JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

手術部位感染症に関する患者からの説明:診療に対する重要性

Patient narratives of surgical site infection: implications for practice

J. Tanner*, W. Padley, S. Davey, K. Murphy, B. Brown
*De Montfort University, UK

Journal of Hospital Infection (2013) 83, 41-45


背景
患者の経験に関する調査は、診療を改善するために医療の中で広く行われている。しかしこれまでは、手術部位感染症(SSI)のサーベイランスや予防介入などにおいては、このような患者からの情報提供はわずかであった。

目的
診療の改善を図るため、患者の SSI の経験から情報を得ること。

方法
イングランドの 3 病院の SSI 患者 17 例(深部 SSI 4 例、臓器・体腔 SSI 12 例、および表在性 SSI 1 例)を対象として口述面接を実施し、次いで主題内容分析を実施した。

結果
患者は SSI の全体的な認識、関心、および理解が欠けていた。7 例の患者は自身が SSI であることを知らず、患者の説明から判断すると病院職員が患者に SSI について伝えていないこと、または SSI の存在を軽視したことが認識の欠如に関与しているようであった。プライマリ・ケアに多くの資源が投入されており、また 6 例の患者は 2 ~ 4 か月間休職していた。

結論
患者は SSI に対する関心が低いが、これが向上すれば予防介入の遵守が改善すると考えられる。本研究から、SSI の症状を把握するために患者の自己評価式の退院後サーベイランスの質問票を使用することの妥当性が確認された。またコストに関して、プライマリ・ケアのみならず、休職などの患者側にかかわるコストや、地域のコストなどを総合的に特定する必要性が示された。

サマリー原文(英語)はこちら

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.