JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

市中獲得型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA):遺伝子型判定を用いた定義の提案

Community-associated meticillin-resistant Staphylococcus aureus: the case for a genotypic definition

J.A. Otter*, G.L. French
*King’s College London School of Medicine and Guy’s and St. Thomas’ NHS Foundation Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 143-148


背景
新しい市中獲得型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(community-associated meticillin-resistant Staphylococcus aureus;CA-MRSA)株が、市中の健常者における感染症の原因菌として拡大している。CA-MRSA の同定は、臨床的管理、疫学分析、感染予防・管理、および規制当局への報告を行ううえで重要であるが、これらの株の定義や命名には混乱がある。

目的
従来の CA-MRSA の定義をレビューするとともに、新しい定義を提案すること。

方法
非システマティックレビュー。

結果
これまでは、CA-MRSA と医療関連メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(healthcare-associated meticillin-resistant S. aureus;HA-MRSA)株の識別には疫学的定義が有用であった。しかし、HA-MRSA 株は市中ではほとんど伝播していないのに対して、CA-MRSA は医療施設での伝播がみられ始めており、疫学的定義は無効になりつつある。CA-MRSA は、メチシリン耐性遺伝子 mecA を獲得した黄色ブドウ球菌市中株である。これらの株は HA-MRSA とは異なるものであり、遺伝的に定義すべきである。このような定義は、複数部位塩基配列タイピング(MLST)または spa タイピングによる遺伝子型決定と、ブドウ球菌カセット染色体(SCC)mec の解析との併用により可能になると考えられる。Pantone-Valentine 型ロイコシジンの有無や抗菌薬感受性プロファイルは、CA-MRSA の有用な指標となり得るが、それらの定義に使用するべきではない。

結論
MRSA 感染の疫学を十分に評価するためには、MRSA 感染を(1)HA-MRSA 株または CA-MRSA 株により引き起こされたもの、(2)市中または医療施設で獲得されたもの、および(3)市中または医療施設で発現したもの、という特性に基づいて分類を行うべきである。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
院内でもアウトブレイクする可能性のある市中獲得型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の定義づけと監視が先進国で課題となっている。院内で日常的に実現できる検査法ではない手法で型別しても、なかなか現場に受け入れられないのが課題である。

韓国における医療関連肺炎および手術部位感染の原因菌である市中獲得型 Pantone-Valentine 型ロイコシジン陰性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)クローン(ST72-MRSA-IV)★★

Community-associated Pantone–Valentine leukocidin-negative meticillin-resistant Staphylococcus aureus clone (ST72-MRSA-IV) causing healthcare-associated pneumonia and surgical site infection in Korea

E.-J. Joo*, D.R. Chung, Y.E. Ha, S.Y. Park, S.-J. Kang, S.H. Kim, C.-I. Kang, K.R. Peck, N.Y. Lee, K.S. Ko, J.-H. Song
*Sungkyunkwan University School of Medicine, Republic of Korea

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 149-155


背景
市中獲得型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(community-associated meticillin-resistant Staphylococcus aureus;CA-MRSA)は、重要な病原体として各大陸で固有の分布を示しつつ、世界的に拡大している。USA300 以外の CA-MRSA による感染の臨床的特性、特に医療施設内での特性は、十分に明らかにされていない。

目的
後向きコホート研究により、韓国の主要な CA-MRSA クローンである Pantone–Valentine 型ロイコシジン(PVL)陰性、複数部位塩基配列タイピング(MLST)による配列型(ST)72、ブドウ球菌カセット染色体 mec(SCCmec)IV 型による感染の臨床的特性を明らかにすること。

方法
MRSA 分離株 4,667 株の中から、フルオロキノロン系、ゲンタマイシン、リファンピシン、および cotrimoxazole 感性の ST72-IV 分離株を仮同定し、次いで SCCmec タイピング法および MLST 法により確定した。ST72-IV 感染を認める合計 124 症例を分析対象とした。

