JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

イタリアの 1 大学病院におけるカルバペネム耐性肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)の院内伝播:分子疫学的研究

Nosocomial transmission of carbapenem-resistant Klebsiella pneumoniae in an Italian university hospital: a molecular epidemiological study

G. Sotgiu*, B.M. Are, L. Pesapane, A. Palmieri, N. Muresu, A. Cossu, M. Dettori, A. Azara, I.I. Mura, C. Cocuzza, S. Aliberti, A. Piana
*University of Sassari, Italy

Journal of Hospital Infection (2018) 99, 413-418


目的
疫学的傾向を評価するために、イタリアの 1 大学病院で侵襲性感染症患者から分離され肺炎桿菌カルバペネマーゼ(KPC)産生肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)株の表現型および遺伝子型プロファイルを記述すること。

方法
侵襲性菌血症患者を対象に KPC 産生肺炎桿菌株を検出するために、イタリアの University Hospital of Sassari において前向き観察研究を実施した。分離株は表現型により同定した。カルバペネマーゼ産生について、表現型タイピングおよび遺伝子型タイピングを用いて評価した。blaKPC遺伝子の配列決定、パルスフィールド・ゲル電気泳動(PFGE)および複数部位塩基配列タイピング(MLST)を実施した。

結果
2015 年から 2017 年の期間中に、肺炎桿菌による侵襲性感染症 46 症例が記録された。患者の 3 分の 2(67.4%)は男性で、平均年齢は 69.4 歳であった。ほとんどの患者は、少なくとも 1 つの合併症を有し(56.5%)、および/または以前に入院したことがあり(70.5%)、81.8%が現在または最近に医療機器を使用しており、85.4%が最近、抗菌薬曝露を受けていた。死亡率は 52.3%であった。多剤耐性パターン(カルバペネム、フルオロキノロン、第 3 世代/第 4 世代セファロスポリンを含む)が、すべての肺炎桿菌分離株にで示された。KPC-3 および KPC-2 はすべての株で産生が認められた。最も多くみられた配列型は、512(91.3%)および 101(8.7%)であり、3 つのクラスター(A、A1 および B)に分類された。

結論
イタリアの 1 大学病院において、侵襲性感染症患者における KPC 産生肺炎桿菌の検出率は、2015 年以前に算出された検出率よりも高かった。本研究により、イタリアの他の研究による報告と同様、カルバペネマーゼ変異型のうち KPC-3 の重要性が確認された。高い死亡率および合併症率は、KPC 産生肺炎桿菌感染症と関連しているようである。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.