JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

オランダのある3次ケア病院におけるノロウイルス(2002年から2007年):若年小児例におけるGIIb株の頻繁な院内感染伝播および優位性

Norovirus in a Dutch tertiary care hospital (2002-2007): frequent nosocomial transmission and dominance of GIIb strains in young children

M.F.C. Beersma*, M. Schutten, H. Vennema, N.G. Hartwig, T.H.M. Mes, A.D.M.E. Osterhaus, G.J.J. van Doornum
*Erasmus Medical Center, The Netherlands

Journal of Hospital Infection (2009) 71, 199-205


5年間(2002年3月から2006年7月)の冬季に3次ケア病院の患者に発生したノロウイルス感染の後向き解析を報告する。当院におけるデータを全国サーベイランスデータと比較して、ロタウイルスのデータも同様に比較した。2002年7月から2007年6月の期間に、下痢が認められた入院患者2,458例中221例(9.0%)の便検体がノロウイルス陽性であった。小児例における発生率は(ルーチン検査を開始した)2004/2005年シーズンの入院1,000例あたり2.52例から、2006/2007年シーズンの11.9例までばらつきがあったが、成人例における発生率は一定であった(平均:入院1,000例あたり1.49例)。研究期間では2種類の遺伝子型が優勢であり、GIIb株が主に2歳半未満の小児で認められたのに対して[オッズ比(OR)14.7、P<0.0001]、GII.4株はすべての年齢群に認められた。小児例ではノロウイルスのほうが、ロタウイルスより院内感染伝播である割合が高かった(59% 対 39%、OR 2.29、P<0.01)。これらの症例の中で入院患者における22件のノロウイルス集団発生が確認された。追跡検査のための検体が入手できた53例中12例ではウイルスが長期にわたって排出されていた。この論文では、大病院における散発的なノロウイルス感染例の動態パターンとして、小児例では院内感染の頻度が高く、GIIb関連株が優勢であったことを報告する。易感染性患者における散発的ノロウイルス感染例の影響を減少させるために、効果的な予防戦略が必要である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
冬季における感染性胃腸炎ではノロウイルス感染症を念頭に置いて慎重に対応する必要がある。感染性胃腸炎の症例では環境への病原体による汚染が認められることが多く、原則的にトイレを併設した個室あるいはコホート病室への隔離管理が望ましい。患者への直接的接触を伴うケアでは標準予防策に加えて接触感染予防策の適応があり、手袋・ガウンなどの個人防護具(PPE)の使用および手指衛生の徹底が必須である。下痢症状を伴う症例では、ノロウイルスに限らず、擦式速乾性手指消毒薬の使用のみでなく、患者ケア前後における流水と石鹸による手洗いが必要である。
汚物の処理においてもPPEの着用が必要であり、吐物で環境が汚染された場合、乾燥物の浮遊から感染拡大に至る危険性があるために直ちに処理するべきである。乳幼児のケアではさらにオムツの処理があり、さらに細心な感染対策が求められる。
ドアノブや水道蛇口などのよく接触するところや共用されるトイレについては、感染性胃腸炎の症例が認められる場合、定期的に次亜塩素酸ナトリウムで処理した後に清掃するのが適当である(ただし、金属は次亜塩素酸で腐食する可能性があり、消毒の後には清拭する)。
一般的にノロウイルス感染症は症状が消失した後も約1週間は感染力があるとされる。小児例や免疫不全症例では感染性を有する期間はさらに長くなると考えるべきである。
ちなみに、ノロウイルスはGenogroup I(GI)とGenogroup II(GII)の2つの遺伝子型群に大別されて、それぞれに多様な遺伝子型と血清型を有している。冬季になるとこれらが流行を繰り返す点もインフルエンザに類似しているといえなくはない。

フィンランドのある3次ケア病院におけるノロウイルスGII.4-2006b亜型による長期間にわたったアウトブレイク★★

Prolonged norovirus outbreak in a Finnish tertiary care hospital caused by GII.4-2006b subvariants

