JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

微生物付着およびバイオフィルム形成の予防のための医療器材表面の加工

Modification of the surfaces of medical devices to prevent microbial adhesion and biofilm formation

C. Desrousseaux*, V. Sautou, S. Descamps, O. Traoré
*Clermont Université, Université d’Auvergne, C-BIOSENSS, France

Journal of Hospital Infection (2013) 85, 87-93


背景
微生物の付着や生存を抑制する作用がある表面を有する器材の開発は、デバイス関連感染予防の有望な方法である。

目的
微生物の付着や増殖を抑制する作用がある表面を有する器材を設計するために用いられている戦略についてレビューを行うこと。

方法
公表文献の PubMed 検索。

結果
1 つの戦略として、殺生物剤で処理した医療器材を設計することが挙げられる。殺生物剤を素材に含有させる、コーティングする、または共有結合させることによって、殺微生物剤が放出されるか、あるいは放出されずに接触による致死がもたらされる。医療器材に殺生物剤を使用することには、細菌耐性のリスクや毒性の可能性といった問題のために異論がある。もう 1 つの戦略は、微生物の付着が防止されるように、素材表面の化学的または物理的性状を変えることである。微生物の付着は、微生物の生物学的構造や環境に直接的に依存する複合的な現象である。表面の化学的な抗付着加工は、多くの場合、素材の疎水性を標的としたものである。表明形状の加工で重要となる特性は粗度(roughness)とナノ構造であり、それらのサイズや空間的構造は制御可能である。今後は、細菌の付着を低減するうえで最も効果的な物理的パラメーターを特定する必要があり、これは細菌の形状やその他の特性に依存すると考えられる。

結論
殺生物剤の放出によらない、微生物の付着の低減に基づく予防戦略は有望である。表面加工をしたそれらの器材の臨床的有効性のエビデンスは不足している。どのような物理的性質が付着の低減に最も有効であるのかを明らかにするため、また抗菌薬以外の殺生物剤によるコーティングの有用性を評価するために、さらなる研究が必要である。

サマリー原文(英語)はこちら

小児における市中感染、医療関連感染、および病院感染による血流感染の定義:本システマティックレビューにより基準には一貫性が欠如していることが示された

Community-acquired, healthcare-associated and hospital-acquired bloodstream infection definitions in children: a systematic review demonstrating inconsistent criteria

K.L. Henderson*, B. Müller-Pebody, A.P. Johnson, A. Wade, M. Sharland, R. Gilbert
*Public Health England, UK

Journal of Hospital Infection (2013) 85, 94-105


背景
歴史的に、細菌感染は市中感染または病院感染のいずれかに分類されてきた。しかし、すでにこの二分法は、病院と市中での管理を組み合わせて受ける患者に生じる医療関連感染のパターンを適切に反映するものではない。この変遷する疫学の解明を試みる研究においては、小児は対象外とされることが多い。

目的
小児の市中感染、医療関連感染、および病院感染による血流感染を区別するためにこれまで使用されていた基準を明らかにするとともに、全血流感染における、および原因微生物別にみた市中感染、医療関連感染、および病院感染の比率を明らかにすること。

方法
PubMed の公表文献、および英国保健省と米国疾病対策センター(CDC)のウェブサイトのシステマティックレビューを行った。

結果
23 件の研究およびウェブサイトから、使用されている基準には一貫性が欠如していることが判明した。市中感染および病院感染による血流感染の基準には、それぞれ 13 および 15 のバリエーションがみられたが、入院から 48 時間後のサンプル培養というカットオフ基準は多くの研究が報告していた。5 件の研究では、医療関連感染の定義として異なる臨床的基準を使用していた。9 件の研究の小児の市中感染による血流感染の比率は平均 50%であった。いずれかのタイプの感染が優勢にみられた血流感染の原因微生物は 5 件の研究の 4 種類のみであり、肺炎球菌およびサルモネラ(Salmonella)属菌は市中感染、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌およびエンテロコッカス(Enterococcus)属菌は病院感染のほうに多くみられたのに対して、シュードモナス(Pseudomonas)属菌、クレブシエラ(Klebsiella)属菌、およびエンテロバクター(Enterobacter)属菌はいずれかの感染カテゴリーに明確にあてはまるということはなかった。

