JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

感染予防・制御における「非接触式」室内自動消毒装置の役割

The role of ‘no-touch’ automated room disinfection systems in infection prevention and control

J.A. Otter*, S. Yezli, T.M. Perl, F. Barbut, G.L. French
*King’s College London and Guy’s and St Thomas’ NHS Foundation Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 1-13


背景
一部の医療関連感染では、病院内の表面汚染が病原体の伝播に関与している。ある種の院内感染病原体の保菌・感染患者が使用していた病室への入院は、その後の使用者の感染リスクが高い。したがって、このような患者の病室では、最終消毒を改善する必要がある。従来の消毒法には、消毒薬の適切な選択・調製、散布、および接触時間を消毒実施者に依存しているという限界があると考えられる。こうした問題は、「非接触式」室内自動消毒装置を使用することによって軽減することが可能である。

目的
「非接触式」室内自動消毒装置に関する既報データについてまとめること。

方法
Pubmed により関連論文を検索した。

結果
消毒の水準を改善し、前の入院患者によって増加したリスクを軽減させるために多くの「非接触式」室内自動消毒装置が開発されており、これによって適切な散布、接触時間、および操作の反復を消毒実施者に依存する必要がなくなるか、あるいは依存度が低下している。利用可能な「非接触式」室内自動消毒装置には、蒸気化過酸化水素装置、過酸化水素エアロゾル(aHP)、および紫外線照射などがある。これらの装置は活性物質、散布メカニズム、有効性、操作時間、および使いやすさが大きく異なる。一般に、「非接触式」室内自動消毒装置では時間と有効性は両立しない。装置を選択する際は、意図する使用方法、エビデンスに基づく有効性、操作の実用性、および経済的な制約を勘案すべきである。

結論
「非接触式」室内自動消毒装置は、感染予防・制御のための有用な手段として受け入れられつつある。

サマリー原文(英語)はこちら

黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)の予防・制御のための全ゲノムシークエンス法

Whole genome sequencing in the prevention and control of Staphylococcus aureus infection

J.R. Price*, X. Didelot, D.W. Crook, M.J. Llewelyn, J. Paul
*Royal Sussex County Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 14-21


背景
黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)は依然として病院感染の主要な起因菌であるが、現在のタイピング法には固有の弱点があり、効果的な感染予防・感染制御の妨げとなっている。全ゲノムシークエンス法は解析能が高く、黄色ブドウ球菌感染に対する我々の理解や管理に画期的な変化をもたらす可能性がある。

目的
全ゲノムシークエンス法の実際について概説するとともに、感染制御実践における今後の可能性を考察すること。

方法
従来のタイピング法を精査し、全ゲノムシークエンス法の潜在的有用性と比較する。

結果
全ゲノムシークエンス法が従来の方法と異なる点として、一塩基の違いまでを識別できること、伝播やアウトブレイクの正確な特性を明らかにできること、さらに抗菌薬感受性や病原性などの表現型の特性における遺伝子的背景に関する情報を得られることが挙げられる。しかし、そのような潜在的有用性を日常業務に生かすことができるかどうかは、コストや所要時間の妥当性、および信頼性の高い標準化されたバイオインフォマティクス基盤の有無によって左右される。

結論
全ゲノムシークエンス法は、アウトブレイク調査を支援し、新興菌株の検出を可能とし、またその臨床的重要性を予測するための汎用性の高い検査法となる可能性がある。

サマリー原文(英語)はこちら

管腔内視鏡の洗浄に関する現時点での限界

Current limitations about the cleaning of luminal endoscopes

R. Hervé *, C.W. Keevil
*University of Southampton, UK

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 22-29


背景
蛋白質などの患者由来成分が内視鏡内腔に存在・蓄積することによって、毒性作用、器材の損傷、不適切な消毒・滅菌、バイオフィルム形成リスクの上昇、病原体の伝播などの重大な影響がもたらされる可能性がある。

