JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

病院内の患者集団におけるクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染症による死亡のリスク因子:システマティックレビュー

Risk factors for mortality in Clostridium difficile infection in the general hospital population: a systematic review

M.G. Bloomfield*, J.C. Sherwin, E. Gkrania-Klotsas
*University College London Hospital NHS Foundation Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 1-12


背景
クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染症(CDI)は最も重大な医療関連感染症の 1 つであり、多くの死亡をもたらしている。死亡リスクを有する CDI 患者を特定するための種々の重症度スコアが提唱されているが、これらの指標の基盤となっているエビデンスに関するシステマティックレビューは発表されていない。このようなレビューによって、死亡を良好に予測するスコアの開発が可能になると考えられる。

目的
臨床的に有用な CDI による死亡のリスク指標を検討した公表文献のシステマティックレビュー。

方法
MEDLINE(1950 年から現在)、Web of Science の conference proceedings(1899 年から現在)、および BIOSIS Citation Index(1969 年から現在)を、PubMed および Web of Knowledge を用いて検索した。リスク指標候補として、4 件以上の研究が評価対象としていた指標を抽出した。

結果
最初に特定した 1,617 件の研究中 26 件が選択基準に合致していた。そのほとんどは後向きコホート研究であり、半数以上は米国で実施されたものであった。死亡との関連が高い頻度で指摘されていたリスク指標は、高齢、白血球数高値、クレアチニン高値、アルブミン低値であり、やや少ないところではステロイド薬の使用であった。発熱、ヘモグロビン/ヘマトクリット値、下痢の重症度、腎疾患、糖尿病、癌、または経鼻胃管の使用は、死亡とは関連ないと考えられた。

結論
本研究の結果から、CDI による死亡の有用なリスク指標として年齢、白血球数、血清クレアチニン、血清アルブミン、およびおそらくはステロイド薬投与歴を用いるべきであることが支持された。発熱、ヘモグロビン/ヘマトクリット値、下痢の重症度、およびいくつかの併存疾患を有用なリスク指標として使用することは支持されず、CDI の重症度スコアにこれらを組み入れることは疑問視された。

サマリー原文(英語)はこちら

サンドイッチとの関連が認められた英国の院内感染リステリア症:問題の原因

Hospital-acquired listeriosis associated with sandwiches in the UK: a cause for concern

C.L. Little*, C.F.L. Amar, A. Awofisayo, K.A. Grant
*Health Protection Agency, Health Protection Services, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 13-18


背景
院内感染リステリア症のアウトブレイクの報告は多くはないが、依然として公衆衛生上の重大な問題である。

目的
病院で発生しているリステリア症のアウトブレイクに対する認識の向上を図ること、および脆弱な患者に対する食品由来リステリア症のリスクを最小限にするために取ることができる行動について述べること。

方法
英国健康保護局の全国的サーベイランスシステムに報告された食品由来のリステリア・モノサイトゲネス(Listeria monocytogenes)によるリステリア症のアウトブレイクおよび発生について調査を実施し、病院に関連する事例を抽出した。アウトブレイクおよび発生の背景、媒介食品、アウトブレイクの寄与因子、および問題の原因を明らかにするため、データ解析を行った。

結果
1999 年から 2011 年に英国で発生した食品由来リステリア症のアウトブレイクのほとんど(11 件中 8 件、73%)は、病院で購入した、または病院が提供したサンドイッチが関連していた。これらのアウトブレイクでは、包装済みサンドイッチおよびサンドイッチの製造環境から L. monocytogenes の感染性サブタイプが繰り返し検出された。5 件のアウトブレイクでは、病院による食品のコールドチェーンの管理違反も発生していた。

結論
これらのアウトブレイク事例から、L. monocytogenes に汚染されたサンドイッチが脆弱な患者らの重度の感染症の原因となり得ることが判明した。健康に危害を及ぼすような L. monocytogenes の摂取の可能性を最小限にするためには、サンドイッチ製造時や病院内での L. monocytogenes の制御が不可欠である。病院にサンドイッチを配送する製造業者は、製造時にサンドイッチに L. monocytogenes が存在しないようにすることを目指すべきであり、また病院が作成する食品安全管理システムにおいては食品のコールドチェーンに完璧を期するべきである。

