JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

大学附属病院における末梢静脈カテーテル関連血流感染症の臨床疫学と転帰

Clinical epidemiology and outcomes of peripheral venous catheter-related bloodstream infections at a university-affiliated hospital

M. Pujol*, A. Hornero, M. Saballs, M.J. Argerich, R. Verdaguer, M. Cisnal, C. Pena, J. Ariza, F. Gudiol
*Hospital Universitari de Bellvitge, Spain

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 22-29


末梢静脈カテーテルは臨床的に多用されているにもかかわらず、これらの器具に起因する血流感染症の発生率と臨床上の意義、および血流感染症の防止対策については、依然として議論が分かれている。集中治療室以外の患者群を対象として、ショートラインおよびミッドライン※※の末梢静脈カテーテルに由来する病院血流感染症の臨床疫学および転帰を明らかにするために、前向き研究を実施した。末梢静脈カテーテル由来血流感染症(PVC-BSI)症例を、中心静脈カテーテル由来血流感染症(CVC-BSI)症例と比較した。2001年10月から2003年3月の間に、患者147名に150件の血管内留置カテーテル由来血流感染症が認められた。77件(1,000患者・日あたり0.19件)がPVC-BSI、73件(1,000患者・日あたり0.18件)がCVC-BSIであった。CVC-BSI患者よりもPVC-BSI患者のほうが、救急部でのカテーテル挿入頻度が高く(0%対42%)、カテーテル挿入から菌血症発症までの期間が短く(平均15.4日対4.9日)、黄色ブドウ球菌が起因菌である率が高かった(33%対53%)。PVC-BSI患者では、カテーテルを救急部で挿入する場合のほうが病棟で挿入する場合よりも、カテーテル挿入から血流感染発症までの期間が短かった(平均3.7日対5.7日)。黄色ブドウ球菌によるPVC-BSI患者のほうが他の原因菌によるPVC-BSI患者よりも、遠隔感染巣を有する菌血症の発症率(7%対0%)および全死亡率(27%対11%)が高かった。血流感染症は依然として過小評価されており、末梢静脈カテーテル留置の重篤な合併症となる可能性がある。この合併症を最小限に抑えるためには、目的を定めた介入を実施すべきである。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
末梢静脈カテーテルも血流感染症の侵入門戸となり得ることを明確に示した論文である。末梢であっても血管内留置カテーテルをゾンザイに扱うのは危険であることに注目する必要がある。また、この施設ではCVC-BSIの発生率が大変に低いこともさりげなくアピールされている。

監訳者注:
ショートライン(short-line):一般的に使用される末梢静脈カテーテル。
※※ミッドライン(mid-line):末梢静脈に挿入するが少し長いカテーテル。

カテーテル接続に関連した血流感染症:2種類の接続システムの前向き試験★★

Bloodstream infection related to catheter connections: a prospective trial of two connection systems

F. Esteve*, M. Pujol, E. Limon, M. Saballs, M.J. Argerich, R. Verdaguer, R. Manez, X. Ariza, F. Gudiol
*Hospital Universitario de Bellvitge Hospitalet de Llobregat, Spain

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 30-34


重症患者の管理上の問題として、中心静脈カテーテルおよび動脈カテーテル由来血流感染症が増加している。著者らの目的は、ニードルレス・バルブ接続システム(SmartSite笂・/span>、Alaris Medical Systems社、San Diego、CA、USA)のカテーテル由来血流感染症予防効果の評価である。集中治療部門入室患者の中心静脈カテーテルおよび動脈カテーテルの接続を、ニードルレス・バルブ接続システムまたは三方活栓のいずれかに前向きに割り付けた。両群の患者特性は同等であった。ニードルレス・バルブ接続システムは、操作前に0.5%グルコン酸クロルヘキシジン添加アルコール液で消毒した。三方活栓は、使用前後で消毒は行わなかったが、防護キャップで覆った。2002年4月1日から2003年12月31日の間に、マルチルーメンの中心静脈カテーテルまたは動脈カテーテルの留置を48時間以上必要とした、合計799例の患者を対象とした。カテーテル由来血流感染発生率は、消毒済みニードルレス・バルブ接続システム群で1,000カテーテル使用日あたり4.61、三方活栓群4.11であった(P=0.59)。中心静脈カテーテル由来血流感染症と動脈カテーテル由来血流感染症を個別に解析すると、中心静脈カテーテル由来血流感染症発生率は、ニードルレス・バルブ接続システム群で1,000カテーテル使用日あたり4.26、三方活栓群5.27であった(P=0.4)。動脈カテーテル由来血流感染発生率は、ニードルレス・バルブ接続システム群で1,000カテーテル使用日あたり5.00、三方活栓群2.83であった(P=0.08)。ニードルレス・バルブ接続システムを使用しても、カテーテル由来血流感染の発生率は低下しなかった。動脈カテーテルは、重症患者の重大な感染源である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
輸液管理においても閉鎖系回路による管理が有用であると考えられているが、ニードルレス・システムに関する評価は必ずしも一定していない。ニードルレス・バルブの中にもメカニカル・バルブ型とスプリット・セプタム型があり、今後の展開が注目される。