目的
単回の汚染・洗浄サイクル中の軟性管腔内視鏡チャンネルへの蛋白質の沈着と除去を評価すること。

方法
生検チャンネル内腔に接触する使い捨て内視鏡鉗子の汚染レベルを評価した。内視鏡検査室での観察後、管腔内視鏡チャンネル内部への蛋白質吸着に影響する因子および現行の初期洗浄法の操作について、蛋白質性の試験用汚染物質および高感度エピ蛍光顕微鏡法を用いて評価した。

結果
内視鏡の使い捨て部品は内腔汚染に関与していると考えられ、管腔内視鏡チャンネルを通過した蛋白質性汚染物質量の有用な指標であった。製造者の推奨に従った酵素洗浄およびチャンネルのブラッシングは、単回汚染後の新品の内視鏡チャンネルから蛋白質性残留物をすべて除去できるほど有効ではなかった。汚染直後のすすぎのみが、汚染除去の結果をわずかに改善した。

結論
現行の汚染除去法の効果は限定的であること、およびチャンネルの清浄度を患者間で評価するための質管理法がないことは、内視鏡検査中の有害な微生物や分子の交差感染リスク上昇の一因となっている。

サマリー原文(英語)はこちら

WHO の手指衛生自己評価フレームワーク(Hand Hygiene Self-Assessment Framework)の有用性と信頼性の評価

Testing the WHO Hand Hygiene Self-Assessment Framework for usability and reliability

A.J. Stewardson*, B. Allegranzi, T.V. Perneger, H. Attar, D. Pittet
*University of Geneva Hospitals and Faculty of Medicine, Switzerland

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 30-35


背景
世界保健機関(WHO)の手指衛生自己評価フレームワーク(Hand Hygiene Self-Assessment Framework;HHSAF)は、医療施設での手指衛生の資源、推進、および実施の状況分析のための構造化自己評価ツールとして考案された。

目的
HHSAF の有用性予備試験および信頼性試験を実施すること。

方法
WHO の集学的手指衛生改善戦略(Multimodal Hand Hygiene Improvement Strategy)の主要項目が反映されるように、専門家と協議のうえで HHSAF 案を起草した。42 施設に依頼して HHSAF 案の予備試験を実施し、フィードバック調査を完了した。信頼性試験では、各施設 2 名の使用者が個別に HHSAF を実施した。各指標の信頼性については、分散成分モデルを用いて各成分の小計スコアおよび合計スコアを推計して評価した。各評価後にツールを再検討し、必要に応じて修正を行った。

結果
案の起草にあたって 27 の指標を選択した。19 か国の 26 施設が予備試験を完了し(回答率 62%)、合計スコアは 35 から 480 の範囲(平均 262)であった。21 施設では HHSAF の実施に要する時間は 2 時間未満であった。ほとんどの施設は、HHSAF は「使いやすい」(23/26)、「施設の手指衛生の状態を明確化するうえで有用」(24/26)と回答した。16 か国の 41 施設が信頼性試験ですべての回答を寄せた。HHSAF の合計スコアおよび 5 つの各成分の小計の信頼性は 0.54 から 0.86 の範囲であった。7 つの指標は信頼性が低かったため、欠点と考えられる部分を検討し、修正を行った。

結論
上述のプロセスによって、医療施設での手指衛生促進に対する本ツールの有用性と信頼性が確認された。

サマリー原文(英語)はこちら

イタリアの病院の新生児室における市中獲得型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)USA300 クローンによる皮膚・軟部組織感染症アウトブレイク

Outbreak of skin and soft tissue infections in a hospital newborn nursery in Italy due to community-acquired meticillin-resistant Staphylococcus aureus USA300 clone

A. Sanchini*, M.G. Spitoni, M. Monaco, A. Raglio, A. Grigis, W. Petrò, M. Menchini, A. Pesenti, A. Goglio, A. Pantosti
*Istituto Superiore di Sanità, Italy

