JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

病院の感染制御に対する組織・管理要因の影響:スコーピング調査

Impact of organisation and management factors on infection control in hospitals: a scoping review

P. Griffiths*, A. Renz, J. Hughes, A.M. Rafferty
*King’s College London, UK

Journal of Hospital Infection (2009) 73, 1-14


本スコーピング調査では、総合病院における感染制御に影響する組織・管理要因についてのエビデンスを探索した。文献検索により種々の研究、システマティックレビュー、および報告書が見いだされたが、質の高い直接的なエビデンスはわずかであった。研究の多くは観察研究であり、標準化された報告方法への準拠は概して不十分であった。病棟レベルおよび上層部の積極的なリーダーシップは、感染制御のための効果的な活動に必須であると考えられるが、監督下にある職員が多数である場合は、優れた臨床的リーダーシップによる効果が減少する。年長の臨床的リーダーには際だった存在感が求められ、その役割の範囲と責任を明確にすることも必要である。チームの安定性と意欲は、患者の転帰改善と関連する。また、訓練、評価、およびクリニカル・ガバナンスを支える組織構造は、効果的な実践と変革の成功をもたらすための重要な決定要因である。感染症発生率は、看護師の配置、病床利用率、および患者の入れ替わりなどに関する業務量と関連する。今回の調査で特定された組織の特性は、感染のリスク因子と考えるべきである。これらの因子は常に完全に排除・回避できるわけではないが、適切な評価を行うことによって、患者の利益を図るための活動が可能になると考えられる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
感染対策は人的要因が大きく影響するが、その質的評価は極めて難しい。現実としては、研究調査ではその実態が論文に反映されてしまっているのが実情であろう。

感染性の強い感染症のための隔離室:欧州各国の収容能力の調査

Isolation rooms for highly infectious diseases: an inventory of capabilities in European countries

F.M. Fusco*, V. Puro, A. Baka, B. Bannister, H.-R. Brodt, P. Brouqui, P. Follin, I.E. Gjorup, R. Gottschalk, R. Hemmer, I.M. Hoepelman, B. Jarhall, K. Kutsar, S. Lanini, O. Lyytikainen, H.C. Maltezou, K. Mansinho, M.C. Marti, K. Ott, R. Peleman, C. Perronne, G. Sheehan, H. Siikamakii, P. Skinhoj, A. Trilla, N. Vetter, G. Ippolito
*National Institution for Infectious Diseases ‘Lazzaro Spallanzani’, Italy

Journal of Hospital Infection (2009) 73, 15-23


感染症の伝播リスクを減少させるには、感染性の強い感染症(HID)の患者を適切な医療設備を備えた病室に隔離することが不可欠である。欧州委員会が協同出資し、欧州連合加盟16か国が参加するプロジェクトである欧州感染症ネットワーク(European Network for Infectious Diseases;EUNID)は、高レベル隔離室(HIR;前室のある陰圧室)の収容能力の調査を実施した。参加各国合計で、少なくとも211病院にHIRが存在し、1,789病床以上が利用できる。この数値の妥当性は不明であり、その時点の状況で異なると考えられる。散発性のHID症例は、利用可能なHIRで管理できる。また、HIRはインフルエンザパンデミックの初期にも役割を担うと考えられる。しかし、自然発生の、またはバイオテロ攻撃による大規模なアウトブレイクの際は、HIR以外の医療施設も視野に入れた制御策が必要であろう。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
ヨーロッパ諸国はアフリカ等とも近く、人的交流も深いために感染性の高い感染症に対する対策の意識が高いかもしれない。米国の総合病院の7割には空気感隔離室がある。我が国でも国策的に施設整備を図る必要があろう。

新しい病棟における環境細菌叢の変化

Change in environmental bacterial flora in a new hospital building

K. Narui*, N. Noguchi, N. Matsunaga, Y. Namiki, Y. Yamanaka, Y. Kumaki, J. Suwa, Y. Nasu, M. Koyama, K. Okuyama, K. Utsumi, K. Takazawa, K. Wakasugi, M. Sasatsu
*Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, Japan