結論
本研究により、小児の市中感染、医療関連感染、および病院感染による血流感染を区別するために使用される基準には一貫性が欠如していること、また基準がよりどころとすべきエビデンスが不足していることが判明した。これらの血流感染の基準を、患者の臨床的特性、最近の医療曝露、および分離微生物種を考慮した一般住民対象研究により作成する必要がある。

サマリー原文(英語)はこちら

集中治療室の汚染された流し:患者環境での基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生腸内細菌科細菌の過小評価されている汚染源

Contaminated sinks in intensive care units: an underestimated source of extended-spectrum beta-lactamase-producing Enterobacteriaceae in the patient environment

D. Roux*, B. Aubier, H. Cochard, R. Quentin, N. van der Mee-Marquet, for the HAI Prevention Group of the Réseau des Hygiénistes du Centre
*Centre Hospitalier Universitaire, Tours, France

Journal of Hospital Infection (2013) 85, 106-111


背景
集中治療室(ICU)の汚染された手洗い用流しに関連する基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生腸内細菌科細菌によるアウトブレイクが報告されている。

目的
地域研究を実施し、ICU の 135 の病室の手洗い用流しが汚染源となり得るかどうかを評価すること、および流しの汚染リスク上昇に関連する因子を特定すること。

方法
13 の ICU で多施設共同研究を実施し、185 の流しの ESBL 産生腸内細菌科細菌による汚染の微生物学的検査を行った。分離微生物の解析を行い、randomly amplified polymorphic DNA(RAPD)法により ICU におけるクローン拡散を評価した。それぞれの流しの使用状況、流しに隣接する臨床環境の汚染に関与する可能性のある因子、および流しの日常的な清掃手順を記録し、データを収集した。

結果
57 の流し(31%)が ESBL 産生腸内細菌科細菌により汚染されており、その多くはクレブシエラ(Klebsiella)属菌(33 株)およびエンテロバクター(Enterobacter)属菌(18 株)であった。汚染率が高い 2 つの ICU では、流行性株のクローン拡散が示唆された。手洗い用流しが汚染されるリスク因子、および流しが汚染をもたらすリスク因子は高頻度で認められ、81 の流し(44%)は手洗いおよび体液廃棄の両方に用いられており、67 の流し(36%)では飛沫のリスクが認められ、このうち 23 の流しは ESBL 産生腸内細菌科細菌により汚染されていた。流しの日常的な消毒の実施頻度は高く(85%)、ほとんどが毎日実施しており(75%)、消毒薬として四級アンモニウム製剤(41%)または漂白剤(21%)が多く使用されていた。流しの汚染率が低いことは、流しを手洗い専用で使用していること、および流しの消毒を漂白剤を用いて連日行っていることと有意に関連していた。

結論
ICU では、汚染された流しは患者環境の ESBL 産生腸内細菌科細菌の汚染源となり得ると考えられ、ICU の職員はこの問題を過小評価している可能性がある。比較的簡易な方法によって、この状況の迅速な改善と、多剤耐性腸内細菌科細菌に対する ICU 患者の曝露リスクの大幅な低下がもたらされると考えられる。

サマリー原文(英語)はこちら

手術創に対する 3 種類のデブリードマン法による細菌のエアロゾル化拡散および創部細菌汚染減少:パイロット研究

Aerosolized spread of bacteria and reduction of bacterial wound contamination with three different methods of surgical wound debridement: a pilot study