ある大学病院における10年間にわたるアスペルギルス発生頻度の空気サンプル分析

Ten-year air sample analysis of Aspergillus prevalence in a university hospital

D.G. Falvey*, A.J. Streifel
*University of Minnesota, Minnesota, USA

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 35-41


1995年から2005年までの10年間、三次ケア大学病院で空中浮遊真菌サンプルを毎月採取した。ペア・サンプルを25℃と37℃で培養した。各場所に設置されている空気ろ過システムごとにデータを解析した。患者ケア区域で採取して37℃で培養したサンプルの平均回収真菌数は、外気サンプルの平均回収真菌数の18%であった(22 対 122 cfu/m3)。HEPAフィルタが設置されている場所で採取して37℃で培養したサンプルでは、約1/3がアスペルギルス属菌陽性であった。その他の患者ケア区域では1/2が陽性、外気サンプルは95%が陽性であった。37℃の培養で平均値+3 SDを超える真菌数となる散発的なバーストは48件認められた。院内感染発生とAspergillus fumigatus回収数高値との関連は、少なくとも1カ所で認められた。非実用的な方法を用いなければ、アスペルギルス属菌を完全に排除した環境を提供することは不可能である。著者らは、ルーチンの空気サンプル採取は、院内感染を予測する有効な方法ではないと結論する。しかし、一過性のスパイクまたはバーストは、院内の汚染源を特定するうえで有用であると考えられ、またリスク患者に対する介入治療の追加を検討する際に利用できる。重視すべきは、外気の高性能ろ過を継続すること、およびその他の環境制御方法により環境中の日和見真菌胞子の拡散防止を確実に図ることである。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
やはり定期的な環境調査から感染管理の実践に繋げるのは難しく、ルーチン業務での環境調査はムダであると考えるべきであろう。新しく2007年6月に改訂された米国の隔離予防策のガイドラインでも、このような空調管理までも含めた防御的環境を提供すべきなのはグラフト生着前の造血幹細胞移植患者に限定して推奨されている。私たちもマンガ「もやしもん」(原作:石川雅之、イブニング連載中(講談社刊)、一部地域で深夜時間帯にアニメーションも放映中)の主人公みたいに菌が見えるとよいのだが。

フランスの大学病院におけるバンコマイシン耐性腸球菌アウトブレイクの速やかな制圧★★

Rapid control of an outbreak of vancomycin-resistant enterococci in a French university hospital

J.-C. Lucet*, L. Armand-Lefevre, J.-J. Laurichesse, A. Macrez, E. Papy, R. Ruimy, C. Deblangy, A. Lozach, I. Lolom, V. Jarlier, A. Andremont, C. Leport
*Hopitaux de Paris, and Paris VII Denis Diderot University, France

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 42-48


フランスの病院ではバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)が認められる。著者らの病院でVREアウトブレイクが発生したため、VREの根絶に取り組むこととなった。アウトブレイク制圧のために、以下の介入を同時に実行した。(1)VRE制圧委員会の発足、(2)VRE保菌者の専用病棟への集団隔離、(3)接触患者の徹底的なスクリーニング、(4)直腸サンプルからVREを検出するための高感度技術の利用、(5)特定の抗菌薬の使用量減少を目的とした専任チームによる介入、(6)病院スタッフ全員に対する情報提供と教育、(7)VRE保菌者および接触患者の病院内の移動と再入院の電子的追跡。初発症例の入院後4週間で、vanA型バンコマイシン耐性Enterococcus faeciumの単一菌株の保菌者37例が病院の7部門で同定された。その後、再入院した接触患者1例がさらに同定された。VRE陽性患者39例中、2例が尿路感染症であり、37例に定着が認められた。便中のVRE濃度が測定可能であった32例中、23例は低濃度、9例は高濃度であった。低濃度の患者1例は、別の部門の伝播を引き起こした。今回の集中的、協調的、多面的戦略により、著者らの病院の広範囲にわたったVREアウトブレイクを終結させることができた。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
アウトブレイクの制圧に必要なのは、気合と根性ではなくて、体系的で科学的なアプローチである。緊急事態にどのような体制を整えることができるか、病院の施設としての底力が問われる。

