JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

フランスにおける6年間の手術部位感染制御プログラムの影響:INCISOサーベイランスの結果

Impact of a six-year control programme on surgical site infections in France: results of the INCISO surveillance

C. Rioux*, B. Grandbastien, P. Astagneau
*Regional Co-ordinating Centre for Nosocomial Infection Control, France

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 217-223


外科手術部位感染(SSI)は院内感染制御対策の重要なターゲットである。北フランスの病院からの自発的な参加による外科病棟のネットワークであるINCISOのデータに基づき、6年間のサーベイランスシステムの影響を評価した。毎年、手術患者を連続的に登録して、入院、外来を問わず手術から30日後までの調査を行った。それぞれの患者について、標準的な基準によるSSIの診断とともに、危険因子としての手術創分類、米国麻酔学会スコア、手術時間、待機手術か緊急手術の区別、鏡視下手術、および術式などを標準化した書式に記入した。毎年の調査終了時には、参加者が全米病院感染サーベイランス(NNIS)システムのリスクインデックスおよび標準化発生比で補正した他の手術と比較できるように、ダッシュボードを掲示した。6年にわたり、548の外科病棟の手術患者150,440例から3,661件のSSIが確認された(粗発生率2.4%)。粗SSI発生率は3.8%から1.7%に減少(傾向検定P<0.001、相対減少率-55%)して、NNIS-0に補正したSSI発生率は2.0%から1%に減少した(傾向検定P<0.0001、相対減少率-50%)。ネットワークを通じてベンチマークを得ることを目指す積極的サーベイランスシステムは、SSI発生率を減少させるための有効な戦略である。最初の3年間を上回る低いSSIレベルを維持するためには、感染制御の取り組みを継続する必要がある。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
毎年の調査終了時にデータを掲示することから、“顔の見える”ネットワークでのベンチマーク作成となり、他病棟との比較によってSSI発生率を減少させた試みである。地域のネットワークによる取り組みが試みられている一方、やはりサーベイランスはフィードバックによって有効性が担保されるというオーソドックスな結論が導かれている。

監訳者注:
標準化発生比(standardized incidence ratio;SIR):リスク分類に応じたベンチマークで、SSI発生率からSSI発生件数を予測して、実際のSSI発生数と比較する指標。

オランダおよびドイツの全国的な手術部位感染サーベイランスデータの比較:PREZIES対KISS

Comparison of the National Surgical Site Infection surveillance data between The Netherlands and Germany: PREZIES versus KISS

J. Mannien*, S. van den Hof, C. Brandt, M. Behnke, J.C. Wille, P. Gastmeier
*National Institute for Public Health and the Environment, The Netherlands

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 224-231


手術部位感染(SSI)率の各国間の比較に対する関心が増加していることから、著者らはオランダ(PREZIES)とドイツ(KISS)のSSIサーベイランスデータを比較した。両国のサーベイランスシステムのプロトコールには、多くの類似する危険因子、例えば米国疾病対策センター(CDC)が開発したSSIの定義や退院後サーベイランスの任意での実施などがあり、共通点が多い。内容が類似し、適切な比較を行うために十分なデータが存在する9つの外科処置カテゴリーを数種類の中から選択して、研究対象とした。PREZIESとKISSの間でSSIデータの相違が認められたのは、手術時間、手術創汚染度、米国麻酔学会による全身状態分類、および術後の入院期間であった。PREZIESでは表在性SSI発生率が7つの外科処置で有意に高く、深在性SSI率が5つの外科処置で高かった。入院期間中の深在性SSIに限ると、SSI率の差ははるかに小さかった。退院後サーベイランスの程度が異なっていたため、記録されたSSIで退院後に検出されたのは、PREZIES で34%、KISS では21%であった。結論として、オランダとドイツでは、同様の感染サーベイランスプロトコールが使用されているが、その実施状況は異なっていた。各国間の比較は、入院期間中の深在性SSIに限定した場合に信頼性が最も高いが、その理由は、深在性SSIは退院後サーベイランスの影響を受けず、その診断感度が表在性SSIよりも各国間で類似している可能性があるためである。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
サーベイランスの結果を国家間で比較しようとする興味深い試みであるが、退院後調査の実施率などの具体的な調査方法が異なっており、純粋な比較が困難であった。これは施設間での比較においても同様であり、数字にとらわれるのではなく、数字を独り歩きさせないサーベイランスの正しい運用方法が求められる。なお、入院管理となるような深在性SSIの診断にはブレがないとの指摘は注目に値する。