サマリー原文(英語)はこちら

2 病院における多剤耐性緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)アウトブレイク:汚染された病院排水システムとの関連

Multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa outbreaks in two hospitals: association with contaminated hospital waste-water systems

A.S. Breathnach*, M.D. Cubbon, R.N. Karunaharan, C.F. Pope, T.D. Planche
*St George’s Healthcare NHS Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 19-24


背景
VIM-メタロβ-ラクタマーゼを産生する多剤耐性緑膿菌(multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa;MDR-P)は、感染制御に関する新たな問題となっている。これらによる感染の多くは感染源が不明であるが、水道水を含む環境汚染に関連する緑膿菌の病院アウトブレイクが報告されている。

目的
コリスチンのみに感性を示す MDR-P による 2 件のアウトブレイクについて報告し、病院の排水システムに本菌が生息している可能性を示すこと。

方法
記述疫学、環境調査・微生物学的サンプル採取、および細菌株の分子タイピングを組み合わせて、アウトブレイクの調査を行った。

結果
英国の 2 病院でアウトブレイクが発生し、これらは異なる遺伝子型の MDR-P によるものであった。一方のアウトブレイクは病院全体に広がり、患者 85 例が関係していたが、他方は単一の診療部門の 4 例に限られていた。それぞれのアウトブレイク時に広範囲の環境サンプル採取を実施したところ、MDR-P が排水システムのみから認められた。環境調査および建物の管理記録の調査から、流し・シャワー・トイレの設計不良、汚物洗浄処理室(sluice)付近での清潔な物品の保管、および排水管の頻繁な詰まりや漏れなどの、臨床エリアの汚染に寄与した可能性のある多数の因子が明らかになった。詰まりの原因は、紙タオル、患者のワイプ、またはベッドパンのマセレータの不適切な使用であった。制御対策として、流しとトイレを洗浄が容易で水はねしにくいモデルへ交換すること、詰まりや不適切な保管を減らすための職員教育、清掃手順の見直し、あふれを減少させるためのシャワーの流量低下などを実施した。これらの対策により症例数が大幅に減少した。

結論
これらのアウトブレイクにより、病院の排水システムが MDR-P やその他の院内病原体のリザーバとなる可能性があることが示された。

サマリー原文(英語)はこちら

急性期医療における情報伝達戦略:感染予防・制御の一環としての評価

Communication strategies in acute health care: evaluation within the context of infection prevention and control

R. Edwards*, N. Sevdalis, C. Vincent, A. Holmes
*Imperial College London and Imperial Healthcare NHS Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 25-29


背景
医療現場における情報伝達については近年、論文の中でも大いに注目されている。しかし、急性期医療の現場で用いられている種々の情報伝達手段の有効性に関する現在の理解、特に感染予防・制御の一環としての理解には、依然として大きなギャップがある。

目的
病院内で医療従事者への情報伝達に使用されている主な手段について調査・評価を行い、実務的な推奨事項を提示すること。

方法
急性期医療の現場で医療従事者への情報伝達に使用されている主な手段を詳細に調査し、実践に及ぼす影響を分析した。

結果
分析対象は、口頭による情報伝達、ガイドラインによる標準化、教育・研修、電子的な情報伝達、および広告マーケティング手法であった。従来の情報伝達手段は、感染予防・制御の最良の実践の変更や維持に有効ではなかったが、新しい手段(電子メッセージ、マーケティング手法)にも落とし穴があった。

結論
医療従事者への情報伝達手段の開発・実施・評価、トップダウンかボトムアップか、および医療従事者、特に病棟職員の関与などを考慮して、いくつかの簡易な推奨事項を提示した。

サマリー原文(英語)はこちら

ノロウイルスアウトブレイク開始時および終息時の有症状患者のコホーティングのための病棟の区画化

Compartmentalization of wards to cohort symptomatic patients at the beginning and end of norovirus outbreaks

C.F. Haill*, P. Newell, C. Ford, M. Whitley, J. Cox, M. Wallis, R. Best, P.J. Jenks
*Derriford Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 30-35


