JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

医療関連尿路感染症のリスク因子、および病院の管理データを用いたサーベイランスでのこれらのリスク因子の活用:システマティックレビュー

Risk factors for healthcare-associated urinary tract infection and their applications in surveillance using hospital administrative data: a systematic review

C. King*, L. Garcia Alvarez, A. Holmes, L. Moore, T. Galletly, P. Aylin
*Imperial College, UK

Journal of Hospital Infection (2012) 82, 219-226


背景
医療関連尿路感染症(UTI)は院内感染症の多くの割合を占めており、英国では近年、カテーテル関連 UTI の減少を図るためのサーベイランスが開始されている。しかし現在のところ、病院がこれまで日常的に収集してきた膨大な管理情報はサーベイランスのために最大限に活用されていない。

目的
医療関連 UTI のリスク因子に関するエビデンスを定量的に評価すること、および病院内のデータを用いてこれらのリスク因子が画期的なサーベイランスツールの構築のため、またその情報として活用できるかどうかを明らかにすること。

方法
確立されている医療関連 UTI のリスク因子を特定するために文献のシステマティックレビューを行った。これらのリスク因子の人口寄与危険割合(PAR%)を算出し、リスクの階層化を行った。次に病院の管理データを対象として、これらの定量化されたリスク因子を調査した。

結果
文献のシステマティックレビューで特定されたリスク因子の 30%以上は、感染の独立予測因子であった。PAR%が最も高かったのは尿道カテーテル留置であり、カテーテル留置を実施しない場合は尿路感染症の 79.3%が予防されると計算された。医療関連 UTI の独立予測因子のうち 60%を対象として、PAR%を算出した。特定された独立リスク因子のうち、尿道カテーテル留置を含む 65%は、病院の管理データセットでコード化されていた。

結論
本研究から、確立されている医療関連 UTI のリスクを定量的に評価することによって、病院の管理データを医療関連 UTI リスクのモニタリングおよびサーベイランスのために、より効果的に活用できる可能性があることが示された。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者注:
人口寄与危険割合(population-attributable risk percentage;PAR%):全集団の中で発生した疾患(またはイベント)のうち、そのリスク因子が原因となって発生したと考えられる疾患(またはイベント)の割合。It を全人口における医療関連 UTI 発生率、Iu をリスク因子への曝露がない医療関連 UTI 発生率とした場合、PAR% = (ItIu)/It × 100 により算出される。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.