Journal of Hospital Infection (2009) 73, 24-33


新築病棟の微生物叢の変化を調査するために、環境細菌の微生物サーベイランスを実施した。2002年から2005年に、床とシンクの空中細菌および表面付着細菌を系統的に収集した。使用頻度の高い床から採取した分離株数は、使用頻度の低い床と比較して有意に多かった。新館開業から8か月から11か月後に、黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)の著しい増加、緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)の出現、グラム陰性桿菌の菌種の変化が認められた。さらに、パルスフィールド・ゲル電気泳動法(PFGE)によるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)および緑膿菌のタイピングから、複数のシンクと床、および隣接する旧館から採取した分離株が同じPFGEグループに属することが示された。新館から採取したMRSA分離株数は経時的に増加した。同一のPFGE型を有する緑膿菌株が分離されたシンクは、共通の配水管でつながっている。人の動きは、細菌叢および細菌の拡散に大きな影響を及ぼす。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
施設内に生息する病原菌は、意外と幅広くダイナミックに施設環境に蔓延していることを証明しており、既報と同様の結果が得られている。

抗感染症薬の処方を利用した連続的有病率調査による病院感染症の特定および監視

Use of anti-infective serial prevalence studies to identify and monitor hospital-acquired infection

C. Brown*, M. Richards, T. Galletly, R. Coello, W. Lawson, P. Aylin, A. Holmes
*Imperial College, Hammersmith Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2009) 73, 34-40


著者らは、病院感染症有病率を推定するための「実用的な代替プロトコール(Pragmatic Proxy Protocol;PPP)」を開発した。このプロトコールは、現在薬局で行われている抗感染症薬の処方を利用した連続的な点有病率調査と、微生物学的マーカーおよび放射線診断マーカーの電子データを組み合わせたものである。本プロトコールを、標準的な英国病院感染学会・感染制御看護師協会プロトコール(Hospital Infection Society/Infection Control Nurses Association Protocol;HIP)と比較した。外科以外の患者のPPPの感度は1.00[95%信頼区間(CI)0.70~1.00]、特異度は0.97(95%CI 0.93~0.99)であった。このPPPの値から、外科以外の患者では、HIPによる病院感染症有病率推定値は42%低い可能性が示唆された。PPPに要する時間はHIPの3分の2(75時間対106時間)であり、費用は3分の1以上安価であった。PPPは電子報告システムの普及への対応が容易であり、「感染症治療のためのケア・バンドル(Anti-infective Care Bundles)」が開発されると、外科患者の病院感染症の検出感度は向上すると考えられる。PPPの使用によりルーチンの病院感染症サーベイランスの実施頻度が増加し、それによって感染症がもたらす総負荷が明らかになり、迅速かつ直接的なフィードバックおよび臨床医との連携を可能にする適時の介入戦略の効果を評価することが可能になると考えられる。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
抗菌薬処方を基にした感染サーベイランスである。具体的な発症と治療の相関についてモニタリングの必要性がありそうである。

カテーテル関連血流感染症の病院全体でのサーベイランス:予期されることから予期されないことまで

Hospital-wide surveillance of catheter-related bloodstream infection: from the expected to the unexpected

W. Zingg*, H. Sax, C. Inan, V. Cartier, M. Diby, F. Clergue, D. Pittet, B. Walder
*University of Geneva Hospitals and Faculty of Medicine, Switzerland

