JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

手術部位感染症の予防:その現状★★

Preventing surgical site infection. Where now?

H. Humphreys*
*Beaumont Hospital, Ireland

Journal of Hospital Infection (2009) 73, 316-322


手術部位感染症(SSI)は患者ケアの質の評価指標であるという認識が、外科医、感染制御専門家、ヘルスプランナー、および一般市民の間に広まりつつある。外科医間、施設間、および国家間のSSI発生率の比較を実施すべきとの機運が高まっている。これを有意義なものとするには、データを標準化するとともに、手術を実施した施設では表在性SSIが顕在化しないことが多いため退院後サーベイランスのデータを収集する必要がある。最適な退院後サーベイランス実施方法を明らかにするには、さらに研究が必要である。2008年に、SSIに関する2件の重要なガイドラインが米国医療疫学学会(Society for Healthcare Epidemiology of America)/米国感染症学会(Infectious Disease Society of America)および英国国立医療技術評価機構(National Institute for Health and Clinical Excellence, UK)から発表された。いずれも術前・術中・術後の患者ケアにおける重要項目について述べている。これらのガイドラインでは、手術日まで手術部位の剃毛をしないことなど、特定の時期に重要性が増す効果的な介入に加えて、血糖値、酸素分圧、体温などの生理学的パラメータが重視される傾向にある。腹腔鏡手術の普及に伴ってSSI発生率は減少しており、またメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)(MRSA)保菌者のスクリーニングおよび除菌処置は特定の外科手術に有効であるが、費用およびムピロシン耐性リスクとのバランスをとる必要がある。最終的には、SSIケアバンドルを厳格に適用することにより、理論を実践に移す必要がある。最近の研究からは、集学的アプローチによる簡便な方法がSSI発生率の減少に有効となり得ることが示唆されている。

サマリー 原文(英語)はこちら

監訳者コメント:
コンパクトにまとまっており、これからSSIサーベイランスを導入しようとするすべての人に読んでいただきたい。

監訳者注:
英国では、手術は大学病院や総合病院で実施されるが、その後の創部ケアは患者居住区の最寄りのGeneral Practitioner(GP)が引き継いで行う。よって、表在性SSIの発生および治療はGPの管轄となっており、退院後サーベイランスを実施しないと本当の発生率は不明である。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.