自動電話システムによる退院後の手術部位感染サーベイランス

Post-discharge surgical site infection surveillance by automated telephony

J. McNeish*, D. Lyle, M. McCowan, S. Emmerson, S. McAuley, J. Reilly
*Golden Jubilee National Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 232-236


手術部位感染(SSI)は、手術後の重要なアウトカム指標であり、スコットランドの全国的サーベイランスプログラムもこれを対象としている。退院後サーベイランスは、医療保障制度NHS(National Health Service)のプライマリケアおよび急性期医療の両方の領域におけるコストに重要な影響があるため、これらのデータを得るための確固とした方法を確立することが重要である。この研究では、退院後のSSI発生に関する情報を得るために、自動電話システムを使用した。対象は人工股関節置換術、人工膝関節置換術、および心臓手術の後に入院患者サーベイランスを実施した患者である。録音メッセージを使用して、創傷の状態を患者に質問した。これらの質問に対して、患者は電話機の番号を押すことによって回答した。研究対象集団は104例で、このうち18例の患者は自分が創傷感染を生じていると考えていたが、確認したところ退院後SSIに罹患していたのは9例のみであった。この自動電話システムに少なくとも1回の回答を行った患者は62例であった。今回のパイロット研究の対象は少数であったが、ある程度の改良を加えたうえで、退院後SSIサーベイランスのために使用を継続すべきであると思われた。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
手術後入院期間が比較的長いわが国におけるSSIサーベイランスでは、退院後サーベイランスを実施しなくても、より適切にSSI症例を見いだしているとも考えられているが、感染対策の観点からも医療安全の面からも医療経済の要求からも入院期間は短縮する傾向が強く、やはりわが国においても退院後サーベイランスがより重要になってくると予想される。自動電話システムによる人手を省略した調査は、サーベイランスに人的資源を投入しづらいわが国においても非常に参考になる。

退院後の手術部位サーベイランス:患者教育により診断の信頼性が向上するか?★★

Post-discharge surgical site surveillance: does patient education improve reliability of diagnosis?

M. Whitby*, M.-L. McLaws, S. Doidge, B. Collopy
*Princess Alexandra Hospital, Australia

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 237-242


患者自身による退院後の手術部位感染サーベイランスは、信頼性に欠けることが示されているにもかかわらず、依然として多くの感染制御プログラムで不可欠な要素となっている。患者による創傷感染の徴候と症状の認識、および退院後の郵送質問票に対する回答について、それぞれの妥当性が退院前の特別教育により改善するかどうかを試みた。合計588例の患者を、1群は当該教育実施群とした2つの介入群に無作為に割り付け、その後に調査を行った。両群を手術後4週間にわたって追跡して、熟練した感染制御看護師(ICN)およびルーチンの郵送質問票に対する患者の回答により、感染の状態を毎週評価した。教育を受けた患者では、非教育群と比較して、ICNの診断との相関が有意に低いことが示された(それぞれκ値0.69および0.81、P=0.05)。両患者群の患者の判定による感度は同等であり(83.3%)、特異度は両群ともに高かった(教育群93.7%、非教育群98.1%)。陽性的中率は教育群65.2%、非教育群で83.3%であった。患者の判定による創傷感染の過剰診断率を調べたところ、教育群の判定による手術部位感染の過剰率は44.4%、非教育群は16.7%であった。これらの結果は、退院前の教育が患者による創傷感染の臨床的状態の過剰診断を招き、診断の妥当性を改善しないことを示している。さらに本結果は、医療の質の指標としての、患者の自己評価による退院後感染率の意義に疑問を呈するものである。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
過ぎたるは及ばざるが如し、難しい限りである。頭で考えてよさそうなことも、実際にやってみると上手くいかないこともある。入院期間はもちろん短い方がよいが、退院後サーベイランスの困難を考えると、ある程度はじっくりと専門家が観察評価できた方がよいのかもしれない。