Journal of Hospital Infection (2009) 73, 41-46


カテーテル関連血流感染症(CRBSI)は最も発生頻度が高い医療関連感染症の1つであり、これによる合併症発生率、死亡率、および医療資源消費量は極めて大きい。CRBSIサーベイランスは医療の質の改善をもたらすが、集中治療室(ICU)のみで実施されることが多い。著者らは、効果的なCRBSIサーベイランスおよび予防プログラムをデザインするために、すべてのカフなし中心静脈カテーテル(CVC)を対象とした4か月の前向きコホート試験を実施した。CVCの病棟ごとの留置期間、挿入に関する特性、および検査で確定したCRBSI発生を連日評価した。全体で248例の患者が426本のCVCの留置を受け、留置期間は3,567 CVC・日(中央値5 CVC・日)、CRBSIエピソードは15件であった。CVCの挿入は、45%は麻酔科医、47%はICU医、8%は内科医が実施した。CVC使用率はICU、内科、腹部以外の手術、腹部手術で、それぞれ100患者・日あたり29.8、3.8、1.7、4.9であった。患者の14%がCVC留置中に病棟を変更したので、CVC・リスク日は複数の部門にまたがっていた。CRBSIの発生頻度は、ICU、内科、腹部以外の手術、腹部手術で、それぞれ1,000 CVC・リスク日あたり5.6件(監訳者注:原著Table IIIには4.91と記載されている)、1.9件、2.4件、7.7件であった。単変量Cox比例ハザードモデルでは、腹部手術でのCRBSI発生率が高いことは、長いCVC留置期間、経静脈栄養の頻繁な使用、麻酔科医によるCVC挿入と関連していた。CRBSIの発生件数が少ないため、多変量解析は行わなかった。今回のサーベイランスにより、ICUと非ICU部門でCRBSI発生率が同様であったこと、病棟移動が頻繁に行われていることが判明した。非ICU部門におけるCVC留置期間が長い場合は、病院全体でのCRBSIサーベイランスを実施することが望ましい。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
論文というよりは施設状況報告書のようである。

肝切除後の手術部位感染症のリスク因子と予測因子★★

Risk factors and predictors for surgical site infection after hepatic resection

T. Okabayashi*, I. Nishimori, K. Yamashita, T. Sugimoto, T. Yatabe, H. Maeda, M. Kobayashi, K. Hanazaki
*Kochi Medical School, Japan

Journal of Hospital Infection (2009) 73, 47-53


外科集中治療室では、インスリンによる厳格な血糖管理によって、術後の合併症発生率と死亡率が低下している。この研究の目的は、単一施設における肝切除連続症例を対象として、手術部位感染症(SSI)の予防のためにSSIのリスク因子と予測因子を特定することである。2000年1月から2007年3月に高知大学医学部で肝切除を受けた152例を対象に、SSIと種々の臨床パラメーターとの関連を検討した。これらの患者におけるSSI発生率は14.5%であった。多変量解析により、SSI発生と関連する独立したパラメーターとして以下の4つが特定された。(i)体格指数(BMI)> 23.6 kg/m2、(ii)推定失血量 > 810 mL、(iii)SSIがある臓器・空隙への胆汁漏、および(iv)スライディングスケールによる術後血糖管理。人工膵臓により術後の血糖値が管理されている患者群では、肝切除後のSSIはみられなかった。この研究から、術後血糖管理を行わないと、術後の感染性合併症の発生率が有意に高くなり、入院期間が有意に延長することが明らかになった。肥満、術中推定失血量、肝切除後の胆汁漏もSSIのリスク因子であり、予測価値を有していた。人工膵臓は肝疾患のため肝切除を受けた患者にとって、低血糖を起こさずに術後の厳格な血糖管理を行うことができる安全で有益な装置である。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
SSI予防の観点から周術期血糖管理の重要性が注目されている。この研究は、国内メーカーNIKKISOによるベッドサイド型人工膵臓装置STG-22を利用しており、血糖値の連続測定により正常血糖値領域に血糖管理することから、厳格な術後血糖管理がSSI発生率を低下させることを示している。いわゆる“high-tech竏檀igh-concept”の好例である。

超清浄空気中の細菌数を指標とした閉鎖性手術用ガウンRotecnoと新しいGoreガウンの前向き無作為化比較

A randomised prospective comparison of Rotecno versus new Gore occlusive surgical gowns using bacterial air counts in ultraclean air

