JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

患者ケアにおける手指衛生遵守の改善のための介入★★

Interventions to improve hand hygiene compliance in patient care

D.J. Gould*, N.S. Drey, D. Moralejo, J. Grimshaw, J. Chudleigh
*City University, UK

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 193-202


医療関連感染は罹患および死亡の主な原因の1つである。その予防には手指衛生が最も効果的な方法とされているが、医療従事者による実践は不十分である。この報告は、短期的および長期的な手指衛生遵守の改善のための介入の効果を検討した研究を特定して、手指衛生遵守の改善の成功と、その後の医療関連感染発生率への影響を評価したシステマティックレビューである。コクランEPOC(Cochrane Effective Practice and Organisation of Care Group)レビューで採用されている選択基準を用いて、研究論文48件と学位論文1件を特定したが、厳密な選択基準を満たしたのは2件のみであった。全体的に研究は小規模で対照比較が不十分であり、追跡調査データの収集が早期に中断されているために長期的な効果が確認できていない。さらに、観察された変化が介入に基づくものであるとするには、デザインの頑健性が不十分であった。これらの研究では理論的な焦点が欠如しており、介入の詳細、管理プロセスの変更、または介入の成功や失敗の説明のために必要となる施設の状況の詳細な情報が十分に記述されているものはほとんどなかった。このレビューの結論として、手指衛生遵守の向上のための介入の影響を評価する最も厳格なアプローチは断続的な時系列的研究であると考える。このような研究デザインでは、医療関連感染の新規症例数を評価項目とすべきであり、データ収集には季節性の変動を考慮して、介入の12カ月以上前および後の時点に行うべきである。また、経年変化の影響を考慮するためには、国および地域レベルの背景因子を慎重に提示する必要がある。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
手指衛生遵守に関して最も有名な論文はジュネーブ大学から発表された“Pittet D, Hugonnet S, Mourouga P, et al. Effectiveness of a hospital-wide programme to improve compliance with hand hygiene. Lancet 2000;356:1307-1312”であるが、コクランEPOCレビューの基準を満たすのは“Gould DJ, Chamberlain A. The use of a ward-based educational package to enhance nurses’ compliance with infection control procedures. J Clin Nurs 1997;6:55-67”と“Huang J, Jiang D, Wang X. Changing knowledge, behavior and practice related to universal precautions among hospital nurses in China. J Contin Educ Nurs 2002;35:217-224”の2論文のみであるとされた。
手指衛生が最も有効で基本的な感染対策の手段であることは疑う余地がないと信じたいが、実際には科学的な観点からエビデンスを確立するのは困難であると認めざるを得ない。ま、フナ釣りが上手い釣り人こそが名人である。

中心静脈カテーテル由来血流感染の日和見病原体としてのRhizobium radiobacter:症例報告および文献レビュー

Rhizobium radiobacter as an opportunistic pathogen in central venous catheter-associated bloodstream infection: case report and review

C.-Y. Chen*, K.S. Hansen, L.K. Hansen
*Legacy Good Samaritan and Emanuel Hospitals and Northwest Marrow Transplant Program, Oregon, USA

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 203-207


リゾビウム・ラディオバクター(Rhizobium radiobacter)は、土壌中に存在するまれな日和見病原体(平素無害病原体)であり、とくに易感染性患者の血管内留置器材に関連する。この論文では、自己造血幹細胞移植のための貯血に際して R. radiobacter 菌血症を発症した多発性骨髄腫の症例について報告する。後向き研究の結果、化学療法および自己幹細胞貯血用のためのアクセスとして中心静脈カテーテルを留置した後に土壌への曝露があったことが判明した。本稿は土壌への曝露によってカテーテルへ細菌が定着したと考えられる R. radiobacter 菌血症症例の初の報告である。さらに、R. radiobacter によるカテーテル由来感染に対する予防および治療の推奨策を明らかにするために文献をレビューした。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
中心静脈カテーテル挿入患者は土いじりをしないように指導しましょう。

三次医療施設でのUSA300型MRSAクローンの出現:疫学研究の意義

Emergence of USA300MRSA in a tertiary medical centre: implications for epidemiological studies

M. Patel*, K.B. Waites, C.J. Hoesley, A.M. Stamm, K.C. Canupp, S.A. Moser
*University of Alabama at Birmingham, Alabama, USA

