JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

台湾北部の 3 次医療施設における 2000 年から 2008 年のカンジダ血症発生率の変動

Changes in the incidence of candidaemia during 2000-2008 in a tertiary medical centre in northern Taiwan

L.-Y. Chen*, S.-Y. Liao, S.-C. Kuo, S.-J. Chen, Y.-Y. Chen, F.-D. Wang, S.-P. Yang, C.-P. Fung
*Taipei Veterans General Hospital, Taiwan

Journal of Hospital Infection (2011) 78, 50-53


カンジダ血症は高い死亡率と高額の医療費に関連している。台湾におけるカンジダ血症の発生率は1980 年から 2000 年の期間に著しく増加した。2000 年から 2008 年のカンジダ血症発生率の長期的傾向を調査するため、病院を対象としたサーベイランスを実施した。この研究では、カンジダ(Candida)属菌は血流感染症の原因として 4 番目に頻度が高く、30 日粗死亡率は 36.7%であった。最も多く同定された菌種はカンジダ・アルビカンス(Candida albicans)であったが、菌種による死亡率については有意差が認められなかった。カンジダ血症発生率は 2004 年から減少が始まった。高い死亡率と関連するリスク因子は、カンジダ血症を発症する前の長期入院、肝硬変、悪性腫瘍、腎透析を要する末期腎疾患、人工呼吸器、および尿路カテーテルなどであった。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
カンジダ属(Candida spp.)は最も代表的な酵母真菌であり、医療関連感染症、特に中心静脈カテーテル関連血流感染症の起因菌として最も多く分離される。臨床的に最も高頻度に分離されるのはカンジダ・アルビカンス(C. albicans)であり、その病原性も最も強いとされる。次いでカンジダ・トロピカーリス(C. tropicalis)、カンジダ・グラブラータ(C. glabrata)、カンジダ・パラシローシス(C. parapsilosis)、さらにはカンジダ・クルーゼイ(C. krusei)、カンジダ・ルシタニエ(C. lusitaniae)、カンジダ・ケフィール(C. kefyr)、カンジダ・ギリエルモンディ(C. guilliermondii)などがある。特にC. parapsilosis は経静脈栄養管理(total parenteral nutrition;TPN)、いわゆる高カロリー輸液管理との強い関連が認められる。なお、フルコナゾールが予防的投与された場合、フルコナゾール耐性である C. glabrataC. krusei などによる感染症のリスクが増加すると考えられる。中心静脈カテーテル管理などの侵襲的な医療処置が増加しており、医療関連カンジダ症については今後もさらなる注意が必要である。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.