JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

表面におけるエンベロープウイルスおよび非エンベロープウイルスの生存と他の微生物との比較、および不十分な濃度の消毒薬への曝露の影響

Survival of enveloped and non-enveloped viruses on surfaces compared with other micro-organisms and impact of suboptimal disinfectant exposure

R. Howie*, M.J. Alfa, K. Coombs
*University of Manitoba, Canada

Journal of Hospital Infection (2008) 69, 368-376


ポリ塩化ビニル製の試験用キャリアの表面上で、有機基質存在下または非存在下で乾燥させたエンベロープウイルスおよび非エンベロープウイルスの生存を、細菌、酵母、およびマイコバクテリアと比較した。グルタルアルデヒドおよびAccelerated Hydrogen Peroxideによる消毒の効果を検討した。非エンベロープウイルスであるレオウイルスの生存は持続し、30日後の減少係数※※は2であったのに対し、同期間のエンテロコッカス・フェカーリス(Enterococcus faecalis)の減少係数は4であった。その他の試験微生物[シンドビスウイルス、緑膿菌、マイコバクテリウム・ケロナエ(Mycobacterium chelonae)、カンジダ・アルビカンス(Candida albicans)]の生存にはばらつきがあったが、30日間にわたり生存したものはなかった。グルタルアルデヒドおよびAccelerated Hydrogen Peroxideは、製造者が推奨する高水準消毒のための希釈濃度で効果を示した。しかし、M. chelonaeのグルタルアルデヒド耐性株を除去できたのは7%Accelerated Hydrogen Peroxideのみであった。すべての試験微生物に対して生存のブレイクスルーがみられた消毒薬の濃度は、グルタルアルデヒド0.1%、Accelerated Hydrogen Peroxide 0.05%であった。これらのデータは、病原体の伝播を予防するためには、院内の効果的な洗浄および消毒が必要であることを示している。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
病原体により環境中の残存期間が異なることを明確に示した論文。知見そのものはさほど新しくはないと思われるが、消毒薬の効果とともに見ており、結果がわかりやすくなっている。

監訳者注:
Accelerated Hydrogen Peroxide:カナダのVirox Technologies社製の消毒薬。過酸化水素をベースに界面活性剤などを含む。
※※減少係数(reduction factor):log10RB-log10Tで算出される消毒薬の効果の指標。RB:消毒薬を使用しない対照群の生存微生物数、T:消毒薬処理後の生存微生物数。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.