JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

スペインにおける 2001 年から 2015 年のクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)関連の入院および院内死亡の危険因子

Clostridium difficile-related hospitalizations and risk factors for in-hospital mortality in Spain between 2001 and 2015

M.D. Esteban-Vasallo*, J. de Miguel-Díez, A. López-de-Andrés, V. Hernández-Barrera, R. Jiménez-García
*Madrid Regional Health Authority, Spain

Journal of Hospital Infection (2019) 102, 148-156


目的
2001 年から 2015 年のクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染症(CDI)による入院の発生率・特徴・院内アウトカムの傾向を調査すること、CDI の診断順位(1 次診断または 2 次診断)に基づき患者間で臨床変数を比較すること、および院内死亡率と関連する因子を特定することである。

方法
2001 年から 2015 年の Spanish National Hospital Discharge Database を用いて、後向き研究を実施した。研究集団は、退院報告において CDI の 1 次診断または 2 次診断を受けた患者とした。年間の入院率を算出し、Poisson 回帰モデルおよび Jointpoint 分析により傾向を評価した。院内死亡率と関連する変数を特定するために、多変量ロジスティック回帰モデルを用いた。

結果
全体で、49,347 件の退院が確認された(女性 52.31%、CDI の 1 次診断 33.69%)。入院率は、2001 年から 2003 年には住民 100,000 人あたり 3.9 例であったのが、2013 年から2015 年には住民 100,000 人あたり 12.97 例に増加した。CDI の重症度の高い患者は 6.36%から 11.19%に増加、患者 1 例あたりの平均費用は 3750.11 ユーロから 4340.91 ユーロに増加した一方で、院内死亡率は 12.66%から 10.66%に低下した。年齢、Charlson 併存疾患指数、重症度、入院期間、平均費用は、CDI の 1 次診断を受けた患者のほうが有意に高値を示した。CDI の診断順位にかかわりなく、院内死亡率は、男性、高齢、併存疾患、再入院、CDI の重症度と関連した。CDI の 1 次診断は、院内死亡率が低いことと関連した(オッズ比 0.60、95%信頼区間 0.56 ~ 0.65)。

結論
CDI 関連の入院率は増加傾向にあり、高額の費用負担につながっているが、院内死亡率は近年、低下している。CDI の予防と管理を図る対策において、院内死亡率と関連する因子について考慮すべきである。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
スペインの National Hospital Discharge Database を用いた CDI のリスク分析の論文である。著者らもリミテーションとしてあげているが、15 年の間に病名コードの変更だけでなく、診断法、検査法の変化もあり、結果をそのまま受け取るのは難しいと思われた。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.