JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

ポリプロピレン製メッシュを使用した鼠径ヘルニア修復術後のMycobacterium fortuitumによる創感染

Wound infections due to Mycobacterium fortuitum after polypropylene mesh inguinal hernia repair

A. Celdran*, J. Esteban, J. Manas, J.-J. Granizo
*Fundacion Jimenez Diaz, Spain

Journal of Hospital Infection (2007) 66, 374-377


Mycobacterium fortuitum complexは、迅速に発育する抗酸菌の一群である。これらの日和見病原体は、生体材料を使用する外科手術での感染と関連することが多い。鼠径ヘルニア修復術の前向き研究で、2例のM. fortuitum感染が発生した。これらの感染は、発症機序、臨床症状、および予防的または治療的な抗生物質療法の両者に対する抵抗性の点で、他の細菌による感染とは異なっていた。

サマリー 原文(英語)はこちら

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.