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 208-213


市中関連型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(CA-MRSA)は、特に皮膚軟部組織感染(SSTI)のアウトブレイクの主要な病原体となっている。2004年に著者らの施設で実施した予備的研究では、入院患者および外来患者由来MRSA分離株のうち、それぞれ45%、70%がUSA300遺伝子型であった。この報告では、パルスフィールド・ゲル電気泳動法(PFGE)を用いた後向き解析により、USA300型CA-MRSAが市中から入院患者集団に伝播した時期の判定を行った。2000年から2004年の5年間にわたって、外科系と内科系の集中治療室(ICU)入室患者、一般病棟入院患者、および外来患者から分離した特定のMRSA株(253株)を対象とした。2000年から2003年のすべての集団で高頻度に検出されたPFGEパターンは、USA100型、USA200型、およびUSA600型であった。USA300型は2000年から2003年には、いずれの入院患者からも検出されず、外来患者で散発的に検出されたのみであった。しかし2004年には、USA300型株は外来患者および入院患者の両方で出現した。ICUと一般病棟の入室患者間にUSA300型の分布の相違は認められなかった。CA-MRSAの出現により、著者らの施設の医療関連感染由来MRSA株の疫学的様相に変化が生じた。このような変化は入院患者におけるMRSA伝播の判定にPFGEを使用することに影響を及ぼしている。より病原性の強い表現型を有するCA-MRSAの入院患者集団での伝播を監視するために、さらに判定能力が高いタイピング法が必要かどうかを判定するには、これらのデータをこのような感染の疫学的視点からより深く評価する必要がある。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
米合衆国では市中関連型MRSA(CA-MRSA)が病院内にも入り込んでいる。ちなみに米国でいうCA-MRSAとは、この論文にあるように、パルスフィールド・ゲル電気泳動法(PFGE)パターンがUSA300型、パントン・バレンタイン・ロイコシジン(PVL)陽性、耐性遺伝子がSCCmec type IVという特徴を有する特別なMRSAであり、単に病院からあふれ出て市中で認められるMRSAというわけではない。なお、PFGEに代わるMRSAの遺伝子型解析にはmultiple-locus variable-number tandem repeat assay(MLVA)解析やプラスミド分析などがある。

高リスク新生児における医療関連感染発生率:極低出生体重児に関するドイツのサーベイランスシステムの結果

Incidence of healthcare-associated infections in high-risk neonates: results from the German surveillance system for very-low-birthweight infants

C. Geffers*, S. Baerwolff, F. Schwab, P. Gastmeier
*National Reference Center for Surveillance of Nosocomial Infections, Germany

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 214-221


出生体重が1,500 g未満の乳児(極低出生体重児)では、医療関連感染のリスクが高い。この研究では、2000年から2005年にドイツの52の新生児科で収集したNEO-KISSサーベイランスシステムからのサーベイランスデータを示す。乳児を2種類の出産体重分類(1,000 g未満および1,000 gから1,499 g)で層別化して、病院内血流感染、病院肺炎、および壊死性腸炎の発生率を算出した。示したデータは、極低出生体重児8,677例、延べ339,972患者・日を対象とする。血流感染発生率は、1,000患者・日あたり6.5件(出生体重分類別では8.5および4.0件)であった。中心静脈カテーテル(CVC)関連血流感染発生率は1,000 CVC・日あたり11.1件、末梢静脈カテーテル(PVC)関連血流感染発生率は1,000 PVC・日あたり7.8件であった。肺炎発生率は1,000患者・日あたり0.9件(出生体重分類別では1.3および0.4件)であった。挿管患者における肺炎発生率は1,000人工呼吸器・日あたり2.7件であったが、経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)を実施している患者の肺炎発生率は1,000 CPAP・日あたり1.0件であった。壊死性腸炎の発生率は1,000患者・日あたり0.9件(出生体重分類別では1.1および0.6件)であった。医療関連感染は極低出生体重児で頻度が高く、新生児科ごとのばらつきが大きかった。これらの乳児の感染を減少させるための予防戦略を優先的に実施すべきである。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
極低出生体重児の医療関連感染対策は極めて重要な課題である。新生児医療の発展に対応することが出来る感染対策でありたいと考えているが、一方では、感染対策の充実こそが新生児医療の発展に繋がる。

医療従事者の手指衛生行動に関する観察方法の開発:手指衛生観察手法(HHOT)

Development of an observational measure of healthcare worker hand-hygiene behaviour: the hand-hygiene observation tool (HHOT)

