抗生物質投与はまれであったが(手術の29.5%で実施)、一方、術後の抗生物質使用頻度は高かった。グルジア共和国では手術部位感染は重大な問題である。介入の余地のある領域は、予防的抗生物質投与と皮膚の術前準備としての剃毛である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
ポイント有病率サーベイランス(point prevalence surveillance;PPS)は、安価かつ少ない労力で、正確な病気の分布状況を把握することができ、これを反復すること(repeated PPS)でトレンドを解析することができる。人材と予算がかぎられている本邦の感染制御の現状には、もっと注目されてもよいサーベイランス方法である。大いに参考にしていただきたい。本稿からうかがえるprophylaxisについての正確な知識の普及度は、ほんの数年前の日本と大差ないようです。

アルコール系手指消毒剤と2種類のアルコール系手指消毒ゲル剤の抗菌作用およびルーチンの患者ケア中における使用受容性の比較

Comparison of the antibacterial efficacy and acceptability of an alcohol-based hand rinse with two alcohol-based hand gels during routine patient care

Frederic Barbut*, Eric Maury, Laurianne Goldwirt, Pierre-Yves Boelle, Denis Neyme, Rubina Aman, Beatrice Rossi, Georges Offenstadt
*Unite d'Hygiene et de Lutte contre les Infections Nosocomiales, France

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 167-173


本研究の目的は、アルコール系手指消毒リンス剤(AHRR)と2種類のアルコール系手指消毒ゲル剤(AHRG)の抗菌作用について、実際の使用条件下での手指汚染の減少を用いて比較することである。この3製品の使用受容性を評価し、全体的な手指消毒遵守に対する各製品の効果を調査することを意図した。前向きの交差時系列臨床試験を内科集中治療室で実施した。本研究は3つの6週間の期間(P1、P2、P3)に分かれている。擦式法は、P1中はSterilliumTM洗浄剤(AHRR)、P2中はSterillium gelTM(AHRG-1)、およびP3中はManugel PlusTM(AHRG-2)で実施した。擦式法の前後の手指汚染を、患者との直接接触直後にグローブジュース法を用いて評価した。医療従事者は、無記名アンケートにより本製品の受容性を評価した。医療従事者の手指消毒の遵守を3つの期間中に評価した。242回の擦式法の実施機会を研究対象とした。AHRR、AHRG-1、およびAHRG-2による平均微生物減少係数(単位はlog10 CFU/mL)は、それぞれ1.28±0.95、1.29±0.84、および0.51±0.73であった(p<0.001)。医療従事者による3つの製品のアンケートから、AHRRとAHRG-1は、AHRG-2よりも有意に受容性が高いことが示された。医療従事者の手指消毒の全体的な遵守は、ゲルが使用できるときは良好であった。全製品が欧州規格EN1500に合格しているものの、実際の使用条件下ではAHRG-1とAHRRはAHRG-2よりも有効であった。擦式法製品の抗菌作用の比較にはin vivo試験が重要である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
擦式アルコール性手指消毒剤は、同じアルコール製品同士でも違いがあることを示した論文である。本稿では微生物の減少係数に有意差があったことを示しているが、これについての原因は全くディスカッションしていない。それよりも(やや強引に)、ユーザーの使用感が受け入れに大きく関与しており、実際の臨床の現場では、「製品の性能のわずかな違いを云々するより、とにかく使ってくれなければ意味をなさない」というメッセージを発信したかったようである。

監訳者注:
交差時系列臨床試験(alternating time-series clinical trial):2つ以上の実験的介入を指定された順序で同じ患者群に交互に施す研究デザインのこと。交差研究(crossover study)ともいう。

疫学的に確定したAcinetobacter baumannii臨床分離株の消毒剤抵抗性★★

Resistance to disinfectants in epidemiologically defined clinical isolates of Acinetobacter baumannii

H. Wisplinghoff*, R. Schmitt, A. Wohrmann, D. Stefanik, H. Seifert
*University of Cologne, Germany

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 174-181


殺菌剤に対する感受性の低下は、病院でのAcinetobacter baumannii流行の一因になる可能性がある。本研究は、異なるA. baumannii臨床分離株についての消毒剤感受性を評価する目的で実施した。20株のA. baumannii菌株を調べたところ、10株はアウトブレイク関連、10株は散発性であった。臨床分離株は、固有のパルスフィールド・ゲル電気泳動パターンを示すものを選択した。プロパノール、1-プロパノール+2-プロパノール+エチル硫酸メセトニウムの合剤、ポリビニルピロリドンヨード、トリクロサン、およびクロルヘキシジンのin vitro活性を、マクロ液体希釈法を用いて測定した。消毒剤への曝露時間は15秒~2分とし、臨床で発生する可能性のある過失による不適切な希釈の影響を調べるために、濃度は未希釈~4,000倍希釈の範囲とした。5株のATCC標準菌株(A. baumannii、大腸菌、緑膿菌、Enterococcus faecalis、黄色ブドウ球菌)を対照として用いた。全消毒剤は、各製造者が推奨する濃度および曝露時間で、すべての分離菌の発育を阻害した。試験した消毒剤のほとんどで、曝露時間が30秒未満であったか、または希釈された製剤を用いた場合は、ほぼそのままの生菌数が残存していた。アウトブレイク関連菌株および散発性菌株の間に感受性の有意差は認められなかったが、これを検証するにはさらに大規模な試験を要する。現在用いられている消毒剤に対する抵抗性は、おそらくA. baumannii流行の主要因子ではないだろう。しかし、推奨手順からのわずかな逸脱であっても、濃度または曝露時間の低下に関連する場合には、院内での交差伝播に影響をあたえる可能性がある。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
本邦では、消毒剤については、現場の自主性に任せて購入、管理、希釈、使用されているが、適切な希釈と接触時間を遵守しなければ、期待した消毒効果を得られないという危うさについては、全く認識されていない。感染制御が発達している国々では、滅菌とならんで、消毒の確実性は、医療の質の根幹をささえる重要項目として、また環境保全の観点から、薬剤師による管理、調製、配布、回収が行われている。くれぐれも、消毒剤はお札的効果(とにかく貼っておけば、効果があるような気がする)を期待してはならない。

サイト内検索

Loading

アーカイブ

Reproduced from the Journal of Hospital Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.