M. Kanerva*, L. Maunula, M. Lappalainen, L. Mannonen, C.-H. von Bonsdorff, V.-J. Anttila
*Helsinki University Central Hospital, Finland

Journal of Hospital Infection (2009) 71, 206-213


病院で発生したノロウイルスのアウトブレイクは制圧が困難である。アウトブレイク制圧にはコホーティングと接触隔離、表面消毒、手指衛生が重要な要素となる。ノロウイルス新種株GII.4.-2006bは多くの大陸に拡大しており、フィンランドでも2006年11月から2007年6月にかけて前例のない長期的流行を引き起こした。この論文ではフィンランドの大規模3次ケア病院におけるノロウイルスのアウトブレイクの臨床的および分子生物学的な特徴を報告する。2006年12月から2007年5月の間にヘルシンキ大学中央病院の本館504床で患者240例(18%)と医療従事者205例(19%)が発症した。流行曲線は1月、2月、4月に3回のピークを示したが、流行が発生した病棟はそれぞれで異っていた。アウトブレイク中に患者便検体502件のノロウイルスRNA検査を行ったところ、181件(36%)が陽性であった。陽性検体48件を対象とした分子生物学的解析から3種類の主要な GII.4.-2006b亜型がそれぞれ別の病棟へ時間を追って循環していたことが判明した。微生物学検査により確認された全症例のうち121例(67%)が院内感染伝播であり、9例(5%)が診断から30日以内に死亡した。分子的解析から3種類の主要なGII.4.-2006b亜型は複数の胃腸炎患者とともに院内に侵入していたこと、病棟への拡大は流行のピークと一致することが示唆された。一時的な病棟閉鎖などの積極的制御対策により、最終的にアウトブレイクは単一の病棟内にとどまった。市中におけるアウトブレイクの長期化が、病院内のアウトブレイクが長期化した原因であったと考えられる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
前掲のBeersmaらの論文に対する監訳者コメントを参照。
インフルエンザやノロウイルスなど、感染力の強い病原体が病院内に持ち込まれることはまれではなく、病院における感染管理にあっても市中における流行状況に敏感でなければならない。

ノロウイルス院内感染制御のための数理モデル★★

Mathematical model for the control of nosocomial norovirus

J. Vanderpas*, J. Louis, M. Reynders, G. Mascart, O. Vandenberg
*Centre Hospitalier Universitaire Brugmann, Belgium

Journal of Hospital Infection (2009) 71, 214-222


長期ケア施設における胃腸炎のアウトブレイクについて、閉鎖集団[96床、発症率41%、R0(基本感染拡大率)3.74、感染拡大時間約1日、罹病期間約2日、入院期間は理論的に無限(1,000日)]における感染動態のSEIR[感受性集団(Susceptible)、曝露/潜伏期集団(Exposed/Latent phase)、感染/有感染性集団(Infected/Infectious)、回復集団(Recovered)]コンパートメントモデルを用いて分析した。患者の入退院の変動をシミュレーションして、入院期間が開放集団において胃腸炎の流行期が持続するだけの流行レベルに及ぼす影響を検討した。その他のパラメータをすべて一定と仮定して、入院期間が0.1日(通院治療)から1~2日へ延長すると、流行期(アウトブレイク発生後50日間)の有病者数は5例から18例へと明らかに増加した。有病者数は入院期間の延長とともに急激に減少して、入院期間が50日を超えると5例未満となった。結論として、ノロウイルス胃腸炎アウトブレイクによる有病者数は、病棟の患者の入退院数に大きく依存する。通常の入院期間(0.1~20日)では、有病者数の水準が高くなり、施設の入所患者集団における胃腸炎の流行が持続する。入院期間が20日を超える長期療養施設では患者の入退院数が少なく、流行が持続せずアウトブレイクが自然消滅すると予想される。急性期ケア病院でアウトブレイクが発生した場合、感染伝播の連鎖を断つため、病棟閉鎖などの感染制御対策の強化が必要である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
前掲のBeersmaら、Kanervaらの論文に対する監訳者コメントを参照。
この論文で示された数理モデルによれば、急性期ケア病棟であれば、そんなややこしい感染対策よりも病棟閉鎖のほうが有効であると結論されてしまっており、現実的なような厳しいような複雑な感想をもたなくもない。