背景
ノロウイルスアウトブレイクは医療機関に重大な業務的・経済的影響を及ぼす可能性がある。

目的
ノロウイルスアウトブレイクの開始時および終息時に、有症状患者を個室または区画へ隔離することにより、病床閉鎖期間が短縮するかどうかを評価すること。

方法
当院では 2007 年、ノロウイルスの病院アウトブレイクによる業務的影響を小さくするための新規戦略を導入した。すなわち、病棟全体を閉鎖することなくアウトブレイクを封じ込めるため、アウトブレイク初期に有症状患者を個室または区画にコホーティングした。また、病棟閉鎖後に退院により病床が使用可能になった場合は、同一病棟内の有症状患者区域の早期清掃と開放を促進するため、患者を個室またはドア付きの空き区画に移動した。新規戦略の導入前後の 2 期間のアウトブレイクのデータを比較し、これらの変更の影響を評価した。

結果
2007 年 6月以前は、アウトブレイクの 90%を病棟全体の閉鎖により管理していたが、2007 年 6 月以降はわずか 54%であった。閉鎖期間は、区画化のほうが病棟全体の閉鎖と比較して 2007 年 6 月以前(3.5 日対 6 日、P = 0.0327)および以降(3 日対 5 日、P < 0.0001)のいずれも有意に短かった。全アウトブレイクを対象とした評価では、閉鎖期間は戦略の変更後に有意に短縮した(6 日対 5 日、P = 0.007)。

結論
ノロウイルスアウトブレイクの開始時および終了時に、病棟を区画化して有症状患者をコホーティングすることにより、アウトブレイク管理の効率が改善し業務の途絶が減少した。

サマリー原文(英語)はこちら

血液媒介ウイルスへの職業曝露および事故報告の障壁に関する医療従事者の認識:質問票調査

Healthcare workers’ perceptions of occupational exposure to blood-borne viruses and reporting barriers: a questionnaire-based study

S.A. Winchester*, S. Tomkins, S. Cliffe, L. Batty, F. Ncube, M. Zuckerman
*King’s College Hospital NHS Foundation Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 36-39


背景
医療従事者は血液媒介ウイルスへの曝露リスクが極めて高い。

目的
血液媒介ウイルスへの職業曝露、およびその事故報告に関与すると考えられる障壁について、医療従事者の認識を調査すること。

方法
King’s College Hospital NHS Foundation TrustのDental Instituteに勤務する合計 120 名の医療従事者が多施設研究の一環として無記名の質問票に記入した。

結論
回答者の 86%(99/115)は業務中の血液媒介ウイルス感染を懸念していた。C 型肝炎ウイルス(HCV)が最大の脅威であるとした回答者の 69%(31/45)は、HCV が自身の健康に対するリスクが最も高いと考えていたが、B型肝炎ウイルスの場合は 53%(10/19)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)では 13%(5/40)であった(いずれもP < 0.001)。医療従事者としての経験年数が 21 年以上の回答者の 75%(18/24)は HIV 伝播のリスクを認識していたが、5 年未満の回答者では 13%(2/16)であった(P = 0.002)。経験年数 21 年以上の回答者は全員(23/23)が HIV 曝露後予防投与について知っていたが、21 年未満の回答者では 20%(12/60)であった。回答者の 92%(104/113)はすべての体液曝露事故を報告することの重要性に同意したが、自身の曝露事故をすべて報告していたのは 58%(28/48)のみであった。電子報告システムによりこのような事故報告が改善されるであろうということに同意したのは 59%(60/102)であった。

結論
本研究から、血液媒介ウイルスの感染リスクとその管理に関する医療従事者の知識を改善する必要があることが明らかとなった。本研究で収集したデータは、英国の血液媒介ウイルス職業曝露に関するウェブベースのサーベイランスシステム構築のために提供される予定である。

サマリー原文(英語)はこちら

2008 年のフランスの入院患者における骨・関節感染症:臨床転帰および経済的影響★★

Bone and joint infections in hospitalized patients in France, 2008: clinical and economic outcomes

L. Grammatico-Guillon*, S. Baron, S. Gettner, A.-I. Lecuyer, C. Gaborit, P. Rosset, E. Rusch, L. Bernard
*University Hospital of Tours, France

