JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

コリスチン耐性の急速な出現と医療関連感染症の死亡に対する影響

Rapid emergence of colistin resistance and its impact on fatality among healthcare-associated infections

M. Aydın*, Ö Ergönül, A. Azap, H. Bilgin, G. Aydın, S.A. Çavuş, Y.Z. Demiroğlu, H.E. Alışkan, O. Memikoğlu, Ş. Menekşe, Ş. Kaya, N.A. Demir, I. Karaoğlan, S. Başaran, Ç. Hatipoğlu, Ş. Erdinç, E. Yılmaz, A. Tümtürk, Y. Tezer, H. Demirkaya, Ş.E. Çakar, Ş. Keske, S. Tekin, C. Yardımcı, Ç. Karakoç, P. Ergen, Ö. Azap, L. Mülazımoğlu, O. Ural, F. Can, H. Akalın, Turkish Society of Clinical Microbiology and Infectious Diseases, Healthcare-related Infections Study Group, Turkey
*Başkent University, Turkey

Journal of Hospital Infection (2018) 98, 260-263


本稿では、2014 年から 2015 年に発生した医療関連グラム陰性菌血流感染症 1,556 症例の耐性出現と死亡の予測因子について報告する。肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)のコリスチン耐性率は、2013 年では 6%であったのに対し、本研究では 16.1%であった。計 660 症例(42.4%)が死亡に至った。死亡率は、アシネトバクター・バウマニー(Acinetobacter baumannii)(58%)菌血症の患者で最も高く、続いて、緑濃菌(Pseudomonas aeruginosa)(45%)、肺炎桿菌(41%)、エンテロバクター・クロアカエ(Enterobacter cloacae)(32%)、大腸菌(Escherichia coli)(28%)菌血症の患者で高かった。多変量解析により、カルバペネム[オッズ比(OR)1.02、95%信頼区間(CI)1.01 ~ 1.04、P = 0.002]およびコリスチン(OR 1.1、95%CI 1.03 ~ 1.17、P = 0.001)の最小発育阻止濃度は、死亡と有意に関連していることが示された。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
本論文中に示されているアシネトバクターや肺炎桿菌の抗菌薬感受性の低さの背景、特に抗菌薬の使用状況が大変気になった。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.