H.H. Sönnergren*, L. Strömbeck, F. Aldenborg, J. Faergemann
*The Sahlgrenska Academy at University of Gothenburg, Sweden

Journal of Hospital Infection (2013) 85, 112-117


背景
創傷治療においてデブリードマンは壊死組織と創部細菌の除去に不可欠であるが、エアロゾル化による細菌伝播をもたらす可能性がある。

目的
黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)を接種した創傷モデルを用いて、以下の 3 種類のデブリードマンによる細菌伝播および創部の細菌減少について調べること。鋼鉄製キュレットによるデブリードマン、プラズマを利用するバイポーラ式ラジオ波焼灼(Coblation®)、およびハイドロデブリードマン(Versajet®)。

方法
ブタの新鮮関節標本を用いて皮膚の全層創傷を作出し、黄色ブドウ球菌を接種後、37℃、24 時間培養した。標本をキュレット、Coblation、または Versajet を用いて外科的に切除するか、未処置のままとした。各デブリードマン処置中と処置後に、エアロゾル化した細菌を能動的および受動的サンプリング法により計数した。ベースライン時、培養後、およびデブリードマン後に各創部の定量的スワブサンプル 3 つとシリンダーブラシによるサンプル 1 つを採取し、創傷の細菌量を評価した。

結果
Versajet によるデブリードマンでは著明な細菌のエアロゾル化が生じたが、キュレットおよび Coblation を用いた場合には著明な発生はみられなかった。創部の細菌量が著明に減少したのは Coblation のみであった。

結論
感染・保菌創に Versajet によるデブリードマンを行う場合は追加的防御策を実施するべきである。キュレットや Coblation を用いる場合は、同様の予防策の必要性は小さいと考えられる。

サマリー原文(英語)はこちら

汚染した尿管鏡による ertapenem 耐性エンテロバクター・クロアカエ(Enterobacter cloacae)尿路感染症アウトブレイク

Outbreak of ertapenem-resistant Enterobacter cloacae urinary tract infections due to a contaminated ureteroscope

C.-L. Chang*, L.-H. Sub, C.-M. Lu, F.-T. Tai, Y.-C.Huang, K.-K. Chang
*Tainan Municipal Hospital, Taiwan

Journal of Hospital Infection (2013) 85, 118-124


背景
汚染した尿管鏡による尿路感染症のアウトブレイクはほとんど報告されていない。

目的
台湾南部の地域教育病院におけるアウトブレイクを報告すること。

方法
2010 年 10 月から 12 月に、ertapenem 耐性エンテロバクター・クロアカエ(Enterobacter cloacae)が患者 15 例の尿培養から同定された。いずれの患者も感染前に尿管鏡検査を受けていた。尿管鏡検査に関連した環境物品および医療従事者を対象として 3 段階の監視培養を実施した。パルスフィールド・ゲル電気泳動(PFGE)により細菌のタイピングを行った。ディスク拡散法および E-test 法により抗菌薬感受性を評価した。PCR 法およびシークエンシングによりβ-ラクタマーゼ遺伝子解析を行った。

結果
第 1 回の監視培養で 70 サンプルを得た。尿管鏡から ertapenem 耐性 E. cloacae 1 株が分離された。尿管鏡の消毒プロトコールを修正・適用したが、その後もさらに 7 件の尿路感染症症例が特定された。病原体はその後の 2 回の監視培養でも同定され、消毒プロトコールにエチレンオキサイド滅菌を追加するまでは除去されなかった。PFGE では、患者由来の分離株 15 株、尿管鏡由来の分離株 3 株はいずれも、わずかな変異はあるものの共通パターンを示した。ほとんどの分離株はゲンタマイシン、レボフロキサシン、セフトリアキソン、セフタジジム、および ertapenem 耐性であった。いずれの分離株もアミカシン、イミペネム、メロペネムには感性を示した。SHV-12 と IMP-8 遺伝子の両方が 18 株中 16 株に特定された。