結果
ST72-IV 感染の各年の発生率は、2007 年から 2009 年にかけて入院 100,000 件あたり 45.5 例から 66.3 例に増加した。最も頻度が高い感染のタイプは、皮膚・軟部組織感染(46.0%)で、次いで肺炎(27.4%)、骨・関節感染(9.7%)であった。手術部位感染は、市中発症型医療関連感染の 22.6%および病院発症型感染の 32.5%を占めていた。病院発症型感染の中で最も頻度が高かったのは肺炎であった(45.0%)。多変量解析から、肺炎は他のタイプの感染と比較して、全原因死のオッズを上昇させることが示された(オッズ比 18.8;95%信頼区間 2.6 ~ 133.9)。

結論
韓国では ST72-IV による市中発症型感染および病院発症型感染の各年の発生率が増加傾向にあることが判明した。肺炎は病院発症型感染の中で最も頻度が高く、死亡率の上昇と関連していた。これらの結果は、CA-MRSA の時代において抗菌薬療法や感染管理を成功させるうえで重要な意義を有する。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
SCCmec タイピング法および MLST 法の併用による MRSA の流行株の同定が主流になりつつある。現実的にこれらを特定するにはシークエンサーが必要であり、臨床の現場には課題を残す。韓国は日本に隣接しているため、九州地方等から輸入され国内流行する可能性もあり、注目される。

医療過誤、訴訟、および医療関連感染

Clinical negligence, litigation and healthcare-associated infections

S.D. Goldenberg*, H. Volpé, G.L. French
*Guy’s & St Thomas’ NHS Foundation Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 156-162


背景
医療関連感染に関する医療過誤賠償請求の訴訟費用は甚大であるが、医療機関はこの費用を過小評価している。英国では、国民保健サービス(NHS)を代表して NHS 訴訟局(National Health Service Litigation Authority;NHSLA)が、これらの賠償請求を取り扱っている。近年は、賠償請求の総件数や裁定額は大幅に増加している。

目的
近年の英国におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)血流感染症(BSI)およびクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染症の大幅な減少が、これらの感染症に関連する NHSLA の賠償請求の件数および金額に影響しているかどうかを明らかにすること。

方法
C. difficile または MRSA について記載された 2003 年から 2010 年の賠償請求のデータを NHSLA から入手し、これらのデータと、感染症に関する健康保護局(Health Protection Agency;HPA)の義務的サーベイランスのデータとの関連を評価した。

結果
MRSA BSI 発生件数あたりの NHSLA の MRSA に関する賠償請求の件数は、MRSA BSI の減少とともに減少したが(2003 年 4 月 ~ 2006 年 7 月の BSI 1 件あたり 0.007 件から 2007 年 8 月 ~ 2010 年 11 月の 0.0017 件へ)、C. difficile 感染症に関する賠償請求には有意な変化は認められなかった。支払いが確定した賠償請求の総裁定額は、1997 年 8 月 ~ 2006 年 7 月の 76,846 ポンドから 2007 年 8 月 ~ 2010 年 11 月の 24,821 ポンドへ有意に減少した。

結論
近年、MRSA に関する賠償請求の訴訟件数は、サーベイランスデータにみられる MRSA BSI の減少とともに有意に減少している。C. difficile に関する賠償請求には影響は認められなかった。両感染症に関する支払いが確定した賠償請求の裁定額も減少しているが、その理由については不明である。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
感染・発症のリスクが減り、訴訟的にも課題が回避されているのであろう。

利用者と選択者との乖離:感染制御に関する新規技術採用を決定する際の利害関係者の関与についての調査結果

When the user is not the chooser: learning from stakeholder involvement in technology adoption decisions in infection control

R. Ahmad*, Y. Kyratsis, A. Holmes
*Imperial College London, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 163-168


背景
患者に最大限の利益を提供するためには、医療制度において効率的かつ効果的なイノベーション導入が必要であり、このことは財政上の制約がある環境では特にあてはまる。医療関連感染対策を推進するエビデンスに基づくイノベーションというものは存在するが、その理解や実施状況には大きなばらつきがあり、極めて遅々としていることもある。

