JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

手指消毒:アルコール製剤の皮膚刺激性はどの程度か?

Hand disinfection: How irritant are alcohols?

Harald Loffler*, Gunter Kampf
*SLK-Kliniken Heilbronn GmbH, Germany

Journal of Hospital Infection (2008) 70(S1) 44-48


刺激性接触皮膚炎は医療従事者の手指に高い頻度でみられ、水および洗浄剤との接触によるものと説明されることが多い。皮膚刺激性の程度は、洗浄剤よりアルコールを使用した後のほうが有意に軽度であることが、皮膚忍容性の研究により明確に示されている。フォームローラーを用いた標準的な洗浄試験でも、洗浄剤による手洗いの直後にアルコールまたは水を使用すると、皮膚刺激性の程度が有意に減少することが示されているが、おそらくは残存する洗浄剤が洗い流されるためと考えられる。看護師の研修の早期にエビデンスに基づいた手指衛生について指導することにより、刺激性接触皮膚炎が大幅に減少し、医療従事者における一次予防を主導するようになると考えられる。手指消毒薬として一般に用いられているアルコールの刺激性はごくわずかである。皮膚が洗浄剤や水などによってすでに炎症を起こしている場合、アルコールにより灼熱感が生じることがあるが、これはアレルギー反応ではなく、それ以上皮膚を障害することはない。いままでのところ、アルコールに対する真のアレルギー反応は確認されていない。皮膚科学の視点からみると、手指衛生のためのアルコールの使用には、水と洗浄剤による手洗いに優る明確な利点がある。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
手荒れは手指衛生上最大の課題である。アルコール系手指衛生剤においても保湿剤やエモリエント、セラミドなどの手を保護する成分を含んだ製品が、わが国でも台頭している。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.