新規の過酸化2ブタノン・n-プロパノール混合製剤のin vivo抗菌効果:市販品との比較のクロスオーバー試験

Antimicrobial efficacy in vivo of a new formulation of 2-butanone peroxide in n-propanol: comparison with commercial products in a cross-over trial

P. Rosas-Ledesma*, A. Mariscal, M. Carnero, C. Munoz-Bravo, J. Gomez-Aracena, L. Aguilar, J.J. Granizo, A. Lafuente, J. Fernandez-Crehuet
*University of Malaga, Spain

Journal of Hospital Infection (2009) 71, 223-227


細菌の感染伝播を防止するために細菌量をどの程度まで減少させる必要があるのかは不明であり、擦式手指消毒薬の使用によって細菌量を最大限に減少させることが重要である。過酸化2-ブタノンのモノマーは、病院における消毒薬としての使用が有望な過酸化化合物(peroxygen)誘導体である。この研究の目的は、培養液に手を浸漬して付着させたE. coli K12株(CECT 433)の一過性細菌叢に対する過酸化2-ブタノン含有アルコール擦式手指消毒薬の有効性を、UNE-EN-1500基準に従って5種類の消毒薬と比較して評価することである。60%イソプロパノール(対照)により、細菌量は初回付着時の106 cfu/mLから100 cfu/mL未満に減少し99.99%の減少を達成した。製品A、B、およびC(少量ビグアニジンを含む四級アンモニウム化合物含有または非含有の65%~75%アルコール溶液)により、細菌量は初回付着時から約500 cfu/mLまで有意に減少した。製品DおよびE(異なる四級アンモニウム化合物を多量に含む70%~75%のアルコール溶液、製品Eはトリクロサン含有)により、細菌量はイソプロパノールと同等に、製品A、B、Cより有意に大幅に減少した。過酸化2-ブタノン溶液含有製品は、溶液中のプロパノールが低濃度(35%)であるにもかかわらず、平均減少量は約4 log10(99.99%)で製品DおよびEと効果は同等であり、初回付着時から100 cfu/mL以下まで減少した。この過酸化化合物の新規消毒薬は、E. coliの一過性細菌叢に対して高度のin vivo殺菌活性があり、アルコール濃度の高い製品の代替品となり得る。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
手指衛生は感染対策の基本であり、頻用するべき擦式手指消毒薬の選択肢が増えることは望ましいことである。

アルコールによる術前手指消毒:アルコールの種類、使用法、および使用時間の影響

Surgical hand disinfection using alcohol: the effects of alcohol type, mode and duration of application

