JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

レバノン初の抗菌薬啓発週間キャンペーン:抗菌薬に対する知識、態度、実践

First Lebanese Antibiotic Awareness Week campaign: knowledge, attitudes and practices towards antibiotics

S. Al Omari*, H. Al Mir, S. Wrayde, S. Merhabi, I. Dhaybi, S. Jamal, M. Chahine, R. Bayaa, F. Tourba, H. Tantawi, A. Al Atrouni, K. El Omari, O. Ayash, N.S. Zeidan, H. Mallat, F. Dabboussi, M. Hamze, M. Osman
*Faculté de Santé Publique, Université Libanaise, Lebanon

Journal of Hospital Infection (2019) 101, 475-479


抗菌薬耐性は、治療失敗のリスクと医療費を増大させる、地球規模の保健衛生(グローバルヘルス)上の重大な脅威といえる。抗菌薬耐性が拡がる要因として最も多いものの一つは、セルフメディケーションである。一般市民、そして臨床医学・獣医学の医療従事者が、適切な抗菌薬の使用に反する誤った慣行を行ってしまうことが、耐性の拡散を促している。このため、レバノン初の抗菌薬啓発週間キャンペーンが、人を中心としたインタラクティブな手法を用いて開始された。得られたデータからは、抗菌薬への認識が極めて低いレベルにあることが判明した。抗菌薬耐性の問題をコントロールし、克服するには、関連する利害関係者、政策立案者、医療における当事者の連携が極めて重要である。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
抗菌薬耐性(AMR)対策の推進にあたり、どの集団にどのようなアプローチで行っていくかは様々であり、数多くの施行例とその成果が報告されている。本検討ではセルフメディケーションが行きわたっているレバノンにおいて、母親や大学生を主対象とし、レクチャー、インタビュー、ポスター、フェイスブック等を組み合わせた啓発、教育活動を行った。一般市民の認識を具体的に把握することは、AMR 対策の基本をなすといえるが、その手法、および得られた情報についての解析、ならびに対策の立案と実行は、AMR 対策が推進されていく過程においても、見直しやフィードバックがなされるものであろう。レバノンでの AMR 対策について、今後の推移が注目される。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.