カナダの成人急性期病院における医療関連感染の点有病率調査

Point prevalence survey for healthcare-associated infections within Canadian adult acute-care hospitals

D. Gravel*, G. Taylor, M. Ofner, L. Johnston, M. Loeb, V.R. Roth, J. Stegenga, E. Bryce, the Canadian Nosocomial Infection Surveillance Program, Anne Matlow
*Public Health Agency of Canada, Canada

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 243-248


2002年2月にカナダ全国の病院で、医療関連感染の有病率の推定のために19歳以上の成人患者に対する調査を実施した。合計5,750例の成人の調査を行い、そのうちの601例に667件の医療関連感染を認め、医療関連感染患者の割合は10.5%、医療関連感染有病率は11.6%であった。最も頻度の高い医療関連感染は尿路感染であり、調査患者の194例(3.4%)に認められた。肺炎が175例(3.0%)、手術部位感染が146例(2.5%)、血流感染が93例(1.6%)、Clostridium difficile関連下痢症が59例(1%)に認められた。カナダにおける今回の初の全国的点有病率調査により、医療関連感染有病率は他の先進国の報告と同等であることが明らかになった。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
ある1日間に限定してポイント調査を実施することにより入院患者の医療関連感染発生率を現実的に把握しようとするユニークな試みである。純粋に発生率のみを対象にするのであれば有用な手法であり、わが国においても同様のアプローチを検討すべきかもしれない。

サーベイランスツールの使用による手指消毒の履行促進

Promotion of hand hygiene techniques through use of a surveillance tool

J. Pashman*, E.H. Bradley, H. Wang, B. Higa, M. Fu, L.M. Dembry
*Yale School of Medicine, USA

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 249-254


医療の現場における適切な手指衛生の実践は、医療関連感染の予防、制圧、および減少のための最も効果的な手段である。手指衛生の実践と対象を明確にしたキャンペーンは広く導入されているが、手指衛生を確実に普及させるためのサーベイランスは依然として限られている。サーベイランスは感染制御のキャンペーンに重要な要素であることは広く受け入れられている。そこで著者らは、病院での手指消毒用の簡便なサーベイランスツールの作成と検証を目的として、中国の9病院で試験的に3カ月間にわたり、これらを実施した。この論文では今回作成した手指消毒のサーベイランスツール、およびこれを使用するための明確なガイドラインを紹介する。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
もちろん手指衛生は極めて重要であり、感染対策におけるフナ釣りのような存在である。手指衛生に始まって手指衛生に終わる。

軟性内視鏡用の洗浄・消毒器4種類の洗浄・消毒効果の比較

Comparison of the cleaning and disinfecting efficacy of four washer-disinfectors for flexible endoscopes

U. Kircheis*, H. Martiny
*Universitatsmedizin Berlin, Germany

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 255-261


4種類の洗浄・消毒器(AdaptaScope、ETD-2Plus、Innova-E3、LS-2000)を比較した。これらの洗浄・消毒器の洗浄効果および処理効果を、外観検査およびドイツの検査方式(EN ISO/TS 15883-5)による微生物の減少係数(RF)で判定した。検査用の部品を血液およびEnterococcus faeciumで汚染させた。洗浄剤3種類(Cidezyme GI、ETD Cleaner、Liquid 52)と消毒剤3種類(Cidex OPA-C、ETD Disinfectant、Liquid 44)を使用した。水のみによる洗浄効果の検査も実施した。Cidezyme GIの有効性は、AdaptaScopeとの使用でRF 7.0、LS-2000との使用でRF 8.4であった。Liquid 52の有効性は、LS-2000との使用でRF 7.0であった。水を使用した場合の洗浄効果はAdaptaScope(RF 2.1)とLS-2000(RF 1.2)との間に有意差が認められた。全処理後の微生物学的有効性は、Cidezyme GI/Cidex OPA-CによるAdaptaScope(RF 8.4)とLiquid 52/Liquid 44によるLS-2000(RF 9.2)との間にも有意差が認められた。Innova-E3では、全処理の終了時点でも検査用の部品は汚染されたままであり、RFは算出できなかった。ETD-2Plusでは、全処理終了後のRFは低値であった(3.7~7.5から1.8)。全処理による効果に差は認められたものの、AdaptaScopeとLS-2000では一貫して細菌の減少が認められた。内視鏡チャンネルを人工的に閉塞させた内視鏡の処理では、AdaptaScopeとLS-2000ではエラーメッセージが表れて処理が停止したのに対して、ETD-2PlusとInnova-E3ではエラーメッセージは表示されなかった。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
内視鏡の洗浄・消毒の効果は消毒液と洗浄・消毒器機の組み合わせで大きく影響を受ける。こうした消費者テストのような効果を中立な立場で評価し、データを公開することにより適切な選択が可能になる。