アウトブレイク後の環境でのグリコペプチド耐性Enterococcus faeciumの流行型と非流行型の判別

Discrimination between epidemic and non-epidemic glycopeptide-resistant E. faecium in a post-outbreak situation

S. Borgmann*, B. Schulte, C. Wolz, H. Gruber, G. Werner, C. Goerke, I. Klare, K. Beyser, P. Heeg, I.B. Autenrieth
*University of Tubingen, Germany

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 49-55


バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)の分離例が増加している。病院感染型VREは、流行の拡大を促進する腸球菌表面蛋白質Espなどの因子を発現することによって、比較的高い病原性を示す。一方、「市中獲得型」VREの病原性は低く、非流行型の特徴を示す。2004年と2005年に、南西ドイツの大学病院でVREの広範なアウトブレイクが発生し、これを封じ込めるために感染制御プログラムを実施した。主なVRE分離株に対してパルスフィールド・ゲル電気泳動(PFGE)、esp-PCR、MLVA法(multiple-locus variable number of tandem repeat analysis)、purK1遺伝子型別、およびMLST法(multiple-locus sequence typing)を行った。PFGEにより、非流行型のVRE遺伝子型26種類と流行型の遺伝子型2種類(MLST203、MLST280)を同定した。非アウトブレイク型VRE遺伝子型のうち7種類はesp遺伝子が陰性であり、一方、非アウトブレイク型1種類と流行型2種類ではesp陽性であった。MLVA法では、8種類の遺伝子型が同定された。MLVA 1型には5種類のPFGE型、MLVA 159型には16種類のPFGE型が認められた。現在、非流行型のVREを同定し、不要な患者隔離を回避するための有効な方法はない。非流行型クローンの50%以上がesp陽性であったが、esp-PCRは非流行型VREを同定するための最も有望なアプローチと考えられる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
ドイツでは病原性の低い市中獲得型 VRE が存在するらしい。米国では病原性の高い市中獲得型 MRSA が注目を集めており、処変われば品変わる、微生物を相手にする限りは博物学の要素を避けることはできないのだ。

外科の主要4科における顔面へのはね返りリスクの多施設研究★★

Risk of facial splashes in four major surgical specialties in a multicentre study

S. Endo*, K. Kanemitus, H. Ishii, M. Narita, T. Nemoto, G. Yaginuma, Y. Mikami, M. Unno, R. Hen, K. Tabayashi, T. Matsushima, H. Kunishima, M. Kaku
*Tohoku University Graduate School of Medicine, Japan

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 56-61


本研究は、顔面の防護を行わない場合の曝露リスクの判定を目的とした、6カ所の医療施設でのフェイスシールドへの血液のはね返り汚染の分析である。血液のはね返り曝露を、全発生率、フェイスシールド上のはね返りの部位、外科の専門科、手術室スタッフに対するリスク、手術所要時間、および出血量に基づいて評価した。視覚的検査およびロイコマラカイトグリーンによる染色法による血液のはね返り汚染を、フェイスシールド600個で評価した。フェイスシールドを眼窩部(O領域)、眼窩周辺部(P領域)、およびマスク部(M領域)の3領域に区分した。視覚的検査では、フェイスシールドの50.5%(303/600)に血液のはね返り汚染が検出されたが、ロイコマラカイトグリーンによる染色法では66.0%(396/600)に血液汚染が検出された。O領域では36.6%(220/600)、P領域では37.8%(227/600)、M領域では57.0%(342/600)に血液汚染がみられた。手術室スタッフ別にみると、血液のはね返りの発生率は執刀医が83.5%(167/200)で最も高く、第一助手の68.5%(137/200)、手術室看護師の46.0%(92/200)がこれに続いた。専門科別では、心臓外科の発生率が75.3%(113/150)で最も高リスクであり、神経外科の69.3%(104/150)、消化器外科の60.0%(90/150)、整形外科の60.0%(90/150)がこれに続いた。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
HCVは結膜感染の事例もあるため、目の保護は職業感染予防策の観点から重要である。古典的な手法であるが、現実を知る上ではためになる論文である。