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 36-40


背景
市中獲得型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(community-acquired meticillin-resistant Staphylococcus aureus;CA-MRSA)は、世界各地で健常者の重度の市中獲得型感染症の原因となっている。

目的
イタリア北部の病院の新生児室で 2010 年 9 月から 10 月に発生した CA-MRSA アウトブレイクと、その調査および制御対策について報告すること。

方法
アウトブレイクの疫学について記述した。調査として新生児、両親、および病院職員の MRSA 保菌のスクリーニングなどを実施した。また、MRSA 分離株の分子タイピングを行った。

結果
新生児 9 例でアウトブレイクが発生し、このうち 3 例は重度の感染症であった。さらに、母親 4 例が産褥乳腺炎、母親 3 例および父親 1 例が皮膚感染症に罹患した。アウトブレイク株は CA-MRSA USA300 クローンであった。新生児、両親、および病院職員にアウトブレイク株の無症候性保菌が認められた。病院の適切な感染制御対策によりアウトブレイクは終結した。

結論
著者らの知る限り、本稿は CA-MRSA USA300 クローンによる病院アウトブレイクに関する欧州で初めての報告である。感染制御対策の強化、特に新生児などの高リスク群を対象とした感染制御対策の強化が、欧州の病院における USA300 株の流行を予防するために重要である。

サマリー原文(英語)はこちら

手術部位感染症に関する患者からの説明:診療に対する重要性

Patient narratives of surgical site infection: implications for practice

J. Tanner*, W. Padley, S. Davey, K. Murphy, B. Brown
*De Montfort University, UK

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 41-45


背景
患者の経験に関する調査は、診療を改善するために医療の中で広く行われている。しかしこれまでは、手術部位感染症(SSI)のサーベイランスや予防介入などにおいては、このような患者からの情報提供はわずかであった。

目的
診療の改善を図るため、患者の SSI の経験から情報を得ること。

方法
イングランドの 3 病院の SSI 患者 17 例(深部 SSI 4 例、臓器・体腔 SSI 12 例、および表在性 SSI 1 例)を対象として口述面接を実施し、次いで主題内容分析を実施した。

結果
患者は SSI の全体的な認識、関心、および理解が欠けていた。7 例の患者は自身が SSI であることを知らず、患者の説明から判断すると病院職員が患者に SSI について伝えていないこと、または SSI の存在を軽視したことが認識の欠如に関与しているようであった。プライマリ・ケアに多くの資源が投入されており、また 6 例の患者は 2 ~ 4 か月間休職していた。

結論
患者は SSI に対する関心が低いが、これが向上すれば予防介入の遵守が改善すると考えられる。本研究から、SSI の症状を把握するために患者の自己評価式の退院後サーベイランスの質問票を使用することの妥当性が確認された。またコストに関して、プライマリ・ケアのみならず、休職などの患者側にかかわるコストや、地域のコストなどを総合的に特定する必要性が示された。

サマリー原文(英語)はこちら

感染性心内膜炎患者に対する長期抗菌薬投与のための血管アクセス戦略:デバイスの種類および感染と死亡のリスク

Vascular access strategy for delivering long-term antimicrobials to patients with infective endocarditis: device type, risk of infection and mortality

F.Z. Ahmed*, W.W. Baig, T. Munyombwe, R. West, J.A.T. Sandoe
*Leeds Teaching Hospitals NHS Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 46-50


背景
本稿では、感染性心内膜炎に対する抗菌薬静脈内投与を受ける患者における種々の血管アクセスデバイスの使用、および血管内カテーテル関連感染(CRI)の発生率について報告する。