目的
イノベーションプロセスにおける利害関係者の関与に注目し、イノベーションの採用決定と実施のプロセスを医療機関の視点から調査すること。

方法
英国の国民保健サービス(NHS)の 12 の医療機関で 121 件の質的インタビューを実施し、38 種類の新規技術の採用決定と実施のプロセスを評価した。

結果
利害関係者の関与状況は医療機関により様々であり、決定に際しては感染予防・制御チームのみに限定して関与している場合から、医療機関の職員が幅広く参加している場合までがみられた。組織の文化、過去の経験、およびロジスティックスに関する要因などの背景が、利害関係者の関与の程度に影響していた。利害関係者がプロセスに関与するタイミングは、(1)検討中のイノベーションの範囲、(2)選択される新規技術、および(3)新規技術の実施の成功に影響していた。調査結果を共有するため、各事例を非採用例、採用中止例、および実施成功例に分類した。また、イノベーション採用を「成功」させるうえで有効であると考えられる利害関係者の関与について、目的別の関与パターンなどを提示した。

結論
鍵となる利害関係者が関与することによって、組織の構造的・文化的背景に適合したイノベーションの採用・実施に至ると考えられるが、特に、関与が初期段階から、意思決定の段階、さらに実施段階までの全般にわたる場合に成功につながると思われる。医療機関の幅広い人員が関与することによって、感染予防・制御の認識が向上するとともに、感染予防・制御を全員の問題とするための取り組みが強化されることになる。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
英国の医療システムは英国独特であり、ほとんどが国営病院である。こうした状況下の事情は必ずしも日本には当てはまらない。

院内感染率の低下のための感染制御ガイドライン遵守の改善:報告カードの開発★★

Improving implementation of infection control guidelines to reduce nosocomial infection rates: pioneering the report card

A.M. Yinnon*, Y. Wiener-Well, Z. Jerassy, M. Dor, R. Freund, B. Mazouz, T. Lupyan, S. Shapira, D. Attias, M.V. Assous, P. Kopuit, C. Block, D. Raveh, Y. Freier-Dror, A.E. Moses, S. Benenson
*Shaare Zedek Medical Center, Israel

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 169-176


背景
公表されている感染制御ガイドラインに基づいて、病院の各診療科および手術室の感染制御専門家が日常的に使用するための 2 種類の詳細なチェックリストを開発した。

目的
病院 3 施設を対象として、院内感染率に対するチェックリストの効果を 1 年間にわたって評価すること。

方法
チェックリストは 20 の小見出しからなる(約 150 項目)。当プロジェクトの看護師が介入対象の診療科を巡回した(対照の診療科には巡回なし)。巡回の際に、看護師は 15 から 20 の観察項目を選択し、観察した行動の適切性をチェックリストに記録し、その場で改善指導を行った。チェックリストの遵守率、抗菌薬使用状況、培養実施数と培養陽性数、および職員の手指と患者の周囲環境の培養結果を、報告カードを用いて関係者と管理者に毎月 1 回報告した。院内感染率を最初の月と最後の月に評価した。

結果
ベースライン時の院内感染率は、介入対象の診療科 11%(37/345)、対照の診療科 10%(26/270)であり、同等であった。最後の月の院内感染率は、介入対象の診療科では 4%(16/383)に低下したが(P < 0.01)、対照の診療科では 8%(21/248)にわずかに低下したのみであった(有意差なし)。培養実施数、培養陽性数、抗菌薬使用に顕著な傾向は認められなかった。ガイドライン遵守率は病院間で 75%から 94%の範囲であり(P < 0.001)、全遵守率は 80%から 91%に上昇した(P < 0.01)。

結論
毎月 1 回の報告と、感染制御の巡回実施時のチェックリスト使用を併用することにより、介入対象の診療科の院内感染が有意に減少した。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
チェックリストは 2006 年ごろから米国で浸透してきた。とうとう英国でも市民権を得た形だ。日本での運用も真剣に考えるときがきた。