J. McAteer*, S. Stone, C. Fuller, A. Charlett, B. Cookson, R. Slade, S. Michie, and the NOSEC/FIT group
*University College London, UK

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 222-229


医療従事者の手指衛生行動に関する従来の観察方法では、適切な標準作業手順、評価者間の一致に関する検証の説明、あるいは変化の検出感度のエビデンスを提示できなかった。この研究はこのような問題を解決するための観察法の開発について報告する。臨床ガイドライン、従来の観察法、および予備的な手指衛生行動評価を参考として、観察カテゴリーを系統的に作成した。この方法はGeneva法を簡便化したものであり、手指衛生行動評価(低リスクの接触、高リスクの接触、または間接的な観察による接触のそれぞれの前後)、手指衛生行動(石けんによる手洗い、擦式アルコール製剤による手洗い、手洗いの不履行、不明)、および医療従事者の職種のカテゴリーから構成されている。カテゴリーごとの観察者間一致率を、独立した2名の観察者が、高齢者急性期治療室および集中治療室の298件の手指衛生行動評価および手指衛生行動の観察によって評価した。未補正の一致率(%)およびκ統計量は、手指衛生行動で77%、0.68、手指衛生行動評価で83%、0.77、医療従事者で90%、0.77であった。医療従事者群の全遵守の観察者間一致率は、独立した観察者のペア2組が、1,191件の手指衛生行動評価と手指衛生行動の観察によって評価した。全一致率は良好であった(級内相関係数0.79)。集中治療室におけるアシネトバクター・バウマニアイ(Acinetobacter baumannii)のアウトブレイクとその後の感染管理対策の強化期間において、8カ月間の縦断的な観察から自己回帰時系列モデルに基いて、変化の検出感度を検討した。遵守率は80%から98%に上昇して、遵守率上昇のオッズ比が7.00(95%信頼区間 4.02~12.2、P<0.001)であったことから、変化の検出感度が示された。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
手指衛生の遵守に関する科学的な根拠の作成は難しい。まずは観察方法の確立からであるが、観察者を確保しなければならない方法論では国内での応用が難しいかもしれない。

肝胆膵癌手術後の血糖コントロール不良により手術部位感染が増加する:手術件数の多い日本の医療施設における前向き研究

Poor postoperative blood glucose control increases surgical site infections after surgery for hepato-biliary-pancreatic cancer: a prospective study in a high-volume institute in Japan

S. Ambiru*, A. Kato, F. Kimura, H. Shimizu, H. Yoshidome, M. Otsuka, M. Miyazaki
*Chiba University Hospital, Japan

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 230-233


肝胆膵領域手術の待機患者連続265例の手術部位感染(SSI)について前向きに観察した。手術部位感染率は肝胆膵手術の種類により異なっていた。多変量解析により、腸管吻合術、術後の血糖コントロール不良、および癌の種類が独立した危険因子であると判定された。手術部位感染率は、術後期間中に発現した高血糖の程度と直接的な相関があった。特に、インスリン注入療法により血糖値が200 mg/dL未満に維持されていた患者の手術部位感染率は5/25(20%)であり、インスリン注入療法を行っているにもかかわらず血糖値が200 mg/dL未満に維持されていなかった患者の感染率 49/94(52%)より有意に良好であった(P<0.01)。手術部位感染率を低下させるためには、術後の血糖値を200 mg/dL未満に維持する必要がある。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
SSI 予防の観点からも周術期における血糖値コントロールは極めて重要である。

院内感染の全国的な有病率:2004年のキューバでの調査

National Prevalence of Nosocomial Infections: Cuba 2004

F. Izquierdo-Cubas*, A. Zambrano, I. Frometa, A. Gutierrez, M. Bastanzuri, H. Guanche, D. Rodriguez
*Hermanos Ameijeiras Hospital, Cuba

