JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

手術中の高濃度吸入酸素が手術部位感染に及ぼす影響:ランダム化対照試験のメタアナリシス

Effect of intra-operative high inspired oxygen fraction on surgical site infection: a meta-analysis of randomized controlled trials

W. Yang*, Y. Liu, Y. Zhanga, Q-H. Zhao, S-F. He
*Second Affiliated Hospital of Anhui Medical University, China

Journal of Hospital Infection (2016) 93, 329-338


背景
手術部位感染(SSI)は著しく高い死亡率および罹患率の原因となる。手術を受けた患者への高濃度吸入酸素(FiO2)の投与は潜在的な予防戦略となる可能性がある。

目的
手術を受けた患者において、高 FiO2 と通常 FiO2 とを比較したランダム化対照試験のメタアナリシスを実施し、高 FiO2 が SSI の発症に及ぼす影響を推定すること。

方法
全身麻酔下で手術を受け、SSI が認められた成人を対象に高 FiO2 と通常の FiO2 を比較したランダム化対照試験(2015 年 12 月まで)の包括的な検索を実施した。

結果
本研究は、ランダム化対照試験 17 試験の患者 8,093 例を対象とした。感染率は、対照群で 13.11%、高酸素群で 11.53%であり、全リスク比は 0.893 であった(95%信頼区間[CI]0.794 ~ 1.003、P = 0.057)。また、国、SSI の定義、手術の種類で層別化したサブグループ解析でも、同様の結果が得られた。しかし、高FiO2 は結腸直腸手術を受けた患者に大きな利益をもたらし、リスク比は 0.735 であった(95%CI 0.573 ~ 0.944、P = 0.016)。

結論
手術、とくに結腸直腸手術を受けた患者への高 FiO2 の投与が SSI リスクを低減することを示唆するエビデンスは中程度である。介入へのより良好な遵守を伴うさらなる研究は、今回のメタアナリシスの結果に影響を及ぼす可能性がある。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
高濃度吸入酸素を利用した手術において SSI のリスクが変わる。しかも術式によってそのリスク比が異なることは驚きである。さらなる検証が必要だろう。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.