A. Gulihar*, N.A. Taub, G.J.S. Taylor
*Glenfield Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2009) 73, 54-57


手術室の超清浄空気の定義は、10コロニー形成単位(cfu)/m3未満とされている。現行の手術用ガウンに関する欧州規格はEN13795に記載されているが、これには細菌拡散抑制を評価する標準検査法については述べられていない。2003年の治験では、人工膝関節置換術における空中細菌数は、Rotecnoガウンを用いた場合は1 cfu/m3、全身排気スーツでは0.5 cfu/m3であった。この研究は、Rotecnoガウンを用いた場合の空中細菌数を、防水性繊維Goreで作られた新しいタイプの閉鎖性ガウンと比較した。このガウンは、EN13795の標準試験室検査法ではRotecnoガウンより優れていた。関節置換術56件を人工膝関節置換術、人工股関節置換術、人工股関節再置換術に層別化し、RotecnoガウンまたはGoreガウンのいずれかに無作為に割り付けた。手術開始から10分間、Casellaスリット・サンプラーを用いて創部30 cm以内の空中細菌を収集した。Goreガウンの空中細菌数(3.7 cfu/m3)はRotecnoガウン(1.2 cfu/m3)よりも多かった(P < 0.001)。Goreガウン群3件のサンプルでは、細菌数が超清浄空気の基準である10 cfu/m3を超えていた。人工膝関節置換術では、何年間も使用しているRotecnoガウンを用いた場合の細菌数(2.0 cfu/m3)は、2003年の治験(0.8 cfu/m3)よりも多かった(P < 0.001)。Goreガウンは標準試験室検査法の成績は優れていたが、空中細菌の拡散抑制の点では劣っていた。Rotecnoガウンは何年も使用したものであったが、依然として効果を維持していた。本研究から、超清浄空気の臨床環境において新規素材を検査することの重要性が示され、in vitro検査だけでは十分な評価ができないと考えられた。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
Gore-Texは防水耐久性、透湿性、防風性に優れることから、アウターウェアなどに幅広く利用されている素材である。この研究は、外科手術における再利用ガウンの使用に関する評価であり、数年間使用した後には空中浮遊細菌数が増加していたが、Goreを用いた新規ガウンよりも拡散を抑制していた。なお、この論文では外科手術部位感染症(SSI)の有無については言及されていない。

人工股関節置換術の周術期に正常体温を維持するための積極的加温システム:治療に有用か、それとも感染を媒介するのか?★★

Active warming systems to maintain perioperative normothermia in hip replacement surgery: a therapeutic aid or a vector of infection?

B. Moretti*, A.M.V. Larocca, C. Napoli, D. Martinelli, L. Paolillo, M. Cassano, A. Notarnicola, L. Moretti, V. Pesce
*University of Bari, Italy

Journal of Hospital Infection (2009) 73, 58-63


大手術(major surgery)の経過で適切な体温を維持するために、信頼性の高い様々な体温調節システムが企画、開発されている。特に高齢患者と衰弱した患者では大きな問題となる、重症化の恐れのある合併症の発症を回避するには、体温調節は不可欠である。このようなシステムの中でも、Bair Huggerブランケットは優れた有効性が実証されている。しかし、一部の報告では、こうした器材の使用によって院内感染症、特に手術創感染症のリスクが増加する可能性が示唆されている。この研究の目的は、人工股関節置換術におけるBair Huggerブランケットの使用と関連した手術部位汚染のリスクを評価することである。そのため、変形性関節症患者に実施したセメントレス股関節インプラント30例で、術中にBair Huggerブランケットを使用した場合と使用しない場合における手術室内の空気細菌汚染レベルを定量化した。非使用中および手術中の手術室で、手術台周辺の種々の区域および患者体表面からサンプルを採取した。結果の統計解析から、Bair Huggerシステムには院内感染の真のリスクはなく、その一方で整形外科の大手術時の低体温がもたらす恐れのある極めて重篤な合併症の予防に有用であることが示された。さらに、術後6か月間の患者のモニタリングにより、その後の院内感染の発生が抑制されることも判明した。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
SSI予防の観点から周術期における低体温を防止することの重要性が注目されている。この論文はBair Hugger送風式ブランケットの有用性を示しており、わが国においても外科手術ウォーミングブランケットのさらなる普及が望まれる。