大気圧低温プラズマジェットおよび誘電体バリア放電プラズマによる皮膚の汚染除去

Skin decontamination by low-temperature atmospheric pressure plasma jet and dielectric barrier discharge plasma

G. Daeschlein*, S. Scholz, R. Ahmed, T. von Woedtke, H. Haase, M. Niggemeier, E. Kindel, R. Brandenburg, K.-D. Weltmann, M. Juenger
*Ernst Moritz Arndt University, Germany

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 177-183


背景
この数年間で、プラズマ医療は医学の重要な分野の 1 つになっている。低温プラズマには抗炎症作用、抗菌作用、および抗腫瘍作用があることが示されている。

目的
2 種類の低温プラズマ発生装置(大気圧低温プラズマジェット[atmospheric pressure plasma jet;APPJ]、誘電体バリア放電プラズマ[dielectric barrier discharge plasma;DBD])のヒトの指先に対する in vivo の汚染除去能を検証すること。

方法
APPJ および DBD によりスポット処置を実施し、その 3、15、30、60、90、120、150、180、210、および 240 秒後の生理的細菌叢および人工的な汚染細菌叢(表皮ブドウ球菌[Staphylococcus epidermidis]とミクロコッカス・ルテウス[Micrococcus luteus])の対数減少係数を算出した。細菌量は計数により決定した。忍容性(錯感覚、疼痛、熱感)を定量的評価尺度により測定した。

結果
両プラズマ装置ともに、生理的細菌叢および人工的汚染細菌叢が有意に減少した。生理的細菌叢の最大の対数減少係数は、DBD では 210 秒後の 1.3、APPJ では 60 秒後の 0.8 であった。人工的汚染細菌叢の最大の対数減少係数は、DBD では 90 秒後の 1.7、APPJ では 120 秒後の 1.4 であった。両装置による処置の忍容性は良好であった。

結論
APPJ と DBD はいずれも、健常ボランティアの指先からの生理的細菌叢および人工的汚染細菌叢の除去に極めて有効であった。プラズマ抵抗性の分離株は認められなかった。低温プラズマにより皮膚消毒が可能であると考えられた。手指消毒に使用するためには、技術的にプラズマ照射時間を大幅に短縮する必要がある。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
消毒のことばかりが論ぜられているが、皮膚へのダメージはどうなのであろうか?

欧州の感染性の強い感染症患者の施設における感染制御実践

Infection control practices in facilities for highly infectious diseases across Europe

H.C. Maltezou*, F.M. Fusco, S. Schilling, G. De Iaco, R. Gottschalk, H.-R. Brodt, B. Bannister, P. Brouqui, G. Thomson, V. Puro, G. Ippolito, EuroNHID Working Group
*Hellenic Center for Disease Control and Prevention, Greece

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 184-191


背景
感染性の強い感染症(HID)患者の管理は、他の患者や医療従事者の安全を損なわずに高水準の医療を提供することが要求されるため、課題の 1 つとなっている。

目的
European Network for Highly Infectious Diseases(EuroNHID)プロジェクトに参加している隔離施設を対象として、感染制御実践の調査を実施すること。

方法
2009 年に、欧州 16 か国の HID 患者のケアを行う隔離施設 48 か所で調査を実施した。チェックリストおよび標準化した評価用フォームを使用し、手指衛生、日常的な衛生・消毒実践、および廃棄物管理に関するデータの収集・解釈を行った。

結果
HID 患者隔離施設の 40%には手動式ではない流し台またはアルコール製消毒薬供給器が設置されておらず、27%には日常的な衛生実践、最終消毒、または使い捨てではない物品・器具の安全な廃棄についての手順が定められていなかった。廃棄物管理および清掃職員の研修には大きなばらつきがあった。EuroNHID は手指衛生、消毒、日常的な衛生実践、および廃棄物管理に関する勧告を作成した。