結論
Ertapenem 耐性 E. cloacae のアウトブレイクは、汚染した尿管鏡に起因するものであり、修正した尿管鏡消毒プロトコールの適用により終結した。

サマリー原文(英語)はこちら

手術室内での滅菌器具の配置:一方向水平気流システムによる汚染保護性能の同等性または優越性

Laying-up of sterile instruments in the operating theatre: equal or superior protection by using a horizontal unidirectional air flow system

A.A.L. Traversari*, C.A. Goedhart, E. Dusseldorp, A. Bode, F. Keuning, M.S.J. Pelk, M.C. Vos
*TNO Dutch Centre for Health Assets, Soesterberg, The Netherlands

Journal of Hospital Infection (2013) 85, 125-133


背景
手術室での滅菌器具の準備にあたって、一方向水平気流を用いたシステムは一方向下降気流システムと比較していくつかの利点がある。その利点として、システムの設置に関する柔軟性と簡便性や、気流の冷却が不要かつ循環空気量が少ないためエネルギーが節減できることなどが挙げられる。

目的
本研究の目的は、手術室での器具の配置プロセスにおける空気汚染(粒子および微生物が存在する状態)からの保護性能について、一方向水平気流システムは一方向下降気流システムと比較して同等性または優越性を示すかどうかを評価することである。

方法
2 種類の一方向水平気流システムと 2 種類の一方向下降気流システムの汚染保護性能を、手術室内の複数の静的レイアウトおよび配置プロセスの動作シミュレーション条件下で評価した。粒子サイズごとに汚染保護性能を評価し、さらにプロセスのシミュレーション時のコロニー形成単位(CFU)を測定した。

結果
最大レベルの汚染保護(粒子が全く存在しない状態)の達成に関しては、粒子径 2.5 μm 以上の場合は一方向水平気流システムのほうが一方向下降気流システムよりも有意に性能が良好であった。粒子が存在した場合の比較では、粒子径 0.3 μm 以上および 0.5 μm 以上の場合はシステム間に有意差はなかったが、典型的な細菌運搬粒子である 1.0 μm 以上の粒子での一方向水平気流システムの性能は、一方向下降気流システムよりも優れていた。プロセスの測定中にコロニー形成が認められない割合は、一方向下降気流システムの 64%に対して、一方向水平気流システムでは 90%であった(P = 0.012)。

結論
器具を配置する清浄域の汚染保護性能については、一方向水平気流システムは一方向下降気流システムと比較して同等性または優越性を示した。今回の結果は、常に統計学的有意差に到達するわけではなかったが(バックグラウンド濃度が低いことによる)、小さい粒子(≧ 1.0 μm)から、評価した最大サイズの粒子まで、細菌運搬粒子を含めて、水平気流システムの優越性を示す明確な傾向が認められた。正しい作業指示書が用意され、台の高さとプレナムの高さが適切に調整された場合には、一方向水平気流システムは一方向下降気流システムよりも強固な解決策をもたらす。

サマリー原文(英語)はこちら

悪い設計、悪い実践、悪い細菌:集中治療室におけるエリザベトキンギア・メニンゴセプティカ(Elizabethkingia meningoseptica)アウトブレイクの制御の妨げ

Bad design, bad practices, bad bugs: frustrations in controlling an outbreak of Elizabethkingia meningoseptica in intensive care units

M.N.D. Balm*, S. Salmon, R. Jureen, C. Teo, R. Mahdi, T. Seetoh, J.T.W. Teo, R.T.P. Lin, D.A. Fisher
*National University Hospital, Singapore

Journal of Hospital Infection (2013) 85, 134-140


背景
エリザベトキンギア・メニンゴセプティカ(Elizabethkingia meningoseptica)は、院内環境に適応したグラム陰性桿菌であり、集中治療で一般に使用されている抗菌薬に対する自然耐性を示す。2 つの集中治療室(ICU)で E. meningoseptica 感染症が患者 5 例に発生した際にアウトブレイク調査を開始した。