目的
血管アクセスデバイスの種類によって感染率が異なるかどうかを評価すること、および感染性心内膜炎患者の死亡率に対する CRI の影響を調べること。

方法
感染性心内膜炎に対して抗菌薬静脈内投与を受ける全入院患者を対象として、前向き観察評価を行った。合計 114 例の入院患者を評価した。すべての CRI 症例(出口部感染、血管内カテーテル関連血流感染[CRBSI]、および死亡を含む)を記録した。抗菌薬投与にはトンネル型中心静脈カテーテル(CVC)、非トンネル型 CVC、および末梢挿入型カニューレを使用した。

結果
15 件の CRI エピソードが発生し、このうち 11 件は CRBSI であった(すべて CVC 使用に関連していた)。これら以外は単純性出口部感染であった。トンネル型 CVC の使用(ハザード比[HR] 16.95、95%信頼区間[CI] 2.13 ~ 134.93、P = 0.007)および非トンネル型 CVC の使用(HR 24.54、95%CI 2.83 ~ 212.55、P = 0.004)が、CRI リスクの有意な上昇と関連していた。死亡リスクは、黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)が感染性心内膜炎(P < 0.001)および CRBSI(P = 0.034)の原因である場合に有意に上昇した。

結論
感染性心内膜炎患者の CRI リスクは、使用する血管アクセスデバイスの種類と関連していた。CRBSI の発生率は CVC では極めて高かったが、末梢静脈カニューレは CRBSI や重篤な転帰とは関連しなかった。末梢カニューレを介する投与では、多くの患者(40%)が全治療コースを忍容した。これらの結果は、CRI リスクの低下に対するデバイス選択の重要性を確証するものであり、これは、感染性心内膜炎の転帰と死亡に影響する修正可能な因子である。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者注:
単純性出口部感染(uncomplicated exit-site infection):本稿での定義は、カテーテル出口部に 1 cm を超える紅斑および/または膿性滲出を認めるが血液培養陽性ではないカテーテル関連感染症。

ドイツの病院における病原性細菌の機械的ベクターとしてのオオチョウバエ(Clogmia albipunctata、ハエ目チョウバエ科)の役割

Role of the moth fly Clogmia albipunctata (Diptera: Psychodinae) as a mechanical vector of bacterial pathogens in German hospitals

M. Faulde,* M. Spiesberger
*Central Institute of the Bundeswehr Medical Service, Germany

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 51-60


背景
オオチョウバエ(Clogmia albipunctata、ハエ目チョウバエ科)は以前は地中海沿岸のチョウバエであったが、現在はドイツにも生息しており、病院の建物内で 1 年中みることができる害虫である。

目的
オオチョウバエは、生息しているドイツの病院内で、病原細菌を運搬・伝播する能力を有しているかどうかを調べること。

方法
2011 年 6 月から 2012 年 5 月に、オオチョウバエの成虫 271 匹を、生息している 4 病院で採集し、細菌定着の定性的分析および一部では定量的分析を行った。選択した院内病原菌の抗菌薬感受性試験を実施した。

結果
40 属 45 種の細菌がオオチョウバエに定着していた。分離菌と定着率は、アシネトバクター・バウマニー(Acinetobacter baumannii)0% ~ 17.5%、アエロモナス・ハイドロフィラ(Aeromonas hydrophila)0% ~ 16.7%、アルカリゲネス・フェーカリス(Alcaligenes faecalis)0% ~ 12.5%、バチルス・セレウス(Bacillus cereus)0% ~ 62.1%、大腸菌(Escherichia coli)0% ~ 2.5%、肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae ssp. Pneumoniae)0% ~ 4.1%、緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)0% ~ 12.5%、シュードモナス・フルオレッセンス(P. fluorescens)0% ~ 7.6%、およびステノトロフォモナス・マルトフィリア(Stenotrophomonas maltophilia)0% ~ 10%などであった。さらに、Yersinia frederiksenii(エルシニア・フレデリクセニー)およびノカルジア(Nocardia)属菌が 1 株ずつ検出された。多剤耐性 S. maltophilia 11 株が 1 病院で回収されたのに対し、多剤耐性腸内細菌科細菌は分離されなかった。Acinetobacter 属菌のオオチョウバエへの定着率は 2.9% ~ 36.8%であり、外骨格への高い親和性が示され、A. baumannii ではチョウバエ 1 匹あたり最大 2,080 コロニー形成単位であった。