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 234-240


1983年、キューバは継続的なサーベイランスシステムとして最初の院内感染の制御および予防に関する国家プログラム(Nosocomial Infection Control and Prevention National Program)を制定した。1997年、著者らはキューバ国内の知見と国際的な成績を比較するために、最初の院内感染有病率調査を実施した。2004年5月24~29日に、無作為化デザインにより2回目の有病率調査を実施した。全院内感染率は7.3%(4,240例中284例、95%信頼区間5.9~7.4)であり、1件以上の院内感染が認められた患者は6.7%であった。集中治療室、中等症治療室、および熱傷治療室で高い感染率が認められた。最も頻度の高い院内感染は手術部位感染であったのに対し、尿路感染は少数にとどまった。感染の約53%から微生物培養結果が得られ、分離頻度が高い病原体は黄色ブドウ球菌およびシュードモナス(Pseudomonas)属菌であった。セファロスポリン系およびアミノグリコシド系抗菌薬が、院内感染の治療に最も多く使用されていた。キューバ国内の調査で認められた院内感染の危険因子は、国際的な報告と同様であった。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
ラテン系諸国でも最近、サーベイランスの実施に関する動きがある。近隣する諸国でのサーベイランスデータをもとに、社会事情を加味して自国の問題点を見いだすことは有効な手段である。

医療従事者はどう考えているのか? 顔面保護具の使用者の好みの調査

What do healthcare workers think? A survey of facial protection equipment user preferences

E. Bryce*, L. Forrester, S. Scharf, M. Eshghpour
*Vancouver Coastal Health, Canada

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 241-247


医療従事者の自己報告による顔面保護具の選択、使用の好み、およびコンプライアンスに関する知識のデータは限られている。約7,000名の医療従事者を雇用する700床の成人三次病院で、顔面保護具の使用に関する質問票調査を行った。N95マスクの使用者が多い臨床部門(集中治療室、救急治療室、呼吸器科、および内科)を調査対象とした。呼吸療法士にも質問票への回答を依頼した。合計137件(68.5%)の質問票を回収した。顔面保護具の使用に関するトレーニングについての回答は、大半(72.8%)が「十分である(sufficient)」から「優れている(excellent)」であった。使用頻度はPFR95および3M 1860 Cone型マスクが最も高く(56%)、次いで3M 1870 Pocket型マスク(42%)が高かった。95%がフィット・テストを行っていると報告したが、毎年テストを実施しているとしたのは60%のみであった。PFR95使用数は、本製品のフィット・テストを行った医療従事者数を超えていた。全体の快適性およびコンプライアンスのスコアは、呼吸保護具でそれぞれ13.6/20と21.5/25、アイプロテクターで7.7/10と18.5/25であった。呼吸保護具またはアイプロテクターのいずれも、快適性と使用年数との関連は認められなかった。今回の結果は、個人用保護具の効果が損なわれ、医療従事者の安全が危険にさらされる可能性があることを示すとともに、職場でのコンプライアンスは通常、研究対象となった場合よりも低いという既存の観察結果を支持している。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
呼吸器防護具の装着に関して、より水準の高い器具ほど十分な管理・取り扱いがなされていない状況にある。トレーニングの徹底とそれに基づく確かな運用が本来の器具の特性を十分に生かす上では必須であるが、多忙な医療従事者にとってこうした習熟の機会が十分に得られないことが、わが国でも課題である。

過酸化化合物の新規殺微生物剤のin-vitroでの殺微生物活性および毒性の評価:過酸化2-ブタノン

Evaluation of the in-vitro cidal activity and toxicity of a novel peroxygen biocide: 2-tubanone peroxide

J. Garcia-de-Lomas*, M. Lerma, L. Cebrian, E. Esteban, M.-J.Gimenez, L. Aguilar, V. Dominguez, J.J. Randez
*University of Valencia, Spain

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 248-254


過酸化2-ブタノン(2-butanone peroxide)のモノマー分子は、病院環境で殺微生物剤としての使用が見込まれる新規過酸化化合物誘導体である。本研究の目的は、欧州規格(European Standard;EN)ガイドラインに従い、細菌、抗酸菌、芽胞、真菌、およびウイルスの11種の異なる微生物のAmerican Tissue Culture Collection(ATCC)株に対する、本化合物の濃度別殺微生物活性を調べることである。米国環境保護局の基準(United States Environmental Protection Agency[EPA]Standards)に従い、毒性試験も実施した。室温で5分間の接触後に殺微生物活性を示した過酸化2-ブタノン濃度は、レジオネラ・ニューモフィラ(Legionella pneumophila)に対しては0.12%、大腸菌、緑膿菌、およびエンテロコッカス・ヒラエ(Enterococcus hirae)0.5%、黄色ブドウ球菌1%であった。抗酸菌に対する殺菌活性は0.5%の濃度で20℃、60分間接触後に、芽胞に対する殺菌活性は4%で40℃、60分間接触後に得られた。真菌(酵母、糸状菌)およびウイルス(アデノウイルス、ポリオウイルス)に対する十分な殺微生物活性は、0.5%で60分間接触後に得られた。毒性評価については、急性皮膚刺激試験、急性眼刺激試験、および急性経口毒性試験の結果は陰性であった。皮膚感作試験は陰性であった。毒性試験での安全性プロファイル、および試験株に対する基本的な殺微生物活性から、病院感染管理に過酸化2-ブタノンを使用することが推奨される。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
新規化学物質の検証を行う際には、消毒薬・殺菌剤としての役割以外にも数多くの検討がなされるべきである。新規化学物質の導入はかなり慎重に検討する必要がある。一方で、国内ではこうした新規化学物質の導入にあまりに神経質なため、欧米諸国とのギャップも大きくなっている。