結論
HID 患者のケアを担う欧州の隔離施設の大半では、手指衛生、日常的な衛生・消毒実践、および廃棄物管理は、ほとんどの面で少なくとも部分的には適切であると考えられた。しかし、廃棄物管理および清掃職員の研修は概して不十分であり、大きなばらつきが認められた。

サマリー原文(英語)はこちら

病院と地域の間の回転ドア:ダブリンにおける基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生大腸菌(Escherichia coli

The revolving door between hospital and community: extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli in Dublin

L. Burke*, H. Humphreys, D. Fitzgerald-Hughes
*Beaumont Hospital, Ireland

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 192-198


背景
基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生大腸菌(Escherichia coli)は増加が認められる医療関連感染の原因菌であり、地域の医療施設はその重要な流行型クローンのリザーバである可能性がある。

目的
2009 年から 2010 年までダブリンの病院 1 施設で採取された ESBL 産生大腸菌について後向きの特性評価と調査を行うこと、および病院と地域の医療施設における特定のクローンの蔓延について調査すること。

方法
パルスフィールド・ゲル電気泳動法(PFGE)を用いて、ESBL 産生大腸菌の 100 株の分離菌株の遺伝的関連を明らかにした。採取した分離株を系統発生グループに分類するとともに、O25b-ST131 クローンの同定を行った。特定のクローンの疫学調査を行うため、遺伝的データと抗菌薬感受性および臨床的・人口統計学的データとの関連を調べた。

結果
系統発生グループ B2(62%)および D(18%)が最も多くみられ、これらと、尿以外に由来する分離株との関連が認められた(Fisher の直接確率検定 P < 0.0001)。PFGE により 12 のクラスター(相同性が 80%以上)が特定され、最大のクラスターは流行型 UK strain A に分類された。地域の長期ケア施設の入居者が保菌していたのは、O25b-ST131 クローン、系統発生グループ B2 または D のみであった。

結論
ダブリンの長期ケア施設における ESBL 産生大腸菌の大部分は O25b-ST131 クローンであった。当院および当地域における ESBL 産生大腸菌の分布は、これらの耐性菌が伝播・拡散する際に通過する「回転ドア」が存在することを示している。

サマリー原文(英語)はこちら

侵襲性 A 群レンサ球菌感染症の病院アウトブレイク調査における労働衛生部門の職員の役割

Role of occupational health staff in investigation of invasive group A streptococcal infection hospital outbreak

E. Johnson*, P. Giri, H.K. Parsons
*Sheffield Teaching Hospitals NHS Foundation Trust, Sheffield, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 199-201


侵襲性 A 群レンサ球菌(GAS)感染症の病院アウトブレイク調査では、医療従事者が初発症例となることが多い。職員のスクリーニングが必要であると考えられるが、その実施指針は様々である。まれな遺伝子型の GAS に感染した患者に共通する曝露があるかどうかを明らかにするための解析を行い、職員に対して自己採取によるスクリーニング検査を依頼した。スワブ陰性にもかかわらずアウトブレイクが持続したため、特定の医療従事者に労働衛生部門の受診を求めた。その後、初発症例は、同一の遺伝子型のまれな GAS 感染による皮膚症状を有することが確認された。アウトブレイクの際は、労働衛生部門で医療従事者の臨床的調査を行うことが重要である。

サマリー原文(英語)はこちら

2010/2011 年のパンデミック期間中のインフルエンザ(H1N1)による院内感染:3 次紹介病院における後向きコホート研究

Nosocomial H1N1 infection during 2010 - 2011 pandemic: a retrospective cohort study from a tertiary referral hospital

T. Veenith*, F. Sanfilippo, A. Ercole, E. Carter, N. Goldman, P.G. Bradley, K. Gunning, R.M. Burnstein
*Cambridge University Hospitals NHS Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 202-205