方法
臨床検査データ、症例検討、ICU のワークフロー分析、および広範囲の環境サンプリングを実施した。Repetitive element palindromic PCR 法により分子タイピングを行った。介入後の追跡研究として環境モニタリングおよび病院職員の介入遵守率を調査した。

結果
臨床検査データから、ICU 患者の E. meningoseptica 保菌・感染率は前年までとの比較で上昇していることが判明した。蛇口の 44%(79 か所中 35 か所)から E. meningoseptica が培養されたが、その他からは検出されなかった。手指洗浄用の流しが、患者の分泌物の処分と再利用可能な患者ケア用品の洗浄に使用されていた。このように誤用されていた流しの汚染率は、誤用されていなかった流しよりも高かった(オッズ比 4.38、95%信頼区間 1.68 ~ 11.39、P = 0.004)。分子タイピングにより、患者の分離菌株のパターンは、手指洗浄用蛇口からのいくつかの分離菌株と同一であることが示された。これらの実践を修正するために緊急の教育プログラムを開始した。蛇口の徹底的な洗浄とエアレーターの交換を行った。症例数は一時的に減少した。環境の追跡的スクリーニングにより蛇口への細菌の再定着が確認され、2 か月後には症例が再発生した。調査により、看護職員の 77.3%(213 名中 163 名)は依然として流しを誤用していることが判明し、その理由は時間的制約や介入の遵守に関連するその他の問題であった。

結論
認められていない実践が、病室の設計が不適切であるために行われることによって、予期できない影響が ICU の患者にもたらされることがある。作業手順の過失は意図せずに患者を危険にさらす恐れがあるため、病室の設計および病院職員のワークフローを患者の安全のために最適なものとする必要がある。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
感染対策を考えるときに、構造を変える、システム(仕組み)を変える、運用を変える、という 3 つの方法がある。この論文では、ICU ユニット内の手洗い流しが汚物の廃棄や汚染器具の洗浄に使用されていた。本来、構造や、あるいは器具洗浄の仕組みを見直すべきところを運用で対応しようとした結果、教育を行っても 8 割近くの職員が遵守できなかった、という内容である。ここには、感染対策担当者は、感染対策上の問題を解決するためには「構造・仕組み・運用」を意識した介入が必要であるという学びがある。

インフラに課題があるシンガポールの 3 次急性期病院における高度地域的流行中のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)の持続的制御★★

Sustained meticillin-resistant Staphylococcus aureus control in a hyper-endemic tertiary acute care hospital with infrastructure challenges in Singapore

D. Fisher*, P.A. Tambyah, R.T.P. Lin, R. Jureen, A.R. Cook, A. Lim, B. Ong, M. Balm, T.M. Ng, L.Y. Hsu
*National University Health System, Singapore

Journal of Hospital Infection (2013) 85, 141-148


背景
1980 年代以降、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)はシンガポールの病院に定着しており、995 床の当大学病院の感染症症例数は、重複なしで毎年 600 例を超える(菌血症エピソードは 120 件)。当院の病床の約 5%は隔離設備として使用されている。

目的
導入区域を徐々に病棟全体に拡大していった MRSA 制御バンドルの効果を調査すること。

方法
バンドルの内容は、病棟単位での MRSA 獲得を特定するための入院時、病棟からの転送時、および退院時の積極的サーベイランス、MRSA 感染患者の隔離およびコホーティング、手指衛生強化の取り組み、MRSA 獲得および手指衛生遵守率の公表フィードバックなどであった。バンドルの導入には 2006 年 10 月から 2010 年 6 月の期間をかけ、インフラ性能の漸次的改善のためのリードタイムを設けるとともに、感染予防に関する職員の意識改革を図った。分割時系列分析により、結果の解析を行った。