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 40-48


背景
成人の骨・関節感染症は、頻回または長期の入院が必要となることが多く、公衆衛生上の重大な問題と考えられている。

目的
フランスにおける骨・関節感染症の疫学および経済的影響について述べること。

方法
特定の人口統計学的、医学的、および経済的特性を有する骨・関節感染症入院症例を、2008年のフランスの全国病院データベースから特定した。全般的な患者特性と骨・関節感染症による入院に関する単変量解析を行った。デバイス関連感染症のリスク因子を多重ロジスティック回帰モデルを用いて特定した。

結果
フランスにおける全入院件数の 0.2%が骨・関節感染症関連であり、発生率は人口 100,000 人あたり 54.6 件に相当し、発生数は男性が多かった(性比 1.54)。非デバイス関連の骨・関節感染症(68%)のほうがデバイス関連(32%)よりも多かった。平均年齢は 63.1 歳であった。退院時に微生物学的情報がコード化されていたのは 39%のみであり、その 66%ではブドウ球菌属菌(Staphylococcus spp.)が分離されていた。肥満、ブドウ球菌属菌、男性、および年齢 > 64 歳が、デバイス関連感染症の重要なリスク因子であったが、糖尿病および潰瘍痛が非デバイス関連感染症と有意に関連していた。症例の死亡率は 4.6%であった。6%が集中治療室での治療が必要となった。19%が再入院し、入院期間はデバイス関連の骨・関節感染症のほうが非デバイス関連よりも有意に長かった(18.9 日対 16.8 日)。2008 年の骨・関節感染症の費用は 25,900 万ユーロ、すなわち 1 入院あたり 7,000 ユーロであった。

結論
本研究は骨・関節感染症に関するこれまでの最大規模のものである。骨・関節感染症による甚大な経済的負担は、主として頻回かつ長期の入院、高い発生率、および複雑な治療によるものであった。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
骨・関節関係の処置によるデバイス関連感染症の経済的損失をあからさまに算出したものである。こうしたデータは国民的損益として考えることにより、医療関連感染減少への取り組みの一歩となる。

ナーシングホームにおける経腸栄養器具の細菌汚染に対する感染制御プログラムの効果★★

Effect of an infection control programme on bacterial contamination of enteral feed in nursing homes

S.S.K. Ho*, M.M.Y. Tse, M.V. Boost
*The Hong Kong Polytechnic University, Hong Kong

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 49-55


背景
ナーシングホーム職員の経腸栄養の実践にかかわる感染制御の知識が不十分であると、経腸栄養システムの汚染をもたらす可能性がある。

目的
ナーシングホーム職員の経腸栄養の知識と実践に対する感染制御プログラムの効果を調べること、および感染制御プログラムと職員の手指および経腸栄養器具の細菌汚染との関連を評価すること。

方法
準実験的pre-test–post-test control designを用い、いずれも入居者 15 名と職員 10 名で構成される介入群および対照群を設定した。経腸栄養の知識と実践を質問票と観察により評価した。介入群に対しては感染制御プログラムを実施した。職員の手指、経腸栄養、流量制御装置、栄養チューブのハブ、および入居者の鼻咽頭と胃液からサンプルを採取し、感染制御プログラム導入前後の全細菌数およびメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)の有無を調べた。

結果
介入群では感染制御プログラム実施後、知識と実践が有意な改善を示した(P < 0.05)。職員の手指、チューブハブ、および入居者の鼻咽頭と胃液から採取した pre-test サンプルには 104 コロニー形成単位(cfu)/mL を超える汚染が認められた。介入群では post-test サンプルの汚染は有意に減少したが(P < 0.05)、対照群では変化はなかった。介入群の MRSA 陽性サンプル数の平均値(± 標準偏差)は 2.1 ± 1.6 から 0.4 ± 0.7(P < 0.05)に減少した。MRSA による手指汚染は、制御装置、胃液、チューブハブ、および経腸栄養の汚染と高い相関があり(P < 0.05)、経腸栄養の汚染と不良な手指衛生との密接な関連が示唆された。

結論
効果的な感染制御プログラムにより、経腸栄養の細菌汚染を大幅に減少させることが可能である。ナーシングホームに感染制御プログラムを導入することが強く推奨される。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
医療を提供するあらゆる場面で衛生管理の徹底が必要となる。我が国でもこうした取り組みが必要である。

シンガポールの 3 次病院で検出されたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)分離株のムピロシン高度耐性率

Prevalence of high-level mupirocin resistance among meticillin-resistant Staphylococcus aureus isolates in a tertiary care hospital in Singapore

