JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

アスペルギルス・テレウス(Aspergillus terreus)の環境疫学および臨床疫学:前向きサーベイランス研究からのデータ

Environmental and clinical epidemiology of Aspergillus terreus: data from a prospective surveillance study

M.J.G.T. Ruping*, S. Gerlach, G. Fischer, C. Lass-Florl, M. Hellmich, J.J. Vehreschild, O.A. Cornely
*University of Cologne, Germany

Journal of Hospital Infection (2011) 78, 226-230


アスペルギルス・テレウス(Aspergillus terreus)はアムホテリシン B 耐性を示す場合があり、免疫不全患者の重大な合併症の罹患および死亡の原因となる。その局所的な環境中の発生率は、Aspergillus 属菌の空中浮遊胞子の濃度の影響を受けるが、これは気象因子に関連していると考えられる。ドイツのケルン大学病院の内外から環境サンプルを週 1 回前向きに採取し、血液内科部門の患者を対象として Aspergillus 属菌の鼻腔内保菌のスクリーニングを行うとともに侵襲性真菌症のモニタリングを実施した。すべての A. terreus 分離株に対して、RAPD (rapid amplification of polymorphic DNA)-PCR 法およびアムホテリシン B 感受性試験を実施した。合計 4,919 コロニー形成単位(cfu)を分離した(院内 2,212 cfu、院外 2,707 cfu)。詳細な同定により、アスペルギルス・フミガーツス(A. fumigatus)(73.5%)、アスペルギルス・ニガー(A. niger)(4.3%)、アスペルギルス・フラーブス(A. flavus)(1.7%)、A. terreus (0.2%)、および Aspergillus 属菌以外の糸状菌(20.3%)が認められた。RAPD-PCR 法では A. terreus 分離株間のクローン関連性は示されなかった。すべての A. terreus 分離株がアムホテリシン B 完全耐性を示した。ケルン大学病院内外の Aspergillus 属菌の胞子量は 6 月に最も少なく、11 月に最も多かった。胞子量は季節および相対湿度と関連し、乾期にはその数が増加した。鼻腔内スワブ 855 件中 1 件が A. niger 陽性であったが、この患者は侵襲性真菌症を発症しなかった。A. terreus はケルン大学病院では重大な病原体ではないと考えられる。RAPD-PCR 法の結果からは、各菌株には疫学的に大きなばらつきがあり、共通の汚染源はないことが示唆された。Aspergillus 属菌保菌の早期検出を目的とした鼻腔内スワブによる監視培養は、侵襲性真菌症の可能性のある患者の特定に有用ではなかった。ケルン大学病院の侵襲性真菌症のリスクは、秋および乾期に上昇すると考えられる。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
免疫不全患者における真菌対策は極めて重要であり、ことに工事中におけるシールドや作業員の管理が重要である。本研究では気候要因についても明らかにしている。

監訳者注:
完全耐性(complete resistance):MIC > 2 mg/mL。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.