JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

人員不足、過密状態、不適切な看護師-人工呼吸器装着患者比、および院内感染:どのパラメータが問題点を最も反映しているか?

Understaffing, overcrowding, inappropriate nurse:ventilated patient ratio and nosocomial infections: which parameter is the best reflection of deficits?

F. Schwab*, E. Meyer, C. Geffers, P. Gastmeier
*Charité - University Medicine Berlin, Germany

Journal of Hospital Infection (2012) 80, 133-139


背景
稼働率が高く処置数が多い医療施設では過密状態(病床利用率が高い状態)や人員不足(看護師-患者比が低い状態)が断続的に発生し、院内感染のリスク因子となることが多くの報告で指摘されている。

目的
集中治療室(ICU)182 室を対象として、病床利用率(患者-病床比)、看護師-患者比、看護師-人工呼吸装着患者比が、院内血流感染症(BSI)および院内肺炎に及ぼす影響を調査した。

方法
各 ICU が、2007 年の器材使用および院内器材関連感染に関する毎月のデータを、院内感染に関するドイツの全国的病院サーベイランスシステムに報告した。質問票を用いて 2007 年の 24 時間あたりの病棟の医療従事者数、および建築構造的パラメータ(ICU や病院のタイプや規模)に関する情報を収集した。一般化推定方程式モデルを用い、病床利用率または人員配置パラメータと、毎月の院内感染発生数との関連を分析した。

結果
合計で、サーベイランス実施期間 1,921 か月、563,177 患者日の間に ICU 182 室から肺炎 1,313 例、BSI 513 例が報告された。院内感染が少ないことは、看護師-人工呼吸器装着患者比が高いことと関連していた(看護師-人工呼吸器装着患者比 > 75 パーセンタイルの月を ≦ 25 パーセンタイルの月と比較した場合の補正発生率比 0.42[95%信頼区間 0.32 ~ 0.55])。興味深いことに、看護師-患者比は、BSI および肺炎の発生についての有意なパラメータではなかった。病床利用率が高いこと(> 75 パーセンタイル)は、院内感染が少ないことと関連していた。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
ドイツの院内感染サーベイランスシステム(Krankenhaus Infektions Surveillance System;KISS)は、ICU、NICU におけるデバイス関連と手術後の SSI を対象としている。この KISS に参加している ICU を対象に行われた調査は、看護師-人工呼吸器装着患者比がより患者の重症度をよく反映しており、多施設で比較する際の ICU における院内感染のパラメータとして有用であるという結果を示した。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.