JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

耐性か、適応か? 選択圧がない状態での「グルタルアルデヒド耐性」緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)分離株の感受性はどの程度か?

Resistance or adaptation? How susceptible is a ‘glutaraldehyde-resistant’ Pseudomonas aeruginosa isolate in the absence of selection pressure?

G. Kampf*, C. Ostermeyer, S. Tschudin-Sutter, A.F. Widmer
*Bode Chemie GmbH, Germany

Journal of Hospital Infection (2013) 84, 316-318


グルタルアルデヒド感受性が低下した 1 回目および 5 回目の継代後の緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)分離株に対するグルタルアルデヒド溶液およびグルタルアルデヒドを主成分とする器具消毒薬の活性を、3 種類の濃度と 3 種類の温度下で調べた。1 回目と 5 回目の継代株の間に有意差は認められず、表現型適応が生じた可能性は低い。

サマリー原文(英語)はこちら

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.