結論
オオチョウバエは、院内感染と関連する病原性細菌の機械的ベクターである可能性がある。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
感染症の運び屋としての蚊やハエは、常に衛生管理上の課題である。古典的ともいえる方法で、こうした地道な研究を試みることには頭が下がる。一方で、こうしたハエよりも医療環境で人が運ぶ病原菌のほうが菌種も菌量もはるかに多く、医療関連感染への影響力を考えると比でないのではないだろうか。

産科における 3 年間のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)スクリーニングの経験

Three years’ experience of screening for meticillin-resistant Staphylococcus aureus in obstetrics

J.W. Gray*, J. Suviste
*Birmingham Women’s Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 61-63


産科の患者は概ね健常者集団であり、一般的な入院患者集団と比較してメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)リスクが低いと考えられるが、産科を対象とした MRSA スクリーニングに関するデータはほとんどない。2009 年 1 月から 2011 年 12 月に Birmingham Women’s Hospital で出産した女性 21,770 例中 5,548 例(25.5%)を対象として、鼻腔スワブのスクリーニングを実施した。MRSA 陽性は 29 例(0.5%)のみであり、その後 3 例に MRSA 感染症が発生した。さらに、母親が MRSA スクリーニング陰性であった 6 組を含む 13 組の母子に MRSA 感染症が発生した。母子のいずれかが MRSA 陽性であった母 42 例中 17 例が MRSA のリスク因子を有していた。産科では MRSA の蔓延は認められず、この集団を対象とした MRSA 関連疾患の予防のための鼻腔スワブの大規模スクリーニングの価値はわずかである。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
母集団として妊婦を長期管理入院例などに限定すると、保菌リスクは高くなることが推測されるが、一般的な分娩でのリスクは筆者が述べているように低い。

ヘアリー・テイル(毛の話):待機的帝王切開患者の入院前自己除毛の減少のための患者教育戦略の成功

A hairy tale: successful patient education strategies to reduce prehospital hair removal by patients undergoing elective caesarean section

W. Ng*, D. Alexander, B. Kerr, M.F. Ho, M. Amato, K. Katz
*North York General Hospital, Canada

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 64-67


不適切な除毛は、術後の手術部位感染(SSI)のリスク因子である。入院前自己除毛に関する産科患者の啓発のために一連の介入を実施した。帝王切開後に、入院患者および外来患者の SSI の積極的サーベイランスを前向きに実施した。自己除毛率は 2008 年の 41%から、ポスターおよび強力な出産前教育実施後の 2011 年には 27%に有意に低下した(P = 0.048)。同時に、帝王切開後の SSI 発生率は 51%低下した。この多角的戦略により入院前の全自己除毛、特に剃毛の減少に成功した。SSI 予防のために同時に実施したその他の介入も、SSI 発生率の減少に寄与したと考えられる。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
分娩前の自己除毛という習慣は国民性の表れだろうか? 様々な国に様々な医療の特徴があるものである。

切開前の抗菌薬予防投与により帝王切開後の手術部位感染発生率が低下する

Pre-incision antibiotic prophylaxis reduces the incidence of post-caesarean surgical site infection

J. Brown*, M. Thompson, S. Sinnya, A. Jeffery, C. de Costa, C. Woods, P. Howat, A. Raulli
*Cairns Base Hospital, Australia

