JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

インフルエンザ罹患率が高いシーズン中における救急部への cobas Liat ポイント・オブ・ケア検査の導入:実臨床への導入後の後向き評価

Implementation of the cobas Liat influenza point-of-care test into an emergency department during a high-incidence season: a retrospective evaluation following real-world implementation

J. Youngs* , Y. Iqbal, S. Glass, P. Riley, C. Pope, T. Planche, D. Carrington
* St George’s University Hospitals NHS Foundation Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2019) 101, 285-288


インフルエンザ A 型/B 型ウイルスおよび RS ウイルス検出用の cobas Liat influenza A/B & RSV アッセイ(Liat)を、2018 年 1 月21 日から 2018 年 4 月 14日にわたり、ロンドンの大規模病院の成人救急部で使用した。検査した検体 1,027 個中 308 個(30%)でインフルエンザウイルスが検出された。インフルエンザ A 型ウイルスは 157 個(15.3%)で、インフルエンザ B 型ウイルスは 149 個(14.5%)で検出され、RS ウイルスは 28 個(2.7%)で検出された。Fast Track Diagnostics Respiratory Pathogens 21 マルチプレックス PCR および Cepheid Xpert Xpress Flu/RSV アッセイと比較した場合、Liat のインフルエンザ A 型または B 型ウイルスの検出性能は、感度 85%(95%信頼区間[CI]76 ~ 92)、特異度 98%(95%CI 97 ~ 99)、陰性的中率 94%(95%CI 92 ~ 96)および陽性的中率 95%(95%CI 91 ~ 97)であった。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
小型遺伝子検査機器用試薬の cobas Liat influenza A/B & RSV アッセイ(Liat)の感度・特異度等を他社製品と比較検討した論文である。欧米では日本よりマルチプレックス PCR 等の多項目遺伝子検査機器試薬が普及している。こうした迅速診断機器試薬の我が国での普及が望まれる。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.