JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

銅およびスチール上のClostridium difficileの生存:病院衛生に対する将来の選択肢

Survival of Clostridium difficile on copper and steel: futuristic options for hospital hygiene

L. Weaver*, H.T. Michels, C.W. Keevil
*University of Southampton, UK

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 145-151


クロストリジウム・ディフィシール(Clostridium difficile)は、糞便中の病原体による汚染手指から接触面への伝播などにより、世界中で院内感染症の主要な原因に急速になりつつある。そこで本研究では、医療施設でよく用いられる接触面であるステンレススチール上のC. difficileの栄養型および芽胞の生存を評価し、5種類の銅合金(銅含有量65~100%)と比較した。C. difficileは増殖に長時間の培養を要するため、全菌数および生存菌数を蛍光二重染色法で推計した。生存評価には、代謝活性測定のために酸化還元色素である5-シアノ-2,3-ジトリルテトラゾリウム(CTC)を用いた。試験結果から、銅含有量が70%を超える銅合金上のC. difficileの栄養型および芽胞の生存率は、ステンレススチールと比較して有意に低下することが示された。銅合金上では24~48時間後に芽胞の死滅が認められたのに対して、ステンレススチール上では168時間後でも有意な死菌率は認められなかった。CTCを使用したデータは、培養と同様の結果が得られ、培養よりも迅速(8時間)な生存分析が可能であった。この結果は、病院やその他の医療施設で銅合金を使用することにより、汚染表面からのC. difficileの伝播が減少する可能性があることを示している。


サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
銀と同じく、調理用器具に銅製が多いひとつの理由がここにある。銀に比べてコストも安く、比較的容易に導入されていくものと思われる。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.