JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

オーストラリアの3病院におけるアシネトバクター属菌の経時的研究

A longitudinal study of Acinetobacter in three Australian hospitals

C. Marshall*, M. Richards, J. Black, V. Sinickas, C. Dendle, T. Korman, D. Spelman
*Royal Melbourne Hospital, Australia

Journal of Hospital Infection (2007) 67, 245-252


アシネトバクター属菌は、特に抗菌薬耐性の増加により、近年では院内感染病原体として著しく増加している。この研究の目的は、メルボルンの3病院のアシネトバクター陽性率と抗菌薬感受性の変動を記述することである。著者らは5年間の微生物学検査記録を後向きにレビューした。四半期ごとに10,000退院あたりでアシネトバクター臨床分離株が新規に同定された患者数を算出した。その他に収集した情報は、抗菌薬感受性パターン、患者年齢、性別、入院日数、および病棟の種類[集中治療室(ICU)または非ICU]である。同定率は2病院で大幅に上昇したが、3番目の病院では大幅な上昇はみられなかった。1病院では、同定数の増加は抗菌薬耐性と関連していた。初回分離株のほとんどは、患者のICU在室中に同定されていた。呼吸器検体からの分離株が最多であったが、血液由来の比率も極めて高かった。この研究はメルボルンの2病院でアシネトバクター属菌が院内感染病原体として定着したことを述べるとともに、将来への警鐘を鳴らすものである。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
わが国では多剤耐性緑膿菌(multi-drug-resistant P. aeruginosa;MDRP)が注目されているが、高度耐性アシネトバクターにも注意を払っておく必要がある。アシネトバクターも緑膿菌と同じくグルコース非発酵グラム陰性桿菌であり、容易に薬剤耐性を獲得するなど、共通点が少なくない。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Hospital Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.