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 68-70


オーストラリアの大規模地域病院で、帝王切開後の手術部位感染症(SSI)発生率を、抗菌薬予防投与の時期を臍帯クランプ後から切開前に変更する前と後で比較評価する 2 部構成の前向き研究を実施した。SSI 発生率は 2010 年の 10.8%から 2011 年には 2.8%に低下し、新生児への有害な影響はみられなかった。したがって、オーストラリアおよびニュージーランドの病院で帝王切開を施行する場合は、切開前に抗菌薬予防投与を行うべきであるというさらなるエビデンスが得られた。これは、すでに他国では受け入れられている臨床実践である。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
すでに他国では受け入れられている臨床実践であると書かれているように、新規の知見はない。

アイルランドの重症管理病床におけるカルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌:2011 年 6 月の有病率予備調査の結果

Carbapenemase-producing Enterobacteriaceae in Irish critical care units: results of a pilot prevalence survey, June 2011

K. Burns*, D. Morris, S. Murchan, R. Cunney, E. Smyth, M. Power, K. Schaffer, C. Collins, A. Sheahan, M. Cormican, F. Fitzpatrick
*Health Protection Surveillance Centre, Ireland

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 71-73


アイルランドにおけるカルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌(CPE)の疫学には変化がみられ、報告症例数は 2010 年後半と 2011 年前半に増加した。報告症例の多くは重症管理病床に関係していた。CPE の直腸保菌率を調査し、国内の CPE スクリーニングガイドラインに情報を提供するため、2011 年 6 月にアイルランドの重症管理病床 40 室(成人 37 室、小児 3 室)を対象として 4 週間の全国的な予備調査を実施した。研究期間中にスクリーニング用のスワブ 760 件を採取したが、CPE は調査に参加した重症管理病床のいずれからも検出されなかった。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
重症管理病床でのケアにおける抗菌薬曝露のリスクが、おそらくは高い保菌率のリスク要因となっているのであろう。

糖尿病患者の院内蠅蛆症

Nosocomial myiasis in a patient with diabetes

M. Dutto*, M. Pellegrino, S. Vanin
*Azienda Ospedaliera S. Croce e Carle, Italy

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 74-76


本稿では、ニクバエ科の Sarcophaga (Bercaea) africa の幼虫による院内蠅蛆症の症例を報告する。この寄生虫症は、2 型糖尿病患者の踵の潰瘍で発生した。産卵時は潰瘍はドレッシングで被覆されていた。Sarcophaga の幼虫がドレッシングを通過して化膿した創部に到達できることを確認するための実験を行った。蛆蝿症は医療機関の衛生基準の評判を損ない、法的問題が発生する可能性があり、これを回避するためには、院内で特別な注意と教育、および専用のプロトコールが必要であることが本稿から示された。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
蛆虫療法(マゴットセラピー;maggot therapy)と呼ばれる、ハエの幼虫である蛆(マゴット;maggot)を使った方法で糖尿病患者の傷の治療が行われることがあるが、いずれにせよ、糖尿病性壊疽患者の病変部の衛生管理は徹底する必要がある。

リボタイピング法による大学病院のクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)アウトブレイクの検出

Ribotyping in the detection of Clostridium difficile outbreaks in a single university hospital

T.A. Patel*, R. Smith, S. Hopkins
*Royal Free Hampstead NHS Foundation Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 77-79


クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染症(CDI)は、最も重要な細菌性の病院感染下痢症の原因である。イングランドおよび北アイルランドでは、2007 年のピーク以後は CDI 関連死の報告は減少しているが、CDI は依然として疾患および死亡の主要な原因である。英国健康保護局の Clostridium difficile Ribotyping Network(CDRN)は、CDI 症例の至適な管理に有用な情報を提供することを目的として設立された。本研究では、重度の疾患を引き起こす可能性がある菌株によるアウトブレイクを検出するためのリボタイピング法の有用性を評価した。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
Clostridium difficile は、しばしばパルスフィールド・ゲル電気泳動法で型別が不能になることもあり、迅速性の観点からも疫学調査のための変法が望まれる。今後もさらなる検討が必要である。

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.