JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

集中治療室における基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生大腸菌およびKlebsiella属菌による血流感染の危険因子の評価:抗菌薬の管理および臨床転帰

Evaluation of risk factors for the acquisition of bloodstream infections with extended-spectrum β-lactamase-producing Escherichia coli and Klebsiella species in the intensive care unit: antibiotic management and clinical outcome

R.J. Cordery*, C.H. Roberts, S.J. Cooper, G. Bellinghan, N. Shetty
*University College London Hospitals, UK

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 108-115


集中治療室(ICU)における基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生菌感染の危険因子、および感染後の臨床転帰を検討している比較対照試験は、極めて少ない。本研究の目的は、ICUにおけるESBL産生菌獲得の危険因子を明らかにし、重症度および即時の適切な抗菌薬投与の有無で補正したESBLおよび非ESBL血流感染患者の死亡率を比較することである。2004年3月から2006年5月に、ICUで後向きコホート研究を実施した。ICUのESBL産生大腸菌またはKlebsiella属菌による全血流感染成人患者16例を症例とし、ICUの非ESBL産生大腸菌またはKlebsiella属菌による血流感染患者39例を対照とした。疾患の重症度は、APACHE(Acute Physiology and Chronic Health Evaluation)およびSOFA(Sequential Organ Failure Assessment)スコアで測定した。転帰は退院またはすべての原因による死亡として記録した。個々の危険因子とESBL産生菌との間には統計学的に有意な関連は示されなかったが、症例患者では適切な治療の遅延が多く(OR 9.17、95%CI 2.00~42.20、P=0.0005)、生存推定値からは早期(感染後25日未満)の死亡率の有意な増加が示された(死亡のOR 3.93、95%CI 1.05~14.63、P=0.03)。ICUの死亡率は、疾患の重症度および適切な抗菌薬投与で補正しても有意であるが、この結果は症例が少数のため(2年で16例)、慎重に扱う必要がある。著者らは、ICUのリスクのある全患者に対して、感染の疑いを強くもつこと、早期に適切な治療を行うこと、および感染管理を厳密に遵守することが必要であると考える。


サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
本論文も含め、本号には複数のESBL産生菌感染のリスク因子解析に関連する論文が掲載されている。手法の違いはあれ、結論はほぼ同様であり、基本的な事項である「感染症の早期かつ適切な診断治療」の重要性を改めて感じさせられる。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Hospital Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.