S. Choudhury*, P.U. Krishnan, B. Ang
*Tan Tock Seng Hospital, Singapore

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 56-57


メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)のムピロシン高度耐性のために、鼻腔除菌プロトコールにおけるムピロシンの意義が損なわれている。2010 年に、著者らの 3 次病院のムピロシン高度耐性率を明らかにするための研究を実施した。当院の MRSA のムピロシン高度耐性率は 11%であった。スクリーニングにより検出された 24 の分離株では、ムピロシン高度耐性の遺伝子型を用いた検出法と表現型を用いた検出法の結果に完全な一致がみられた。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
ムピロシン信仰はすでに限界にきている。耐性菌も各国で発見されており、予防にシフトしていくべきである。

水中分娩用プールのレジオネラ・ニューモフィラ(Legionella pneumophila)血清型 1

Legionella pneumophila serogroup 1 in a birthing pool

L. Teare*, S. Millership
*Broomfield Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 58-60


本報告では、計画的メンテナンスプログラムの実施中に、水中分娩用プールへの給水設備からレジオネラ・ニューモフィラ(Legionella pneumophila)血清型 1 が分離されたことを受けてのリスクアセスメントと、その後の措置について述べる。新生児レジオネラ症症例に関する文献を検索したところ、生後 2 か月未満の乳児の症例の報告が 24 件特定され、このうち 2 件が水中分娩に関連していた。これに基づいて、レジオネラ属菌が検出されなくなるまでプールを閉鎖した。給水の超塩素処理(hyperchlorination)の効果が不十分であったため、制御は困難であることが判明した。プールに給湯する温度調節式混合栓にフィルタを設置したところ、満水になるまでの時間が大幅に延びたため、十分な流量を得るために蛇口を追加する必要が生じた。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
水治療施設でも温浴をする可能性のある装置では、レジオネラ対策が欠かせない。

消毒薬含浸清掃用不織布の微生物汚染

Microbial contamination of a disinfectant-soaked unwoven cleaning cloth

S. Oie*, J. Arakawa, H. Furukawa, S. Matsumoto, N. Matsuda, H. Wakamatsu
*Yamaguchi University Hospital, Japan

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 61-63


2009 年 12月、日本の大学病院の集中治療室に入室中の 76 歳の男性患者がバークホルデリア・セパシア(Burkholderia cepacia)による肺炎を発症した。その後の感染源特定のための環境調査により、患者の義歯の保存液中から DNA 型が一致する B. cepacia が検出された。環境清掃に使用されている 0.2%アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩溶液含浸レーヨン不織布の開封済みパックが、B. cepacia、アルカリゲネス・キシロソキシダンス(Alcaligenes xylosoxidans)、シュードモナス・フルオレッセンス(Pseudomonas fluorescens)、および緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)に汚染されていることが判明した。未開封パックから得た 42 サンプル中 5 サンプルから、DNA 型が異なる B. cepacia が検出された。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
国内におけるアウトブレイク調査事例である。衛生管理の重要性を再認識させられる。

二酸化塩素ベースの消毒薬を用いた清掃法ではクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)芽胞による環境汚染に対する効果が増強しない

Lack of enhanced effect of a chlorine dioxide-based cleaning regimen on environmental contamination with Clostridium difficile spores

S.D. Goldenberg*, A. Patel, D. Tucker, G.L. French
*Guy’s & St Thomas’ NHS Foundation Trust and King’s College, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 64-67


クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)芽胞は医療環境内での疾患伝播に重要な役割を果たしている可能性があり、種々の清掃用薬剤や洗浄液に耐性を示す。近年は、様々な環境清掃用薬剤が利用可能となっており、その多くは殺芽胞効果をうたっている。著者らは二酸化塩素ベースの消毒薬を用いた清掃法への変更が C. difficile による環境汚染および患者の感染率に及ぼす効果を調査した。環境汚染率は変更前 8%(9/120)、変更後 8%(17/212)であり、影響を受けなかった。患者の感染率も変更前後の期間を通じて変化がなかった。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
二酸化塩素の殺芽胞効果については、芽胞が死滅するのに必要な二酸化塩素の濃度の人体への影響を考慮すると、目的を果たし得るかを含めてやや疑問が残る。

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.