本研究の目的は、インフルエンザ A(H1N1)院内感染発生率の推定、院内感染の高リスク区域の特定、および感染患者に共通する特性の評価である。今回の単一施設の後向きコホート研究では、3 か月間に 10 例の患者がインフルエンザ A(H1N1)による院内感染の基準に合致した。全感染患者に対する治療レベル強化が必要となり、死亡率は 20%であった。医師は、日常的な感染制御対策を実施してもインフルエンザ A(H1N1)による院内感染リスクが存在することを認識するとともに、入院患者や医療従事者に対するワクチン接種を含む追加的な感染制御対策を考慮すべきである。

サマリー原文(英語)はこちら

マレーシアのメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)臨床分離株の高い qacA/B 保有率

High prevalence of qacA/B carriage among clinical isolates of meticillin-resistant Staphylococcus aureus in Malaysia

M.N. Shamsudin*, M.A. Alreshidi, R.A. Hamat, A.S. Alshrari, S.S. Atshan, V. Neela
*Universiti Putra Malaysia, Malaysia

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 206-208


マレーシア由来のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)分離株 60 株について、塩化ベンザルコニウム(BZT)、塩化ベンゼトニウム(BAC)、およびグルコン酸クロルヘキシジン(CHG)の 3 種類の生体消毒薬に対する最小発育阻止濃度(MIC)を測定した。MIC はすべての分離株で 0.5 から 2 mg/L の範囲であった。消毒薬耐性遺伝子 qacA/B が分離株の 83.3%、smr が 1.6%に検出された。qacA/B 保有は CHG および BAC に対する感受性の低下と関連していた。本稿は、マレーシアの MRSA 分離株における qacA/B および smr 遺伝子の保有率に関する初めての報告であり、高頻度で qacA/B 保有が認められた。これらの消毒薬耐性遺伝子の存在とそれに伴う消毒薬感受性の低下は臨床的な意義を有すると考えられる。

サマリー原文(英語)はこちら

英国北東部におけるクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)リボタイプの 18 か月間の疫学調査

Epidemiological survey of Clostridium difficile ribotypes in the North East of England during an 18-month period

J. Vanek*, K. Hill, J. Collins, A. Berrington, J. Perry, T. Inns, R. Gorton, J. Magee, A. Sails, A. Mullan, F.K. Gould
*Edinburgh Royal Infirmary, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 209-212


18 か月間にわたり、英国北東部で臨床検査によりクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染症が確認された症例からの便検体 1,606 件を対象として、症例を選択せずに、PCR 法によるリボタイピングを実施した。これらの検体のうち 87.6%は培養により C. difficile を認め、70%は識別可能な 10 種類のリボタイプのいずれかに分類され、頻度が高いリボタイプは 001、106、および 027 であった。試験期間中にリボタイプ 002 と 015 の割合が減少したのに対して、リボタイプ 016 と 023 は増加した。リボタイプ 005 は男性で有意に多く、リボタイプ 027 は平均年齢が高いことと有意に関連していた。著者らの知見は、選択された症例の検査に基づく全国データとは異なるものである。

サマリー原文(英語)はこちら

血液内科の患者における粘着テープの使用に関連する皮膚接合菌症アウトブレイク

Outbreak of cutaneous zygomycosis associated with the use of adhesive tape in haematology patients

C. Lalayanni*, P. Baliakas, A. Xochelli, C. Apostolou, M. Arabatzis, A. Velegraki, A. Anagnostopoulos
*G. Papanicolaou Hospital, Greece

Journal of Hospital Infection (2012) 81, 213-215


本稿では、末梢静脈カテーテルの固定に使用したポリエチレン製粘着テープに関連するリゾプス・オリゼ(Rhizopus oryzae)皮膚感染症の 4 例のアウトブレイクを報告する。全例が血液疾患に罹患しており、感染症の重症度は好中球減少の持続期間に比例した。感染の消失には全身抗真菌薬療法および外科的デブリードマンによる治療が必要であった。同一ロットのテープすべてを処分し、アウトブレイクは鎮静化した。

サマリー原文(英語)はこちら

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.