JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

水中分娩用プールのレジオネラ・ニューモフィラ(Legionella pneumophila)血清型 1

Legionella pneumophila serogroup 1 in a birthing pool

L. Teare*, S. Millership
*Broomfield Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 58-60


本報告では、計画的メンテナンスプログラムの実施中に、水中分娩用プールへの給水設備からレジオネラ・ニューモフィラ(Legionella pneumophila)血清型 1 が分離されたことを受けてのリスクアセスメントと、その後の措置について述べる。新生児レジオネラ症症例に関する文献を検索したところ、生後 2 か月未満の乳児の症例の報告が 24 件特定され、このうち 2 件が水中分娩に関連していた。これに基づいて、レジオネラ属菌が検出されなくなるまでプールを閉鎖した。給水の超塩素処理(hyperchlorination)の効果が不十分であったため、制御は困難であることが判明した。プールに給湯する温度調節式混合栓にフィルタを設置したところ、満水になるまでの時間が大幅に延びたため、十分な流量を得るために蛇口を追加する必要が生じた。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
水治療施設でも温浴をする可能性のある装置では、レジオネラ対策が欠かせない。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.