結果
MRSA 感染症はバンドル導入期間の中途から減少し、MRSA 菌血症は 2004 年第 1 四半期の 1,000 入院患者日あたり 0.26 件(95%信頼区間[CI]0.18 ~ 0.34)から 2012 年第 1 四半期の 1,000 入院患者日あたり 0.11 件(95%CI 0.07 ~ 0.19)に減少した。MRSA 獲得率はプログラム完全導入の 1 年後まで低下し、一方、手指衛生遵守率は 2009 年第 1 四半期の 47%(95%CI 44% ~ 49%)から 2012 年第 1 四半期の 69%(95%CI 68% ~ 71%)に有意に上昇した。

結論
MRSA バンドルの段階的導入は高度地域的流行中の施設で成功し、持続可能であり、同様の環境への適用が可能なモデルの 1 つと考えられた。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
2006 年に数か所で開始した MRSA バンドルを、約 4 年かけて全病院に拡大し、その評価を行った論文である。MRSA バンドルおよび評価指標について大変詳しく記載されており、筆者らが結論で記載しているように、対策のモデルとなる。感染対策に近道やウルトラ C はなく、粛々とかつ確実にバンドルを実行し、丁寧に評価を行うのが王道であると教えてくれる論文である。一読をお勧めする。

入院患者における無症状の毒素産生性クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)保菌

Asymptomatic carriage of toxigenic Clostridium difficile by hospitalized patients

D.M. Guerrero*, J.C. Becker, E.C. Eckstein, S. Kundrapu, A. Deshpande, A.K. Sethi, C.J. Donskey
*Case Western Reserve University, OH, USA

Journal of Hospital Infection (2013) 85, 155-158


無症状のクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)保菌は病院内で多く認められるが、保菌者からの伝播リスクについては不明である。無症状の入院患者を対象とした今回の点有病率培養調査の結果、149 例中 18 例(12%)が毒素産生性 C. difficile 保菌者であった。無症状の保菌者では、C. difficile 感染患者と比較して皮膚および/または環境汚染率が有意に低かった(18 例中 3 例[17%]対 6 例中 5 例[83%]、P = 0.007)が、保菌者数は C. difficile 感染患者よりも 3 倍多かった。これらのデータから、無症状の保菌者は病院内の C. difficile 伝播に寄与している可能性が示唆される。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
感染患者の 3 倍の保菌患者が存在し、少なからず環境汚染に関与している、という論文である。疑ったら C. difficile 感染患者として感染対策を実行する。ノロウイルス感染症も同様であろう。肝に銘じておきたい。

新生児のリステリア症の院内伝播の可能性

Probable nosocomial transmission of listeriosis in neonates

C. Lazarus*, A. Leclercq, M. Lecuit, V. Vaillant, B. Coignard, H. Blanchard, I. Novakova, P. Astagneau
*Centre de Coordination de la lutte contre l’infection nosocomiale, France

Journal of Hospital Infection (2013) 85, 159-160


フランスの同一の病院で連続して出生した 2 例の新生児からリステリア・モノサイトゲネス(Listeria monocytogenes)が分離された。両分離株はパルスフィールド・ゲル電気泳動(PFGE)プロファイルでは区別不能であった。後向きの疫学調査からは、食物媒介性および環境感染源のエビデンスは認められなかった。感染制御プロトコールおよび汚染除去処理については標準的な推奨事項に従っていた。同一の産科病棟内でこれらの感染が発生したタイミングおよび PFGE プロファイルの類似性から、この 2 例の新生児間で L. monocytogenes の交差感染が生じたことが示唆される。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
新生児リステリア症のほとんどは母胎からの感染であるが、本論文は新生児におけるリステリア症の院内伝播が否定できなかった事例の報告である。日本においても輸入チーズや輸入生ハムによる食中毒報告事例があるが、新生児での院内感染事例はこれまでに報告がなく、貴重な情報である。

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.