心臓胸部手術における2つの手術時手指消毒法の使用時の微生物学的比較:擦式法とスクラブ法

An in-use microbiological comparison of two surgical hand disinfection techniques in cardiothoracic surgery: hand rubbing versus hand scrubbing

C. Carro*, L. Camilleri, O. Traore, L. Badrikian, B. Legault, K. Azarnoush, C. Duale, C. De Riberolles
*Gabriel Montpied University Hospital, France

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 62-66


心臓手術後の手術部位感染は合併症発生率および死亡率を増加させる。手術前の手指消毒の方法が感染リスクに影響を及ぼす可能性がある。本研究では、2003年2月から4月まで、擦式法とスクラブ法の微生物学的有効性を比較した。外科チームで擦式法とスクラブ法を2週ごとに交互に使用した。手指消毒前、直後、手術中の2時間ごと、および手術終了時に指先の押し当てによりサンプルを採取した。擦式法の受容性を質問票により評価した。外科手術の平均時間は、スクラブ法群259±68分、擦式法群244±69分であった(P=0.43)。手指消毒直後の細菌数は両群で同等であったが、手術終了時は擦式法群で有意に少なかった。2時間後、4時間後、および手術終了時に採取したサンプルの陰性率には、両群で差は認められなかった。手指消毒直後、手術中の2時間後と4時間後、および手術終了時の皮膚細菌叢の減少は擦式法群が優れていたが、その差は統計学的に有意ではなかった。手術前に、アルコール溶剤による擦式法に先行して、弱中性石けんによる手洗を実施した場合の手指細菌数の減少効果は、スクラブ法と同等である。これにより、手指消毒直後および長時間の心臓胸部外科手術終了時のいずれも細菌数が減少した。擦式法の受容性は優れており、従来のスクラブ法プロトコールの有効な代替手段と考えられる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
わが国でのアルコール系手指衛生剤を用いた外科手術時手指衛生法の導入が進んでおり、こうした術式別の論文は、手指衛生法を変更する際の参考になる。これら論文の評価を行う際には処置手順の内容まで具体的に読んで解釈をする必要がある。

0.05%クロルヘキシジンへの短時間の曝露は非変形性関節症患者の軟骨代謝を障害しない

Brief exposure of 0.05% chlorhexidine does not impair non-osteoarthritic human cartilage metabolism

A.J. Best*, M.F. Nixon, G.J.S. Taylor
*Glenfield Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 67-71


0.05%クロルヘキシジンによるジェット洗浄は、1分間で99%の細菌を除去または死滅させる有効な創傷汚染除去法である。濃度0.05%以上または長時間のクロルヘキシジンへの曝露後に軟骨融解が生じるという報告があることから、整形外科の臨床ではクロルヘキシジンの使用が制限されている。本研究では、放射線標識した硫黄の取り込みを用いて軟骨代謝を測定することにより、変形性関節症患者および非変形性関節症患者の軟骨に対する0.05%クロルヘキシジンの1分間および1時間の曝露のin-vitroの影響を定量的に評価した。非変形性関節症患者の軟骨代謝は、0.05%クロルヘキシジンへの1分間の曝露によって有意な影響を受けなかったが、変形性関節症患者の軟骨代謝は顕著に障害された。1時間の長時間曝露では、いずれの軟骨にも顕著な影響が認められた。これらの結果は、変形性関節症の徴候のない患者の汚染された関節の開放創の汚染除去には、0.05%クロルヘキシジンが有用である可能性を示唆するものである。しかし、報告されているクロルヘキシジン使用後の軟骨融解の発生メカニズムがさらに明らかになるまでは、クロルヘキシジンは「清潔な」関節軟骨の洗浄に推奨できない。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
化学物質の軟骨組織への影響に関しての論文である。わが国ではクロルヘキシジンの粘膜面への使用が禁忌となっているが。日本ではクロルヘキシジンの軟骨組織への影響に関する認知はほとんどないと考えられる。示唆に富む論文である。

内科集中治療室における患者の緑膿菌保菌に対する水道水の関与

Contribution of tap water to patient colonization with Pseudomonas aeruginosa in a medical
intensive care unit

A.-M. Rogues*, H. Boulestreau, A. Lasheras, A. Boyer, D. Gruson, C. Merle, Y. Castaing, C.M. Bebear, J.-P. Gachie
*Universite Victor Segalen Bordeaux 2, France

