JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

末梢静脈カテーテル関連血流感染症を予防するための多面的教育介入の結果★★

Results of a multi-faceted educational intervention to prevent peripheral venous catheter-associated bloodstream infections

M. Garcia-Gasalla*, M. Arrizabalaga-Asenjo, C. Collado-Giner, L. Ventayol-Aguiló, A. Socias-Mir, A. Rodríguez-Rodríguez, M.-C. Pérez-Seco, A. Payeras-Cifré
*Hospital Son Llátzer, Palma de Mallorca, Spain

Journal of Hospital Infection (2019) 102, 449-453


末梢静脈カテーテル関連血流感染症は、入院の長期化、合併症および医療費増加をもたらす。スペインの大学病院 1 施設において、感染予防策が末梢静脈カテーテル関連血流感染症の発生率に及ぼす影響を評価した。2015 年に積極的サーベイランスプログラムを開始し、これにより末梢静脈カテーテル関連血流感染症の発生率比が高い(1,000 患者日あたり 0.48)ことが明らかになった。看護師、医療スタッフおよび患者を対象としたバンドルを実施し、カテーテル感染症チームを立ち上げた。この介入により、末梢静脈カテーテル関連血流感染症の発生率低下が達成され、2016 年の 0.34 から、2017 年には 0.29、2018 年には 0.17 となった。発生率の低下はグラム陰性菌による末梢静脈カテーテル関連血流感染症で最も大きかった(2015 年に 67.6%、2018 年に 35.3%)。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
末梢静脈カテーテル関連血流感染症(PVC-BSI)は、中心静脈カテーテル関連血流感染症(CVC-BSI)ほど、これまであまり注目されていなかった。本論文は PVC-BSI に注目し、サーベイランスを開始したところ、発生率が高いことが判明し、カテーテル感染症対策チームの組織と複合的対策バンドルを作成し、複合的な感染対策を実施した。バンドルは、①挿入手技前の手指衛生の遵守、②皮膚消毒をアルコール含有 2%クロルヘキシジングルコン酸塩に変更、③適切なカテーテルの選択、④消毒剤でごしごし擦ることによるポートへのアクセスと滅菌デバイスのみをポートにアクセスすること、⑤毎シフト毎に挿入部の観察を透明ドレッシング剤上から実施、⑥不要なカテは抜去し、毎日カテーテル治療の必要性を評価、であった。また 6 日以上の挿入が必要な場合は、PICC またはミッドラインカテーテルを選択した。、対策チームは、看護師 2 名、細菌検査技師 1 名、集中治療医 1名、内科医 2 名で構成され、看護師や看護助手のバンドル教育を実施し、その結果効果的に発生率を低下させることができた。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.