JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

市中発症型医療関連血流感染症に特有の特徴:日本における血流感染症の多施設共同前向きサーベイランス研究★★

Unique characteristics of community-onset healthcare-associated bloodstream infections: a multi-centre prospective surveillance study of bloodstream infections in Japan

N. Takeshita*, I. Kawamura, H. Kurai, H. Araoka, A. Yoneyama, T. Fujita, Y. Ainoda, R. Hase, N. Hosokawa, H. Shimanuki, N. Sekiya, N. Ohmagari
*National Centre for Global Health and Medicine, Japan

Journal of Hospital Infection (2017) 96, 29-34


背景
血流感染症(BSI)の分析は、その診断、治療および予防にとって重要である。しかし、日本で利用可能なデータは限られている。

目的
日本における菌血症患者の特徴を検討すること。

方法
本研究は、2012 年 10 月から 2013 年 9 月にかけて日本の病院 5 施設で実施した。血液培養陽性の全症例について、臨床、人口統計学的、微生物学的、および転帰データを分析した。

結果
合計で BSI 症例 3,206 例を分析した。このうち、551 例が市中発症型医療関連 BSI、1,891 例が病院獲得型 BSI、764 例が市中獲得型 BSIであった。7 日および 30 日死亡率は、市中発症型医療関連 BSI および病院獲得型 BSI の患者のほうが市中獲得型 BSI の患者より高かった。7 日死亡率のオッズ比(OR)は、市中発症型医療関連 BSI および病院獲得型 BSI でそれぞれ 2.56(95%信頼区間[CI]1.48 ~ 4.41)および 2.63(95%CI 1.64 ~ 4.19)であった。30 日死亡率の OR は、市中発症型医療関連 BSI および病院獲得型 BSI でそれぞれ 2.41(95%CI 1.63 ~ 3.57)および 3.31(95%CI 2.39 ~ 4.59)であった。中心ライン関連 BSI が 499 例(15.2%)、末梢ライン関連 BSI が 163 例(5.0%)であった。主要な病原体には、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(staphylococci)(N =736、23.0%)、大腸菌(Escherichia coli)(N = 581、18.1%)、黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)(N = 294、9.2%)および肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)(N = 263、8.2%)が含まれた。大腸菌による 30 日死亡率は、病院獲得 BSI 患者(22.3%)のほうが市中発症型医療関連 BSI(12.3%)および市中獲得型 BSI(3.4%)の患者より高かった。肺炎桿菌による 30 日死亡率は、病院獲得型 BSI(22.0%)および市中発症型医療関連 BSI(22.7%)の患者のほうが市中獲得型 BSI(7.8%)患者より高かった。

結論
市中発症型医療関連 BSI および病院獲得型 BSI による死亡率は、市中獲得型 BSI より高かった。大腸菌および肺炎桿菌に関連した BSI の予後は、菌血症の種類によって異なっていた。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
国内 5 施設の血液培養陽性例を日本の感染症医が解析した論文である。市中発症型医療関連血流感染(入院後 48 時間未満)、病院獲得型血流感染(入院後 48 時間以降)、市中獲得型血流感染(入院 48 時間未満、医療関連リスク要因なし)の 3 群に分け、その特徴を解析している。特に起炎菌の差に関する解析が興味深かった。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.