JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

菌血症のコホートにおいて尿道留置カテーテルの存在は重症敗血症を予測するか?

Does the presence of a urinary catheter predict severe sepsis in a bacteraemic cohort?

M. Melzer*, C. Welch
*Royal London Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2017) 95, 376-382


背景
敗血症は死亡の主要な原因の 1 つであり、英国では毎年 37,000 例が死亡すると推定される。本研究の目的は、菌血症のコホートで、重症敗血症を予測しうる宿主要因を明らかにすることであった。

方法
2012 年 12月から 2013 年 11 月までの間に、ロンドンの教育病院で、連続した菌血症患者の人口統計学的、臨床的、および微生物学的データを収集した。これらのデータは、重症敗血症患者と非重症敗血症患者の分類に使用した。多変量ロジスティック回帰を用いて、宿主要因と重症敗血症の関連を検討した。

結果
患者 500 例で 594 件の菌血症エピソードが発生した。これらの大多数は、50 歳を超える患者(594 件中 382 件、64.3%)および男性(594 件中 346 件、58.2%)で生じた。最も多く分離されたのは、大腸菌(Escherichia coli)(594 件中 207 件、34.8%)およびメチシリン感受性黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)(594 件中 57 件、9.6%)であった。ロジスティック回帰多変量解析では、感染の部位が重症敗血症と有意に関連した。カテーテル関連尿路感染症は、年齢、性別、Charlson 併存疾患指数、および感染を受けた場所で調整後も、関連が有意であった(オッズ比 3.94、95%信頼区間 1.70 ~ 9.11)。

結論
尿道留置カテーテルは重症敗血症のリスクを増加させる。これらのカテーテルは臨床的に適応となる場合に限り使用すべきである。カテーテルを挿入した場合はケアバンドルによるアプローチをとるべきであり、長期型カテーテルが必要な場合を除き、抜去予定日を記録すべきである。敗血症との関連において、尿道留置カテーテルが存在する場合は「Sepsis Six」を速やかに実践し、集中治療室への移送を考慮すべきである。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
英国ロンドンの教育病院で 1 年間に発生した敗血症事例の解析である。敗血症の 35%から大腸菌が検出されており、尿道留置カテーテルが重症敗血症のリスクであることを明確にした論文である。考察に出てくる「Sepsis Six」は、敗血症と診断したら 1 時間以内に実施する 6 項目からなる生命予後改善のためのバンドルである。

参考:「Improving outcomes for patients with sepsis」NHS England
|

-->

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.