JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

英国の教育病院における中東呼吸器症候群疑い患者の管理のリソースへの影響

Resource impact of managing suspected Middle East respiratory syndrome patients in a UK teaching hospital

J. Veater*, N. Wong, I. Stephenson, H. Kirk-Granger, L.F. Baxter, R. Cannon, S. Wilson, S. Atabani, A. Sahota*, D. Bel*, M. Wiselka, J.W. Tang
*University Hospitals Leicester NHS Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2017) 95, 280-285


メッカ巡礼からの帰国者のケースシリーズ研究および費用分析レビューでも示されたように、中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)感染の可能性を有する英国への帰国者の入院患者の管理には、特に臨床像がインフルエンザと重複するという点で、臨床的な課題が存在する。これらの患者は、急性熱性呼吸器疾患により入院し、当初は MERS-CoV 感染の疑いとして管理されたが、最終的にインフルエンザと診断された。追加的な費用は少額であったが、感染予防策の強化により、隔離室およびスタッフの時間に重大な負担が生じた。メッカ巡礼のような予測可能なイベントを考慮することは、リソース管理のために重要である。本研究では、院内 MERS-CoV 診断検査が可能であれば、より早期の診断および退院が容易になったであろう。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
MERS-CoV 感染やエボラウイルス感染が疑われる場合に、例えばインフルエンザやマラリアなどが診断された場合でも、「では MERS-CoV やエボラウイルス感染が重複感染していないと言えるのか」という問題が残る。確かに院内で MERS-CoV やエボラウイルス感染に関する検査ができれば、より早期に不要な感染対策は中止できるとも考えられるが、ではどのタイミングで、何回陰性なら本当に感染対策を中止できるのか、どのくらい症例数があれば費用対効果が見合うのか、どのような病原体の検査ができればいいのか、など実際に運用するには色々と検討が必要ではないだろうか。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.