パルボウイルスに対する消毒の有効性と他のウイルスとの比較

Disinfection efficacy against parvoviruses compared with reference viruses

M. Eterpi*, G. McDonnell, V. Thomas
*STERIS SA R&D, France

Journal of Hospital Infection (2009) 73, 64-70


一部のウイルスには厳しい環境に耐えるものがあり、環境表面に残存して、長期にわたり感受性宿主への感染性を有する可能性がある。表面上の乾燥したウイルスに対する消毒薬の有効性に関する研究は限られており、特にパルボウイルスなどの、消毒薬に高度耐性を示すことが予想される、新規に同定された病原性非エンベロープウイルスを対象とした研究は少ない。この研究は、乾燥表面におけるブタパルボウイルス、マウス微小ウイルス(パルボウイルス)、ポリオウイルス1型、アデノウイルス5型、ワクシニアウイルスを対象として、加熱を含む一般的な消毒法の有効性を評価した。ブタパルボウイルスでは、一般的に非エンベロープウイルスに効果があるとされて、高水準消毒としても用いられる多くの消毒薬でも有効性は限定的であり、最も耐性の強いウイルスであることが判明した。エタノールはすべての非エンベロープウイルスに対して有効性が低かった。ボカウイルスやその他のパルボウイルスなどの新規病原性ウイルスによる院内感染を予防するためには、これらのウイルスに対する有効性が重要と考えられる。この研究により、乾燥表面におけるウイルスに対する消毒薬の検証の必要性が確認され、ブタパルボウイルスは特に耐性の高いウイルスとして検証に利用できることが示された。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
インフルエンザウイルスは環境表面でも8時間程度は感染力がある。特に乾燥表面ではウイルスの感染力が持続する可能性があり、さらに環境整備の有効性が評価されるべきである。
なお、ヒトに感染するパルボウイルスはパルボウイルスB19であり、伝染性紅斑(リンゴ病)を生じることで知られている。小児例では軽症であることが多いが、成人例では頭痛、筋肉痛、関節炎、などの多彩な症状が遷延することがあり、妊婦では胎児水腫、血液疾患例では骨髄低形成クライシスを合併することから、注意すべきウイルスである。

2005年のパキスタン地震後の入院患者における創感染症の微生物学的特性

Microbiology of wound infections among hospitalised patients following the 2005 Pakistan earthquake

Q.H. Kiani*, M. Amir, M.A. Ghazanfar, M. Iqbal
*Shifa International Hospital, Pakistan

Journal of Hospital Infection (2009) 73, 71-78


2005年10月に壊滅的な地震がパキスタン北部を襲った後、パキスタンのシファ国際病院(Shifa International Hospital)に外傷のため入院した患者の微生物学的記録を後向きに解析した。地震の前後に創感染症を発症した入院患者の記録を比較検討した。年齢と入院期間を連続変数として解析し、平均値 ± SDを算出した。性別、損傷の種類、分離微生物、感受性、および増殖パターン(単数菌または複数菌)をカテゴリー変数として解析し、頻度を算出した。2群の相対リスクとその95%信頼区間を示した。年齢の平均値 ± SDは35.15 ± 11.11歳であり、患者数は女性のほうが多かった(58.4%)。最も頻度が高い損傷は骨折であった(55.9%)。最も検出頻度の高かった微生物はグラム陰性菌であり(89%)、複数菌感染(59.6%)および多剤耐性菌(61.5%)の割合が多かった。頻度が高い分離菌は緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)、エンテロバクター(Enterobacter)属、およびアシネトバクター(Acinetobacter)属であり、これらの多くは多剤耐性菌であった。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
外傷後創部感染症では、黄色ブドウ球菌やレンサ球菌も重要な起因菌であるが、この研究に示されているように環境由来グラム陰性桿菌を含む複数菌による場合が多い。
なお、別の報告ではイラク帰還兵に耐性アシネトバクター・バウマニー(A. baumannii)が多いとされており、中東の地域特性も注目される。

サイト内検索

Loading

アーカイブ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.