患者に対する病院感染の説明に関してどのような因子が医療従事者の見解および姿勢に影響を及ぼすか?

What factors influence healthcare professionals' opinion and attitude regarding information for patients about hospital infection?

V. Merle*, M.P. Tavolacci, A. Moreau, N. Dubreuil, B. Dollois, C. Gray, K. Kerleau, S. Thery and P. Czernichow
*Rouen University Hospital, France

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 269-274


医療リスクを患者に説明することによって医療過誤訴訟が減少するとされているが、入院患者の大多数は病院感染に関する説明を受けていない。病院感染のリスクを患者に説明することに関する見解と、病院感染がある、またはない患者に対する説明の実践を評価するために、フランスの22病院から無作為に選択した医療従事者1,270名を、自記式質問票を利用して調査した。医療従事者の特性が見解と実践に及ぼす影響について、ロジスティック回帰を用いて評価した。回答率は87.2%であった。85.4%はさらなる説明を実施することを支持したが、非感染患者にルーチンに説明していた者は17.0%、感染患者に感染の説明をした者は31.6%のみであった。医療従事者の姿勢は、その特性および環境因子により影響を受けていた。説明は義務であるとの認識は、非感染患者に対する説明の実践に影響したが、病院感染患者の場合は影響しなかった。医療従事者によるリスクの伝達および病院感染の公表の改善を促進するために、さらなる研究が必要である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
セイフティマネジメントの潮流は日米同様フランスでの大きな課題のようである。

潜在的なアウトブレイクの調査におけるVIGI@ctR (bioMerieux)と蛍光増幅断片長多型の併用

The combined use of VIGI@ctR (bioMerieux) and fluorescent amplified length fragment polymorphisms in the investigation of potential outbreaks

C. Fontana*, M. Favaro, E.S. Pistoia, S. Minelli, M.C. Bossa, A. Altieri, G.P. Testore, F. Leonardis, S. Natoli, C. Favalli
*‘Tor Vergata’ University of Rome, Italy

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 262-268


優れたサーベイランスプログラムを用いても、病院感染を必ず認識できるとは限らず、そのためアウトブレイクに至る可能性がある。このリスクを低減するため、著者らは、リアルタイムの疫学情報システムVIGI@ctR(bioMerieux、Las Balmas、フランス)、および蛍光増幅断片長多型(f-AFLP)の微生物フィンガープリント法を利用した病原体の遺伝子に基づく関連性の迅速な確認または除外方法を併用した、病院感染の迅速検出モデルを提案する。このシステムによる1年間の調査結果を提示するが、ここでは合計306例が病院感染の疑い例と判定された。このうち281例(92%)が臨床所見によって「確定」し、16例(5%)は単なる保菌とされ、残りの9例(3%)は医師の協力が得られなかったために「無回答」と記録された。7件のアウトブレイクが疑われ、f-AFLP解析によってこのうち4件で分離株のクローンの関連性が確認された。すなわち、アウトブレイク1(緑膿菌の分離株4株)、アウトブレイク2(大腸菌の分離株3株)、アウトブレイク6(Candida parapsilosisの分離株2株)、アウトブレイク7(基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生Klebsiella pneumoniae subs. pneumoniae 30株)である。これらの結果に基づき、著者らは、VIGI@ctRとf-AFLPの併用はグラム陽性菌、グラム陰性菌、酵母様真菌によるアウトブレイクの迅速な評価に有用であると結論づけた。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
効果的なアウトブレイク菌種ならびに菌株の選定は病院疫学解析の重要なスクリーニングのポイントである。本報告の取り組みに一定の効果のあることは評価されるが感度と特異度に関しては本取り組みだけでは何ともいえない。f-AFLP法は特許の関係でコストがそれなりにかかるのが難点でもある。

