JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

手術部位感染症サーベイランスネットワークへの参加の影響:大規模国際コホート研究の結果

Impact of participation in a surgical site infection surveillance network: results from a large international cohort study

M. Abbas*, M.E.A. de Kraker, E. Aghayev, P. Astagneau, M. Aupee, M. Behnke, A. Bull, H.J. Choi, S.C. de Greeff, S. Elgohari, P. Gastmeier, W. Harrison, M.B.G. Koek, T. Lamagni, E. Limon, H.L.Løwer, O. Lyytikäinen, K. Marimuthu, J. Marquess, R. McCann, I. Prantner, E. Presterl, M. Pujol, J. Reilly, C. Roberts, L. Segagni Lusignani, D. Si, E. Szilágyi, J. Tanguy, S. Tempone, N. Troillet, L.J. Worth, D. Pittet, S. Harbarth
*The University of Geneva Hospitals and Faculty of Medicine, Switzerland

Journal of Hospital Infection (2019) 102, 267-276


背景
手術部位感染症(SSI)のサーベイランスの影響は、大規模での定量化はなされていないが、SSI サーベイランスは効果的な感染制御策における中心的要素である。

目的
サーベイランスネットワークにおいて、SSI 発生率の時間的傾向を明らかにすること。

方法
SSI サーベイランスネットワークは、参加期間を曝露とみなして、病院のサーベイランス参加年数により層別化した SSI 発生数および手術件数に関する手術別のデータを提供した。年間の率比と 95%信頼区間(CI)を得るために、統合および手術別の変量効果ポアソン回帰を適用し、サーベイランスネットワークを変量切片として含めた。

結果
要請された 36 のネットワークのうち、アジア、オーストラリア、ヨーロッパの高所得国 15 か国から 17 のネットワークが研究に参加した。17 種類の手術手技(心血管、消化器、婦人科・産科、脳神経外科、および整形外科領域)の集計データを収集し、手術件数 5,831,737 件、SSI 発生数 113,166 件に関するデータを得た。サーベイランス期間を通して、全体的な SSI 発生率の有意な低下がみられ、サーベイランス開始年と比較して 9 年後(最終)には 35%低下した(率比 0.65、95%CI 0.63 ~ 0.67)。手術別の傾向に大きな差があったが、結腸直腸手術、ヘルニア縫合、帝王切開、人工股関節置換術、人工膝関節置換術において、一貫して大幅な低下がみられた。

結論
今回の大規模国際コホート研究では、SSI サーベイランスネットワーク参加後の統合 SSI 発生率は、安定的かつ持続的な低下と関連しており、因果関係は証明されていないが、その可能性はある。手術別の傾向にばらつきがみられた。これらの結果は、感染症発生率の低減を図るうえでサーベイランスの中心的な役割を支持するとともに、高所得国における病院を拠点とした SSI サーベイランスの広範な実施を求めるものである。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメントなし

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.