M. Suchomel*, G. Gnant, M. Weinlich, M. Rotter
*Medical University Vienna, Austria

Journal of Hospital Infection (2009) 71, 228-233


擦式アルコール製剤は、強力な抗菌作用、即効性、良好な皮膚忍容性、および使いやすさから、外科チームの術前手指消毒に推奨されている。EN 12791のプロトコールを用いて、1-プロパノールと2-プロパノールの混合またはエタノールをアルコール濃度(w/w)73%(プロパノール)~78.2%(エタノール)で主要有効成分として含有する3製品を、使用時間を通常の3分間ではなく1.5分間に短縮して試験した。製剤A(1-プロパノール30%と2-プロパノール45%を含有)は、短時間の使用で基準を満たしただけでなく、3分間の使用では、有意ではないもののEN 12791の対照消毒処置よりも高い有効性を示した。製剤B(1-プロパノール45%と2-プロパノール28%を含有)は必要な基準を満たしたが、製剤C(エタノール78.2%含有)は満たしていなかった(P<0.1)。この結果から、すべてではないものの一部の擦式アルコール製剤は1.5分間の使用でも基準を満たすことが明らかとなり、臨床使用に供する前のバリデーションが重要となったことが示された。製剤Aおよび1-プロパノール60%(v/v)を用いた別の研究では、前腕までを消毒処置の対象とした場合(EN 12791では規定されていないが術前手指消毒では通常の処置)でも、いずれの擦式手指消毒薬の抗菌効果も有意に抑制されないことが認められた。したがって、外科チームの手指消毒ではEN 12791の試験方法を変更する必要はない。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
EN 12791は、外科手術前の手指衛生を評価するヨーロッパ統一基準として定められており、2005年にCEN(Comite Europeen de Normalisation)(本部:ブリュッセル)で決定された。対照となる処置は3 mLの60% 1-プロパノールで手首まで3分間の使用とするもので、EN 12791では手指の残留細菌数の減少率で評価される。外科手術前手指衛生もより短時間で完了できるようになったが、さらに外科手術部位感染症への影響についても検討されるのが望ましい。

手術時手洗いにおける爪に対するブラシおよびピックの使用による細菌減少:無作為化試験★★

Brushes and picks used on nails during the surgical scrub to reduce bacteria: a randomised trial

J. Tanner*, D. Khan, S. Walsh, J. Chernova, S. Lamont, T. Laurent
*De Montfort University, UK

Journal of Hospital Infection (2009) 71, 234-238


手術時手洗いにおいて、現在はブラシは手および前腕に対して使用されていないが、爪にはまだ広く使用されている。本研究の目的は、爪ピックおよび爪ブラシが、手術時手洗いの汚染除去効果改善に有効であるかを検討することである。手術部門のスタッフ164名を、以下の3種類の手術時手洗いプロトコール、すなわちクロルヘキシジン単独、クロルヘキシジン+爪ピック、クロルヘキシジン+爪ブラシのいずれかに無作為に割り付けた。手洗いの前および1時間後にグローブジュース法変法により手指の細菌を採取した。3つの介入群の細菌数に統計学的有意差は認められなかった。手術時手洗いで爪ブラシや爪ピックを使用しても細菌数は減少せず、両方とも不要である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
手術時手洗いに関して、爪の処理に限局した検討である。爪を過度に処理すると創面になりかねない。しかし、従来のようにブラッシングしないで大丈夫なのか、という素朴な疑問に回答を導き出している。

Waterlowスコアによるクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)関連疾患発症リスクを有する患者の予測

Waterlow score to predict patients at risk of developing Clostridium difficile-associated disease

J. Tanner*, D. Khan, D. Anthony, J. Paton
*De Montfort University, Leicester, UK

Journal of Hospital Infection (2009) 71, 239-244


本研究では、患者がクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)関連疾患を発症するリスクを予測するための評価法の開発と検証について報告する。本研究は、評価法を開発すること、medical assessment unitで患者1,468例を対象として本評価法の妥当性を前向きに検証すること、および患者29,425例のデータを用いて外部で後向きに検証することの三段階からなる。第一段階では、受信者動作特性(ROC)解析により、C. difficile関連疾患に対する予測能を有するWaterlowスコアを特定した(曲線下面積0.827)。次に、medical assessment unitに入室した1,468例を対象として、Waterlowスコアを前向きに検証した。合計1,385例の患者(94%)はスコア<20、83例(6%)はスコア≧20であった。3か月の経過観察後にC. difficile関連疾患を発症したのは、低スコア群6例(0.4%)、高スコア群14例(17%)であった。C. difficile関連疾患発症のリスクを予測するWaterlowスコアの感度は70%、特異度は95%であった。外部の大規模患者データセットを対象に本スコアを後向きに検証したところ、同様の結果が得られた。Waterlowスコアは、患者のC. difficile関連疾患発症リスクを予測すると考えら、すべての症例を特定できたわけではないものの、C. difficile関連疾患の症例数が過度に多い小規模な患者群を明らかにすることができた。Waterlowスコアは、C. difficile関連疾患発症のリスクが最も高い患者群の特定に利用することができる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
受信者動作特性(ROC)解析は臨床検査領域の精度管理によく用いられる手法である。ハイリスク患者が限定できたとしても、その患者における効果的な発症予防方法が見いだされない限り、多くの患者は必要とする治療を受けている限りリスク回避することが困難である。

