JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)の乾燥表面バイオフィルムは従来の水和バイオフィルムよりも加熱処理に耐性がある

Staphylococcus aureus dry-surface biofilms are more resistant to heat treatment than traditional hydrated biofilms

A. Almatroudi*, S. Tahir, H. Hu, D. Chowdhury, I.B. Gosbell, S.O. Jensen, G.S. Whiteley, A.K. Deva, T. Glasbey, K. Vickery
*Macquarie University, Australia

Journal of Hospital Infection (2018) 98, 161-167


背景
診療におけるバイオフィルムの重要性に対する認識はますます高まっている。バイオフィルムの抗菌薬耐性は詳しく報告されているが、バイオフィルムに対する加熱消毒および滅菌の有効性に関する研究は限られていた。

目的
浮遊状の水和バイオフィルムおよび乾燥表面バイオフィルムの形態をした黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)の乾式加熱処理および湿式加熱処理に対する感受性を検討すること。

方法
黄色ブドウ球菌を CDC のバイオフィルム形成装置で水和バイオフィルムおよび乾燥表面バイオフィルムの両方として培養した。バイオフィルムを高温熱風オーブン、水槽、またはオートクレーブで様々な温度に曝露させた。

結果
乾燥表面バイオフィルムは、100°Cで 60 分間の最も苛酷な乾式加熱条件で処理しても培養陽性であった。オートクレーブ後のサンプルは培養陰性であったが、乾燥表面バイオフィルムの 62 ~ 74%が生細胞/死細胞同時染色および共焦点顕微鏡により引き続き生存が示された。乾燥表面バイオフィルムは 121°Cで最長 30 分間のオートクレーブ処理を受けた後も回収され、浮遊細胞を放出した。30 分を超えて、または 134°Cでオートクレーブ処理をすると、少なくともこの試験期間中には回収されなかった。水和バイオフィルムは、最高 100°Cで 10 分間の乾式加熱後も回収されたが、オートクレーブ処理後は生細胞/死細胞同時染色で 43 ~ 60%の生細胞が認められたにもかかわらず、回収されなかった。

結論
黄色ブドウ球菌の乾燥表面バイオフィルムは、水和バイオフィルムに比べ、乾式加熱および蒸気オートクレーブ処理による殺菌への感受性が低い。一方、水和バイオフィルムは、浮遊細菌の懸濁液と比較して加熱処理に対する感受性が低い。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
黄色ブドウ球菌感染症においては抗菌薬の透過性を低下させるバイオフィルムの制御が時に重要となる。本研究では乾燥した表面における黄色ブドウ球菌のバイオフィルムが乾熱滅菌やオートクレーブに対して抵抗性を示すことを証明したものである。本論文では消毒や滅菌の前に、徹底的な洗浄を行い有機物を除去することが重要であると結論づけている。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.