抗酸菌と同種心臓弁バンク:多国間調査

Mycobacteria and allograft heart valve banking: an international survey

R.M. Warwick*, J.G. Magee, J.P. Leeming, J.C. Graham, M.M. Hannan, M. Chadwick, D.W. Crook, C.P. Yearsley, A. Rayner, R. Parker
*NHS Blood and Transplant Tissue Services, UK

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 255-261


1970年代以降、多くの組織バンクが同種心臓弁でヒト型結核菌の検査を行っている。1980年代に結核リスクが低いドナーの選択法が導入され、結核感染リスクが減少しているようである。規制指針(regulatory guidance)には結核検査に関する規定はないが、最近の結核歴を有するドナーは除外している。国際的な心臓弁バンクが実施した調査により、ドナー選択および心臓弁の検査と処理にばらつきがあることが明らかになった。調査対象のバンク(欧州および米国)の報告によると、15年間でドナー38,413例から心臓弁組織が提供され、そのうちドナー32,289例に結核検査を実施したが、陽性例はなかった。ドナー27,840例の心臓弁組織を染色し、顕微鏡検査を実施したが、抗酸性桿菌陽性例はなかった。非結核性抗酸菌は心臓弁24個の培養で検出された。非結核性抗酸菌のクラスターが検出された場合は、是正措置および予防措置を促進するために、心臓弁バンクがドナー選択に際して結核リスクを有するドナーの除外、検体の抗酸菌培養、および発生源の調査を行うことを推奨する。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
臓器移植と感染症というと、硬膜製品のライオデュラがクロイツフェルト・ヤコブ病で有名である。心臓弁と抗酸菌の関係はあまり知られていない。本論文により、非結核性抗酸菌が一定の割合で検出されていることがわかり、驚きである。

アデノウイルスによる環境汚染を伴う流行性角結膜炎の院内アウトブレイク

Nosocomial outbreak of epidemic keratoconjunctivitis accompanying environmental contamination with adenoviruses

N. Hamada*, K. Gotoh, K. Hara, J. Iwahashi, Y. Imamura, S. Nakamura, C. Taguchi, M. Sugita, R. Yamakawa, Y. Etoh, N. Sera, T. Ishibashi, K.Chijiwa, H. Watanabe
*Kurume University School of Medicine, Japan

Journal of Hospital Infection (2008) 68, 262-268


久留米大学病院眼科で患者27例に急性角結膜炎のアウトブレイクが発生した。入院患者4例、外来患者1例、および医療従事者1例からアデノウイルスDNAが検出された。sequence-based typing法によるアデノウイルスDNAタイピングでは、入院患者1例は血清型3、それ以外は血清型37を示した。アウトブレイク後期でも、徹底的な環境消毒および種々の感染制御対策の強化にもかかわらず、大半の院内機器や通常使用される点眼薬から37型および/または3型アデノウイルスDNAが検出された。環境スワブからのアデノウイルスDNA検出率は81%であった。2回目の環境消毒により、アデノウイルスDNA検出率は38%に低下した。院内機器の清掃を強化し、患者ごとに使い捨て点眼薬を導入するとともに、眼科病棟および外来診察室を閉鎖した後、アウトブレイクは終息した。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
アデノウイルスによる環境汚染とその対策の教訓的事例である。交叉感染を減らすために、日常的に点眼薬を共有しないなどの基本的衛生管理の徹底が肝要であろう。また、トノメータや眼帯の取り扱いなどを含めた総合的な対策が重要である。

サイト内検索

Loading

アーカイブ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.