監訳者注:
Medical assessment unit:一般開業医などから紹介を受けた患者に対して緊急検査や初期治療を行う病院部門

中国本土各地で検出された病院感染メチシリン耐性黄色ブドウ球菌分離株における優勢なハンガリークローン(ST 239-III)

Predominance of the Hungarian clone (ST 239-III) among hospital-acquired meticillin-resistant
Staphylococcus aureus isolates recovered throughout mainland China diseas

B.L. Xu*, G. Zhang, H.F. Ye, E.J. Feil, G.R. Chen, X.M. Zhou, X.M. Zhan, S.M. Chen, W.B. Pan
*Sun Yat-sen University, People’s Republic of China

Journal of Hospital Infection (2009) 71, 245-255


Multilocus sequence typing(MLST)法のデータから、黄色ブドウ球菌の世界規模の疫学に関する多くの知見が明らかになったが、日本などの特別な例を除き、現在、アジアの大部分の国ではエビデンスが限られている。本研究では、2002年に中国本土で採取された病院感染メチシリン耐性黄色ブドウ球菌分離株132株を対象にMLST法を実施した。中国南部の広州にある3次病院1施設から102株が検出され、残りの30株は、全体で200万km2以上にわたる様々な地域の都市型3次病院6施設から検出された。データからは、中国本土全体では単一のクローン種ST 239が明らかに優勢であり、ST 239が分離株132株の97%を占めることが判明した。これらのデータは、中国各地の病院で広範にST 239が優勢であり、これはおそらくアジア大陸全域に拡大していることを示唆した、過去の試験からのわずかなエビデンスを支持するものである。ブドウ球菌カセット染色体mec(SCCmec)タイピングにより、ST 239分離株の均一性が確認され、その大多数はハンガリークローン(ST 239-III)に相当するものであった。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
大陸的な研究である。病原菌が世界伝播する疫学調査は大変興味深い。ウイルスの領域では人類の進化をたどるツールとしてウイルス遺伝学があるが、耐性菌に関しての研究はこれからである。

病室内の感染・保菌患者によるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の空気伝播

Aerial dispersal of meticillin-resistant Staphylococcus aureus in hospital rooms by infected or colonised patients

JF. Gehanno*, A. Louvel, M. Nouvellon, J-F. Caillard, M. Pestel-Caron
*Rouen University Hospital, France

Journal of Hospital Infection (2009) 71, 256-262


本研究の目的は、呼吸器にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を有する患者が、病室の空気中にMRSA生菌をどの程度排出しているかを評価することである。また、患者からの距離が汚染レベルに影響するかについて評価した。気道にMRSAの保菌または感染がある患者がいる24病室で、MRSA選択寒天培地を用いて空気サンプルを直接採取した。サンプル採取は、患者の頭部から0.5、1、2~3 mの距離で2回ずつ行った。臨床分離株と環境分離株を、抗菌薬耐性パターンおよびパルスフィールド・ゲル電気泳動により比較した。MRSA株は24室中21室で分離され、その量は1~78 cfu/m3と幅があった。21室の各室に、患者から分離された臨床分離株と同一の環境分離株が1つ以上認められた。患者の頭部からサンプル採取者までの距離別のMRSA数に有意差はなかった。この研究により、気道にMRSAの感染または保菌がある患者のほとんどは、病室の空気中にMRSA生菌を排出していることが示された。この結果は、感染制御に関する勧告を改善するために、空気中のMRSAに対するより詳細な研究の必要性を強調するものである。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
MRSAの空気感染説を科学的に証明していく一環の研究である。一方で接触感染の際の菌量とエアロゾル感染の菌量と比較してどちらが優位に感染伝播に影響しているのか、対策の効果についても検証していく必要がある。