腰椎椎間板手術でのPropionibacterium acnes汚染

Propionibacterium acnes contamination in lumbar disc surgery

A. Carricajo*, C. Nuti, E. Aubert, O. Hatem, N. Fonsale, F.O. Mallaval, A.C. Vautrin, J. Brunon, G. Aubert
*CHU Hospital Bellevue Saint-Etienne, France

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 275-277


これまでの研究により、Propionibacterium acnesが重度の坐骨神経痛患者の椎間板の軽度感染症の原因である可能性が示されている。本研究の目的は、腰椎椎間板ヘルニア手術中に採取した椎間板断片サンプル中の細菌の存在を前向きに調査することである。調査した患者54例中2例(3.7%)の椎間板断片からP. acnesが培養された。さらに、これらの2例の患者の黄色靭帯および筋肉の対照培養もP. acnes陽性であった。同様の対照培養により、さらに10例(18.5%)の患者でP. acnes陽性であった。手術中に採取した4例の空気サンプルにはすべてP. acnesが含まれていた。層流キャビネット内の対照培養でも、54例中3例にP. acnesが認められた。腰椎椎間板断片培養でP. acnesが存在する原因として最も可能性が高いのは、サンプル汚染であると考えられる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
Propionibacterium acnesが検出されたかどうかを評価しており、分子疫学的な評価はなく、インパクトは低い論文に終わっている。

「HBc抗体のみ」陽性のレバノン人健常献血者血清中のB型肝炎ウイルスDNA:その意義および想定される影響

Hepatitis B virus DNA in serum of ‘anti-HBc only’-positive healthy Lebanese blood donors: significance and possible implications

M. El-Zaatari*, H. Kazma, M. Naboulsi-Majzoub, M. Haidar, F. Ramlawi, Z. Mahfoud, S. Ramia
*Hammoud Hospital, Lebanon

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 278-282


HBs抗原陰性血液の輸血によるB型肝炎ウイルス(HBV)の伝播が報告されている。HBs抗原が消失した患者の一部では、その血清および肝組織中から低濃度のHBV-DNAが検出されること、および「HBc抗体のみ」陽性の患者でHBV-DNAの検出率が最も高いことが示されている。本研究は、レバノン人献血者における「HBc抗体のみ」の頻度および臨床的意義の評価を目的としてデザインされた。レバノンのほとんどの地域を代表する3つの主要な病院から得た合計5,511名の献血者サンプルについて、HBc抗体検査およびその他のスクリーニング検査を行った。「HBc抗体のみ」陽性のサンプルはHBV-DNA検査を行い、HBV-DNA陽性の場合は遺伝子型別およびHBV濃度の測定を実施した。本研究から、無作為に抽出したレバノン人献血者のうち203名(3.7%)が「HBc抗体のみ」であることが確認された。これらの203名中11名(5.4%)が、nested PCR法による検出でHBV-DNA陽性であった。HBV-DNA濃度は全サンプルが400コピー/mL未満であり、すべて遺伝子型Dであった。血中ウイルス濃度は今回使用した定量法の検出限界未満であったが、HBVが存在すると結論することは可能である。したがって、レバノンの献血センターにおける輸血によるHBV伝播を制御するための予防策として、HBc抗体の定期的なスクリーニングの追加が必要であると考えられる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
HBc抗体の定期的なスクリーニングの重要性はいうまでもない。ルーチンの検査の組み合わせの結果が与える影響は大きく、注意が必要である。

サイト内検索

Loading

アーカイブ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.