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 72-78


本研究では、内科集中治療室の緑膿菌の感染源として、水道水を調査した。著者らは、16床の内科集中治療室で6カ月間にわたり、患者、水道水、および医療従事者の手指の検体を前向きにスクリーニングした。緑膿菌株の分子レベルの関連性をパルスフィールド・ゲル電気泳動法で調べた。合計657の水道水サンプルを39の蛇口から採取し、医療従事者の127の手指からサンプルを採取した。緑膿菌は、患者の集中治療室で採取した484の水道水サンプルの11.4%、その他の189の水道水サンプルの5.3%から検出され(P<0.01)、患者38例から分離された。血清型が重複していない73分離株(水サンプル、医療従事者の手指、および患者)に、32の主要なDNAパターンが認められた。21の蛇口のうち11(52.4%)は患者由来菌株に汚染されていたが、9例は当該患者が入室した集中治療室の水道水から分離される以前に、2例は隣接の部屋の水道水から分離される以前に患者から検出されていた。医療従事者の手指から分離された7つの緑膿菌株から得られた遺伝子型は、6例では彼らが最後に接触した患者由来のものと同一であり、7例目は最後に使用した水道水サンプルによるものであった。患者の緑膿菌保菌は、半数以上が水道水または交差伝播で生じた。患者の緑膿菌保菌は、水道水への定着の原因であるとともに、それによって引き起こされるものでもあった。これらの結果から、水道水汚染の管理をいかに行うべきかという研究の必要性が強調される。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
生活環境に生息する緑膿菌、ことに水道関連との関係を分子疫学的に検討した論文である。院内生活環境には必ずシュードモナス属が検出され、これらは一般的に多様性に富む。従って鶏か卵かの水掛け論になりかねないが、施設内アウトブレイクのある際にはこうした生活環境の検査ならびに整備を行うことになる。同時に、症例対象研究なども地道におこないオッズ比からリスク要因を見いだし検討を加える必要もある。

新生児集中治療室におけるHalomonas phocaeensis sp. nov.による菌血症のアウトブレイク

An outbreak of Halomonas phocaeensis sp. nov. bacteraemia in a neonatal intensive care unit

P. Berger*, F. Barguellil, D. Raoult, M. Drancourt
Universite de la Mediterranee, France

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 79-85


チュニジアのチュニスにある新生児集中治療施設で、6例の新生児の血液培養から未同定の好気性グラム陰性桿菌が回収された。16S rRNAの遺伝子配列決定により、これらはHalomonas属に属し、最も近い近縁種の配列との相同性は97%未満であることが明らかになった。これらの細菌に固有の表現型の特徴が認められたことから新種であることが示され、Halomonas phocaeensis sp. nov.という菌名が提案された。症例対照研究および条件つきロジスティック回帰分析により、新鮮凍結血漿の投与が、H. phocaeensis菌血症発症の唯一の独立危険因子であることが示唆された。観察研究により、新鮮凍結血漿を水槽で加温したことが示された。本稿はH. phocaeensis菌血症の院内アウトブレイクの初めての報告であり、医療現場の不十分な水の衛生管理に関連する感染リスクについて述べる。

サマリー 原文(英語)はこちら

泌尿器科病棟におけるC型肝炎の院内アウトブレイクの臨床経過と転帰

Clinical course and outcome of a nosocomial outbreak of hepatitis C in a urology ward

L.M. Pekova*, P. Teocharov, A. Sakarev
*Trakia University, Bulgaria

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 86-91


本稿では、ブルガリアのスタラ・ザゴラの病院で泌尿器科の男性患者6例がC型肝炎ウイルス(HCV)に感染した院内アウトブレイクの臨床経過と転帰についての前向き研究を報告する。これらの患者は泌尿器科病棟の入院歴があり、全員が入院中に静注による治療を受けていた。約3週間後に6例全員が急性肝炎で感染症病棟に収容されたが、これはHCV遺伝子型1bに起因することが判明した。入院第1週目にPCRにより確定診断がなされた。感染患者を診断後30カ月間追跡し、患者に接触した可能性がある54名を曝露後6カ月間追跡した。4例の患者は完全に回復したが、1例は慢性HCV感染症を発症し、1例は死亡した。死亡例には、B型肝炎ウイルスとの同時感染による肝硬変がすでに存在していた。本調査で、同時期に同じ病棟に入院していた慢性C型肝炎患者が初発症例であることが確認された。最も可能性が高い伝播経路は、共用の注射器による静注ヘパリンフラッシュであった。一般的には、急性HCV感染は多くの場合慢性化すると考えられているが、本調査の30カ月間で観察された慢性化例は1例のみであった。

サマリー 原文(英語)はこちら

サイト内検索

Loading

アーカイブ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.