感染制御調査書が患者の病院選択に及ぼす影響:パイロット調査★★

Influence of infection control report cards on patients’ choice of hospital: pilot survey

V. Merle*, J.-M. Germain, M.-P. Tavolacci, C. Brocard, C. Chefson, C. Cyvoct, S. Edouard, L. Guet, E. Martin, P. Czernichow
*Rouen University Hospital, France

Journal of Hospital Infection (2009) 71, 263-268


病院の感染制御の質に関する調査書が患者の態度に与える影響について、これまで検討されたことはない。2006年、フランス政府はすべての病院に対して感染制御活動に関する調査書(ICALIN)の提出を義務づけた。このアプローチの目的は、ICALINスコアが低いために患者が減少する恐れがある場合に、医療従事者が日常業務を改善することを促すというものであった。著者らの目的は、病院選択に関する患者の態度にICALINがどのような影響を及ぼすかを評価することである。種々のICALINスコアを有する病院14施設を無作為に選択し、その患者および面会者の調査を実施した。患者と面会者381名を便宜標本として、ICALINに関する無記名式質問票、病院選択の理由、およびICALINスコアが低い場合の態度について回答した。ICALINに対する関心および病院選択に対するICALINの影響に関連する因子を、ロジスティック回帰により評価した。回答者の77%はICALINに関心があるという結果が得られた。ICALINは病院選択の理由の6番目であった。ICALINが低い場合、24.1%は入院を拒否し、54.9%は家庭医に助言を求めると回答した。社会人口学的な要因は、患者の態度に影響を及ぼさなかった。結論として、今回の調査から、患者は感染制御調査書のスコアが不良であることに注目していることが示された。多くの患者がこの調査書の解釈について家庭医を頼っているため、この問題に関する家庭医とのコミュニケーションがさらに必要である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
患者インタビューを含めた感染予防策の施設評価が、患者の病院選択にどのように影響したかという分析である。消費行動に医療の質がどのように影響するのか? 治療成績だけでなく、医療の質の一部としての感染予防の位置づけが明確化しようとしている。

ナーシングホーム入居者への医療関連感染による深刻な影響:コホート研究

Severe consequences of healthcare-associated infections among residents of nursing homes: a cohort study

A.M. Koch*, H.M. Eriksen, P. Elstrom, P. Aavitsland, S. Harthug
*Haukeland University Hospital, Norway

Journal of Hospital Infection (2009) 71, 269-274


本研究の目的は、ノルウェーのナーシングホームにおける医療関連感染が、衰弱、病院への入院、死亡などに及ぼす影響を明らかにすることである。2004年10月から2005年3月に、ノルウェーの2つの主要都市のナーシングホーム6施設の入居者を追跡した。感染症がある各入居者に対して、感染症がない入居者から無作為に2名の対照者を選択した。症例と対照を1つのコホートとして30日間追跡し、両者の合併症発生率とリスク比(RR)を評価した。感染症発症率は1,000入居日数あたり5.2件であった。30日の追跡後に全般的な身体状態が悪化した割合は、感染症がある入居者の10.9%に対して、感染症がない群では4.8%であった(RR 2.3)。病院に入院したのは感染症がある入居者の13.0%に対して、感染症がない群では1.4%であり(RR 9.2)、追跡期間中にナーシングホームで死亡したのは感染症がある入居者の16.1%に対して、感染症がない群では2.4%であった(RR 6.6)。下気道感染症がある入居者は、合併症発生率および死亡率が高かった。結論として、医療関連感染は、ナーシングホームの入居者に対して衰弱、病院への入院、死亡などの深刻な影響をもたらす。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
高齢化社会を迎え、医療を提供する施設も多様化している。医療関連感染の考え方もこうした多様性に適用していく必要がある。

サイト内検索

Loading

アーカイブ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.